コーヒーピープル 一杯のコーヒーに人生を注ぐ、十四人のトップランナーたち

著者 :
  • メディアファクトリー
3.77
  • (8)
  • (12)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 157
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840143752

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 店主の言葉を積み重ねて店になり、心意気が空気に満ちて匂い立ち、魅力が注がれて一杯の珈琲として供される。主の生い立ちや彼等の言葉が主に扱われ、前作よりも店主を中心に綴られています。本を読んでいるうちに、川口氏が心を満たされた想いを読者も感じる事が出来る。約束されない未来、選択が多過ぎる現在、嫌な事があり過ぎた昨日達。そんな中で逞しく一杯に人生を注ぐ人達を、私達はきっと眩しく憧れを感じる事だろう。
    紙質からレイアウトまで細部まで行き届く一冊は、川口氏の尊敬が見て取れます。
    巻末の開業のいろは的な内容だけが、どうにも水を注して勿体なく感じられてしまいます。

  • 仕事への向き合い方にも触れて、背筋が伸びるような気持ちになる。ゆったりとした時間が過ごせる空間でコーヒーの香りと味わいを楽しみたいな。雰囲気、も重要なファクターだと痛感。

  • 珈琲を飲みながら、喫茶店でくつろぎながら読みたい一冊。
    十人十色の焙煎方法、珈琲の楽しみ方、珈琲の香りがあるんだなあ。
    なんとなく珈琲が好きな人にも、お店を開きたいなと思っている人にも読んでいただきたい一冊。

    どんどん珈琲が好きになる。

  • 珈琲を生業とする人々について書かれた本。

    印象に残ったのは
    グラウベルの狩野知代さん
    coffee carawayの芦川直子さん

    バリスタとして賞をとって活躍している人たちよりも上記の女性は自分の境遇と似たところから活躍されていた為親近感を持って読めた。

    印象に残ったのフレーズ
    幸福に育った少女は、おかしなことに時として何者かにならねばならないというオブセッションを抱え込む。何者かとは、おそらく素敵な仕事をなしとげて評価される人間のことで、ただ毎日を幸せに過ごしているだけでは、自分はだめな人間だと感じてしまう。

    やりたいことがないのがいちばんつらい。いつも何かに憧れていたい。それを実現することに生きがいを感じます。


    好きなことに一生懸命になり道が拓ける、誰もができることではない。簡単なようで難しい。

  • みなさんこんばんは。ノリです。

    本日は、木曜日なので、最近読んだ本を紹介したいと思います。
    ライター、喫茶写真家の川口葉子さんの本。
    多くの方が大切なものが一瞬で消えてしまう経験をされた震災。
    その後の2012年に発刊された本で、日本人の価値観が見直されていた時期に、コーヒーとともに生きる人々取材をまとめた一冊。
    どんな思いでオーナーの方は運営されているのかを知ることは、自分のこれからを考えるきっかけを与えてくれる本だと思います。
    そんな中でも、素敵やなって思った店舗の紹介をしていきたいと思います。

    【本書の目的と読了後のイメージ】
    ◆コーヒーの道で生きていくと決めた人たちのエピソードを知ることで、自分にとってコーヒーとはどんなものかを言葉にするきっかけ
    ◆おきにいりのエピソードを1つ以上みつけ、会いに行きたい店主を見つけている状態。



    【本の概要】
    この十年ほどのあいだに、スペシャルティコーヒーというワードが注目を集め、カフェでも自宅でもコーヒーをよりおいしく愉しもうとする人々が増えています。
    一方、コーヒーとエスプレッソを主役にしたシンプルなカフェが増えてきました。
    この本はそんなカフェのオーナーや焙煎人、バリスタなど、新世代のコーヒーを牽引する14組の人々の自由でしなやかな生き方を紹介します
    Amazonの内容紹介から一部引用

    コーヒーピープル 一杯のコーヒーに人生を注ぐ、十四人のトップランナーたち/メディアファクトリー

    ¥1,404
    Amazon.co.jp




    【ポイント】 
    1. KUSA.喫茶


    当時住んでいたバンコクで屋台のコンデンスミルク珈琲に心を奪われたと語る、オーナーの姫野さん。
    ファッション、ライターとしての仕事をしながら感性を表現できる生業を模索していたそう。
    そんな時に、当時つきあっていた女性(現在の奥さん)との会話をきっかけに、
    ミニマルな生活スタイルを求め、2005年に開業された。

