ブタのみどころ

著者 :
  • メディアファクトリー
3.79
  • (5)
  • (24)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840138840

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブッタとシッタカブッタシリーズの可愛いイラストと奥深い内容が気に入っているので、新しい(今まで見たことがなかった)作品を見つけて購入。家にある作品は仏教思想を基に描かれているけど、本作はさらにその根本にあるものの考察をしている感じ。でも、内容的には仏教思想のときほど感心・感嘆するものでもないかな…それでも、イラストが可愛いし、癒し(濫用されると低俗になりがちな言葉なので、こういう言葉を使うのはあまり好きではないが…)になると思う。

    • あきおさん
      「内容的には仏教思想のときほど感心・感嘆するものでもないかな」という感想には同意します。まあ、そもそもそれほど深刻に取り組むような本であるこ...
      「内容的には仏教思想のときほど感心・感嘆するものでもないかな」という感想には同意します。まあ、そもそもそれほど深刻に取り組むような本であることを著者は意図してないシリーズなんだろうということですかね??
      2011/05/08
  • ブッタの教えをマンガのブタがユーモアをもって紹介している本。
    今回は、心の見方がテーマ

  • 昨年、研修の講師から薦められたことがきっかけで読んだ。好きだなー

  • ブタのシリーズは数年ぶりに読んだが、読みやすいし、最後の結論をにおわせて余白で終わるところがなんとも言えず好きだ。

  • このシリーズほんわかする

  • ブッタとシッタカブッタ姉妹編シリーズ。今回は生物の進化ということに着目して、心の働き、悩みの根源や宗教の誕生を、いつものブタたちを使って簡潔かつ楽しく描いている。
    池田さんも書いていたが、結局問いを重ねていけば、行き着くのは必ずと言っていいほど同じ問いだ。それは考えることを避けられない。それを考えないで悩んでいるから行き詰まる。
    考えれば気付くことができる。自分で気付けば理解できる。理解は他人から与えられるものではない。

  • このシリーズで初めて読んだからか切り口がわからなくてとっつきにくかった。調べたらコレが完結編?らしい。始めから読んだらまた違う感想になるのかも。

  • ■2012.01 図書館⇒読了!
    「ブタの○ところ」シリーズ完結
    2011.04発行

    『ブタのいどころ』に比べると
    なんだか内容が壮大過ぎて
    読み始めは取っ付きにくかったけれど
    読み進めていくと
    だんだん心が軽くなっていった
    読み終えてみるとなかなか面白かった☆


    ●メモ
    神が人智を超えているのなら、心なんて持ってないかもしれない
    今日も命あれば、そのまんまを生きていこう。



    1:ブッタとシッタカブッタ1 こたえはボクにある
    2:ブッタとシッタカブッタ2 そのまんまでいいよ
    3:ブッタとシッタカブッタ3 なぁんでもないよ
    4:愛のシッタカブッタ あけると気持ちがラクになる本
    5:ブタのいどころ
    6:ブタのふところ
    7:ブとタのあいだ
    8:ブタのみどころ“○どころ"シリーズ完結編 ●

  • 前半は地球とか壮大だった。
    今に集中して生きる。

  • 「ブッタとシッタカブッタ」シリーズの姉妹編「○どころ」シリーズ最終巻(長)。
    最終巻にふさわしく、今までと違って「本質」を切り口に「生きる」とか何かを説いている。
    解釈が難解な部分もあって、何度も読み返したせいか、いつもより読み進めることができなかった。全体的にはよくも悪くも「受け入れる」ことが大切なのかな、とは思う。
    あとがきが今年2月で、発売が4月、そしてこの内容……これもまた、あるべき姿なのかもしれない。

全18件中 1 - 10件を表示

ブタのみどころのその他の作品

小泉吉宏の作品

ブタのみどころを本棚に登録しているひと

ツイートする