そなえることは、へらすこと。

著者 :
  • メディアファクトリー
3.42
  • (5)
  • (20)
  • (16)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 151
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840143165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きな山本ふみこさんのエッセイ(とうとう頭冠に「大好きな」がついちゃったよ。ぷぷ。)
    いっぱい引用しました。
    まだまだ引用したいですよ。「いっしょに困る」とか「他人の幸せを喜ぶ=練習の積み重ね」とか。
    さつさつと、こつこつと台所仕事をし、生活をしながら山本さんが紡ぎ出す言葉に、いつも「はっ」とさせられます。

    今回は震災後初のエッセイ。
    山本さんのエッセイを読んだことがない人、山本さんを知らない人、
    肌が合わない人も、
    「はっ」となるんじゃないかな。
    そんな感じがします。

  • 山本ふみこさんの文章には、はっとさせられるものがいつもたくさんある。さっぱりと身の回りをととのえながら、それでもいろんなことにうんうんと悩んでいる山本さんの率直さが好ましい。以下、抜粋。

    「結果ばかりを追い求めるのは、うまくない。…と思う。うまくないといいより、てんでおもしろくない。(…)結果ばかりを考えない生き方とは?それは積み重ねを味わう、おもしろがる、というのに他ならない。もっと云えば、そうした過程のなかない待ち構えている“うまくゆかなさ”さえ、たいした贈りものなのだということもわかってくる」

  • 図書館で出会う。
    すいすいと山本さんの日常を読めて楽しかった。
    夫婦ふたりだと朝の支度は7分でや、
    お昼は決まって「おそば」どちらかが茹で始めるなど、これは真似しようというものもありました。

  • いそいそと読んでしまった、ちょっともったいなかったな。

    震災が起きて三日後の出来ごとからこの本は始まっていくんだけど、スーパーでも買占めが起きていて、それをみたふみこさんは買い物をやめてしまうんだよね。

    私はその買占めの様子を見たら急に不安になってしまって、恥ずかしながらその買占めに参加してしまった。(といっても牛乳一本余計に買っただけだけど)

    みんなが買い占めたら私の分が無くなっちゃう、テレビでも買い占めで商品がなくなるってやってる、だから私も、って。

    思い出すと、つまんないことしたなぁ。

    本当にモノがないのは東京じゃなかったのにね。

    私はこのエピソードがなぜだかぐさっとささって、読み終わっても残っていた。

    あの大きな流れの中でどうして自分を見失わずにいれたのだろう、すごいな、って。

    ふだんから物を多く持たない生活をしてきていたから、そう思えたのかな。



    そなえることは、へらすこと。



    この言葉は好きだ。

    普段の日常は必要なものだけなるべく最低限のものだけにしておけば、有事の際にもその心がきっと役に立つ、という意味なんだと受け取って大切にしようと思った。



    最低限とはちょっと違うけど、毎日お昼は蕎麦っていうのもなんかいいなと思った。

    毎日の献立を考えなくてもいいのか、同じものでもいいんだと気付けた。

    そうだよね、毎日ごちそうをつくるわけじゃないんだから、そんなふうにしたって家族がいいって言うならいいんだよな。

    家事の力の抜きどころを見た気がする。


    ふみこさんのこのシリーズはほんとに読みやすい、寝ぼけた頭でも読めてしまう。

    だからこそ、また今度はシャキッとしたときにも読み直すのが吉な本でもあるよう二思うので、そうしてみようかと思います。

    雨の日の朝に。

  • あ~らビックリ!
    これの前に読んだ『やさしい節電』鈴木孝夫著 と同じこと書いてある!

    ―― 一戸ずつ電気ガス水道を使い、ひとりずつ電気ガス水道を使う。これではエネルギーがいくらあっても、早晩足らなくもなろうし、それを満たすための無理が生じるのに決まっている(すでに、そうとう無理しているのだと思う)。

    ―― 祖父母がわたしに見せてくれた暮らしは、どこかゆるめに組まれていた。扉も窓も閉めきってはおらず、がっちり錠をかけるというふうでもない。

    ただし、鈴木氏は文系と理系を自在に行ったり来たりできる得意分野の広い学者風で、この山本氏はエッセイスト主婦。
    山本氏の方がより感覚的に書いてある。女性には読み易いと思う。

  • 最強につまらなかった。

  • なかなか、ハードルの高い「志」の話だ。それこそ、長年繰り返してきた考え方が積み重ならないと、著者の理想とする境地にはたどり着かないだろう。本としてはさらりと読破できるけど、私の脳内にはまだ染み込まないな。

  • 変わっていくから、流れに乗って変化していくから

    人も、暮らしも

    だから。

    あっさりと読みやすいようで、熱い思いもこもった、素敵な本です。

  • 山本家の普段の生活が綴られている本。
    持っているモノひとつひとつと向き合いたかった、という言葉に同感!

  • 3.11の地震の後、備えについて考えはじめた人も多いかもしれません。
    わたしもその一人で、これだけは、と思われるものをリュックに詰めています。
    その、必要なものを考えて詰めるときのなんともいえない変な気持ち。
    それについての表現がすごくしっくりきて、自分の気持ちにも納得することができました。

    また、著者の生活ぶりから伝わってくる、少ないものでも(というより、少ないものだからこそ)できる豊かな暮らし、豊かな気持ちが、とても心地よく、気持ちのいい一冊でした。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年北海道小樽市生まれ。随筆家。3人の娘を育て、食事をつくり、掃除に精を出し、市の教育委員として奔走し、一人暮らしの親を気にかけ、ときに原発に思いを巡らせ、夫婦喧嘩をし…日々を重ねる。『朝ごはんからはじまる』『まないた手帖』(ともに毎日新聞社)、『おとな時間の、つくりかた』(PHP文庫)、『暮らしと台所の歳時記――旬の野菜で感じる七十二候』(PHP研究所)、『こぎれい、こざっぱり』『台所から子どもたちへ』(ともにオレンジページ)ほか、著書多数。

「2016年 『家のしごと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本ふみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
やました ひでこ
伊藤 まさこ
三浦 しをん
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

そなえることは、へらすこと。を本棚に登録しているひと

ツイートする