変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)

著者 :
制作 : カントク 
  • メディアファクトリー
3.88
  • (51)
  • (87)
  • (57)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 706
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840138000

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんで表紙が小豆梓なのにほとんど出てこないんだ?というか小豆が一番かわいいだろうが。小豆ちゃんマジ不憫。

    それにしても地の文が下手だなあ。なんだか若干ミステリ風味も醸し出そうとしてるけど全然なってない。ほんとダメ。

  • 表紙詐欺やでこれェ・・・
    でもちゃんと小豆さんの出番もちょいちょいあって、最後のあの引きだったからやはりこの表紙でおkだったのかな?
    感想としては絵が素晴らしかったですまる

  • 面白かった!

    SF(すこしふしぎ)な話でござる.

    笑わない猫像の呪い?で羞恥心をなくした変態王子,横寺君と

    感情を無くした筒隠月子ちゃんの物語.


    夏休みも終盤になったある日,横寺家が消滅していた.


    「それなら先輩。わたしの家に泊まるですか」

    というわけで筒隠家にお泊りでございますよ.

    月子ちゃんとその姉である「鋼鉄の王」つくし.

    3人で一つ屋根の下でキャッキャウフフなイベントの数々.

    風呂場の裸.

    縛られる布団.

    落ちる手錠.

    破られる衣服.

    そして….

    面白かったよ.

  • 月子ちゃんマジ天使。イラストとの相乗効果で(これはどのキャラもだが)さらにいい。

  • キャラクターがそれぞれ魅力的。次巻は小豆梓の活躍に期待してます。

  • いやぁ、ぶっ飛んでるネェ、主人公(笑)

  • まずカントクさんの挿絵&ラフギャラリーは一見の価値あり。 あと梓が不憫すぎる。

    意外にも“家族もの”になっていて驚きでした。
    2巻は筒隠姉妹のターン、3巻は梓のターンでしょうか。
    『小豆梓の逆襲』を楽しみにしてます。



    ところで、登場人物のイニシャルの事ですが。
    横寺陽人の(Y・Y) 筒隠月子の(T・T) 筒隠つくしが同じく(T・T) 小豆梓の(A・A)……と、苗字名前ともにイニシャルが同じなのは何か意味があるんだろうね、きっと。

  • 一巻のできが良すぎてハードルが高くなっていたので少し不安だったのですが、楽しみに待っていたかいがあったというものです。
    そしてぺちゃぱいが可愛かったです。
    ストーリー的にも頭の中を空っぽにして読み切れるテンポの良さです。
    そしてぺちゃぱいが可愛かったです。
    キャラも変態王子、笑わない猫、新しくなった鋼鉄の王、新しくなった偽お嬢様の4人がしっかり描かれていて読んでいて楽しかったです。
    そしてぺちゃぱいが可愛かったです。

    次巻の副題が「小豆梓の逆襲」(予定)なので今からワクワクしてます。
    この巻のラストにカントクさんの未公開ラフギャラリーがあり、やっぱりぺちゃぱいが可愛かったです。

  • メモ
     台風。カントクさんのイラストにひかれて。筒隠つくし、月子姉妹がいい!
    ボケ倒しの主人公が僕的にはちょっと・・・。

  • こう来たか、と驚いた。もっと月子の笑わない所を掘り下げて重い話にしていくのかと思いきや、結構軽い話のシリーズになっていくみたいで個人的に意外。
    もっと色々感想はあったんだけど、後書きで全てを吹っ飛ばされた。後書きが面白い作家さんは好きです。ヘンティカンヘンタイ!

    鋼鉄さんもいいけど安定してぺちゃぱいが愛しい。

全49件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。東京都在住。
2010年、『変態王子と笑わない猫。』で、第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞を受賞し、デビュー。
趣味は将棋。

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)のその他の作品

さがら総の作品

ツイートする