デンキ街の本屋さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.51
  • (28)
  • (69)
  • (76)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 651
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840140638

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 水あさと先生が描く女の子は、とても表情豊かで可愛らしい! コミティア参加直後に読んで、なんか内容とシンクロできて良かった。

  • あの電気街のコミック専門店で働く少年少女たちの日常を描いたという、まったりした雰囲気のコミックス。
    キャラクターの個性が色々と出てて割りと好き。

  • 先輩かわいいけどみんなかわいいな。でもこの手の本屋では絶対バイトしないと誓ったw

  • 偏ったジャンルが主力な本屋さんの店員さんたちの話。…ちょっと前まで躊躇わずに気になる本を全買いしてた時の自分と同じ様なことを言ってるキャラがいた。ので、心のなかで『しかしそれにも限度ってものを見極めないと、ただの中毒患者と同じになるぞ』と忠告する自分がいた。…いま、更正するのに苦労してるんだよ、ワシ。

  • 飛ばし屋系の笑いを仕掛けたと思いきや、ほんのりとした甘酸っぱい予感も醸し出すという合わせ技。コミック専門書店で働く人々を描いた……ラブコメでいいのかな? コメが多めだけど。

    同人誌を読んでこそばゆくて良いなと思い、ネット上のネタ系のはじけっぷりに吹いた。この振れ幅の広さは興味深い。水あさとさんの漫画、好きかも。

  • 2001/11/26:タイトルで注文。絵柄可愛くてほのぼのしているけど、次買うほどではないかな。コミックレンタルとかであれば読むかも。

  • 某書店ってこんな感じなのかなーという体で楽しく読めました。

  • コミック専門店でバイトする主人公とその同僚たちのお話。描かれている話が身近なことだけにかなり楽しめましたし、こういう話だけに他の漫画のパロネタが入ってましたがそれもよかったです。2巻が楽しみです。あ、話の中である人が言ってた「エロを必要としない人間なんていない 私もあなたたちも人類みなエロ本大好き人間なんです!」は名言だと思いますw

  • よかった。ふがちゃん=金朋先生で来年冬くらいにアニメ化されそうな良さだった。

  • 最近本屋がテーマの漫画を探していたので購入
    キャラは皆面白く、オタクネタ特に同人ネタがあり自分としては楽しく読め、本屋の仕事なども題材に使われて良かった。

    虎の穴をモデルにしているので、同人原稿ネタ、即売会でのサークル参加の話があり、本屋の森のあかりのようなリアルっぽい話では無く、どちらかというと同人ショップ(今の所グッズ系の話は扱っていない)漫画なので、リアル志向の方にはあまりオススメできないかもしれない。

    ゾンビや打ち水大会と称したサバゲー話もあるので人によっては白けると思う。

全49件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

沖縄生まれ。寿司とアニメと学生服が好き。暑いのと寒いのと辛いのが苦手な男子。代表作「デンキ街の本屋さん」ほか多数。

「2018年 『異世界デスゲームに転送されてつらい 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デンキ街の本屋さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)のその他の作品

水あさとの作品

ツイートする