変態王子と笑わない猫。3 (MF文庫J)

著者 :
制作 : カントク 
  • メディアファクトリー
3.56
  • (22)
  • (66)
  • (54)
  • (10)
  • (6)
本棚登録 : 592
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840138932

作品紹介・あらすじ

体育祭が迫る九月の朝。のどかな二人乗りの最中、ちっちゃな宇宙怪獣ツインテールが降ってきた。『完璧』な笑い方をするその女の子は、ぼくにロケットダイブして-そして平穏だった学校に『笑わない猫』の笑う声がする。校舎はイタリア、水着が制服、横寺王子は今日もみんなの人気者!…いやいや待てよ、なにがどうしてこうなった。もしかして、ぼくを悩ませ続ける『小豆梓問題』と関係が-?大人気爽やか系変態ラブコメ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 変態的に変わった小説
    キャラクター小説としてのライトノベルとしてどうというより
    小説として読ませる小説
    かなりすごい

  • ライトノベル

  • 新キャライタリア娘。
    なんかあんまりだったかもなあ。長く感じた。
    月子さんとのコミュニケーションはとても良いものがありますが^^

  • 何これすごく面白い。ヒロイン3人のバミューダトライアングル完成したところに新キャラ投入。義妹的な筒隠月子と違い、今度の妹はまさに妹な感じ。

    地の文も会話文も相変わらず言葉遊びが面白く、テンポ良くペース良く読ませる。主人公は女の子のちょっとした仕草から気分を読みとるくせに、恋心には鈍感。些細な、本人でさえ気付いてなさそうな仕草に気付くところが長所。こりゃモテるわ、変態発言さえしなければ。
    ヒロインズは見えにくいようで好意が見えていて可愛い。全く笑わない筒隠月子の可愛さが言動から伝わってくる。小豆梓の想いもよく分かる。これ以上近付くと本当に好きになっちゃうから、彼女になれないことは分かっているから、辛くなる前に引いて見込みがない恋は諦めるんだよね。

    猫神が正体を現し、何やら波乱万丈になりそう。1巻完結ものをシリーズ化したのだと思うが、違和感を感じることなくうまく続いている。主人公の無くした記憶とか、気になることが多すぎる。タイトルで変なラブコメかと思い、今まで手に取らなかったことが悔やまれる。まあグッズを買う訳でもないし、安く手に入ると思えばいいか。

    無表情の義妹系ヒロイン筒隠月子、ぺちゃぱい不器用ドジっ子の小豆梓、勘違い系巨乳脳筋の筒隠筑紫とヒロインはそれぞれ違ってていい。何よりカントクさんのイラストが可愛い。線がしっかりしていて非常に安定感がある。次巻以降も楽しみに読みます。

  • 意外な方向に話が進んできた。後乗せサクサク感はするけど、ちょっと目が離せない。
    ほんわかラブコメじゃなかったのか。。。

    136ページの文章は、ちょっと鳥肌立った。

  • アニメで放送済みの体育祭のエピソード。あれ、体育祭してたっけ?
    水着とイタリアのイメージしか残ってないな。
    エミも今回から登場。日本語変換してて気づいたけど、エミ=笑みというネーミングなのですね。多分。
    猫神の伏線とかを残しつつ、小豆梓の逆襲というクライマックスはよかった。

    今回は陽人の心象で繰り広げられる一人ボケツッコミがくどく感じることがあるかな。

  • 小豆梓の逆襲巻
    今回もやりとりが面白くてテンポよく読めました。ダラっとしない。
    ラブコメとして楽しんで読んでます
    作中の色んな謎も気になる

    余談ですが、鋼鉄の王がかわいくて、
    本筋とズレると分かってても
    ちょっと横寺弟との展開を応援したくなったりしましたw

  • エミちゃんも可愛すぎて辛い

  • 叙述トリックを使用してるので、読みにくい、というか真相にたどり着きにくい構成になってる
    (叙述トリックというより、信頼できない語り手といった方が正しいか)。

    日常の会話描写等のみにボリュームを割かず、ストーリーに起伏を与えるために新しい手法を用いてマンネリ化を回避しようとする姿勢は、個人的には好評価。

    まぁ、この巻で張った伏線がこの巻で回収されてないので、よく分からない・すっきりしないといった感想を抱くも分からないではない、が。

    この巻で切っちゃわないで、4、5巻と続けて読むと面白い。

  • 今回のお話は梓の(?)お話です。

    テンポはいんだけど、読みにくかったです。
    猫神が出てきちゃってどうするのか、
    オチも弱かった印象です。
    ただ、相変わらずキャラの描き方が好感が持ててよかったです。

    んー、どうするつもりなのか、このお話をどう持っていくのか気になります。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。東京都在住。
2010年、『変態王子と笑わない猫。』で、第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞を受賞し、デビュー。
趣味は将棋。

変態王子と笑わない猫。3 (MF文庫J)のその他の作品

さがら総の作品

変態王子と笑わない猫。3 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする