M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.56
  • (7)
  • (12)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 74
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840135382

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • M-1は毎年見ていてとても楽しいです。第1回から第9回までの名場面が綴られています。そんな激闘の裏側も描かれていて納得できます。序章はM-1が開催されるきっかけや裏側が描かれていて、中盤は第9回までの激闘や名場面で、後半は著者の個人的な見解が描かれています。この人は、芸能界の解説者みたいな言い方で語られていて、すごく細かいと思いました。

  • M-1の決勝は各年5回以上は観ているので、特に年表の部分は、「あのネタね」、「あの場面ね」と、スーッと入ってきた。
    M-1が開かれた背景や審査員についても細かく書かれていて、大会自体の歴史や存在意義を知ることができ、読んだ後にまたM-1を観返そうかなと思わせる内容だった。

  • 一気に読んだ
    演者側だけでなく審査員も個性的なので、それらの解説もあり楽しめた
    音楽評はたくさんあるのにお笑い評は少ない
    もっともっと増えればいい

  • なんとくなく見てきたM1を、戦国史に見立てて分析するという工夫が面白い。

  • 読みながらつい「第10回のM-1チャンピオンって誰だったかな」と考えてしまった。
    今年はまだこれからなのだよね。
    ラリーさんの分析はいつも鋭くてしかもお笑いに対する愛に溢れている。
    笑いを分析して評価するのはとても難しい作業で、私もたまにブログでM-1の感想を書いたりするけど、あるひとつのネタがどうして面白いのか、どうして面白くないのかを言葉で説明するのは非常に困難である。
    今年も来月になったらM-1の決勝戦が放送されるだろう。いったい誰が勝ち上がってくるのか大変興味がある。事前予習としては最適だと思った。

  • お笑い本なのにNumber読んでる感覚。

  • M1の分析
    笑いを分析したい人にはいいかも

  • 2010年大会を最後にして終了した漫才No.1決定戦M-1。その2000年~2009年までの戦いをお笑い評論家がおふざけではなく真面目に、そして詳細に分析している興味深い一冊。

    【図書館1階開架 779.14/RAR】

  • お笑いライター(正確にはお笑い評論家?)で私が一番名前を聞くのがこの人。
    どんな本を書くんだろうと興味を持って購入。

    M-1の歴史をわかりやすく解説した本。
    M-1を見たことのない人に向けた本なのかな、という印象を受ける。
    文章自体はさっぱりしていて読みやすい。

    しかしラリーさんのポジション美味しいな。
    どう持っていくとあそこに行けるんだろ。

  • 薄い。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おわライター/お笑い評論家。お笑いに関する取材、執筆、イベント主催、マスメディア出演など、多岐にわたって活動。現在、お笑いムック『コメ旬』(キネマ旬報社)の編集長を務める。

「2013年 『バカだと思われないための文章術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)のその他の作品

ラリー遠田の作品

ツイートする