    【気になったフレーズ】

    ◆「死んで、この地球を去るとき、どんな記憶を携えていくのか。珈琲屋のなかで生まれる人や空気との邂逅を、自分の地球の記憶にしようと決めた。」

    ◆表現したいというやむにやまれぬ衝動。どうすれば詩人として生きていけるか手探りしていた彼は、
    「自分のなかの憑きものを押さえられる場所が珈琲屋だった」と振り返る。

    ◆理想の味は特別な時に飲む珈琲ではなく、日常的に飽きずに愉しめる、おいしい水のような珈琲。

    ◆退屈に思えても、意味なく思えても、毎日、汗水垂らしながら、丹念に目の前のことをこなし続ける。来る日も来る日もだ。
    そうしていくうちに、知らず知らずに、開けてくるものが、新たに見えてくるものがある。
    それからだ、その仕事や、その生活をともにする人と、真に心が繋がっていくのは。
    2. BEAR POND ESPRESSO


    東急エージェンシーを退社して、アメリカに渡り、アリゾナ州立大学へ入学。猛勉強して卒業し、ニューヨークの広告代理店へ。
    しかし、メインクライアントが破産した影響を受けて、広告代理店も破産してしまう。
    心がざらざらに荒れたどん底の時期を乗り越え、フェデックス社に入社。やがて、エスプレッソに心を奪われてバリスタの道へ。
    今を生きることに焦点を合わせ、今を楽しむ姿勢と、猛烈な努力で困難を乗り越えてきたオーナー田中さんから発せられる言葉には
    とても力強い印象を受ける。
    「パッションをもって生きろ。そうでなければわざわざこの世界に生まれてきた甲斐がない」と田中さんは語る。
    こんな人と、一度お話してみたいものです。

    【気になったフレーズ】
    ◆ヒッピー・カルチャーの最初の純粋な数年間、それが精神的ルーツ。理想は、”東京で一番ヒッピーなエスプレッソ屋

    ◆出る杭は打たれる、という抑圧めいた諺が浸透している日本の社会に、約20年ぶりに戻ってきた田中さんは「出すぎて打ちにくい杭になっちゃえ」と笑う。

    ◆失敗は恐れなくていい。成功の向こうには自滅しかないけど、失敗の先には進化があるんです。

    ◆「エスプレッソはライフスタイルだ」、と田中さんは語る。カップの中にバリスタの生き方が反映される

    ◆表からは決して見えない部分に、誰のまねもせずに自分の道を歩こうとする人間だけが知る深い孤独や、理解されない時の旨の焦がす悔しさや、迷いの数々が秘められているのではないか。
    3.喫茶室 豆灯


    コーヒーとろうそくをつくるご夫婦で経営されている豆灯さん。
    築60年の古民家を改装した店舗は、えんがわにあるまばゆい光と繊細な色調を放つろうそく達、そしてこだわり抜かれた小物の数々によって最高の空間に仕上がる。
    「苦しくても、ふたりで好きな仕事をしていける幸せ。くぢけそうになった時はみんなに祝福してもらった開店初日を思い出しながら、、細く長くつづけていくつもりです。」
    コーヒーとろうそくを通して、なにか大切なものに気づかせてくれる。そんなお店なのかもしれないですね。

    【気になったフレーズ】

    ◆「東京に行って、焙煎を学ぶことも考えたんですが、コーヒーには唯一の正解はないから、人によって方法が違うでしょう?誰かに教わると、結局その人の方法や味をめざすことになる。そういうのがあまり好きではなかったんです。」

    ◆ろうそくの魅力のひとつは、その静かな存在感にあるとあゆみさんはいう。灯をともすと、時間の流れが変わる。やがて炎がふっと消えた瞬間、再び日常が戻ってくる。それは驚くほどコーヒーを愉しむ時間と共通点があった。

    ◆日々、心がけているのは、自分でルールを決めたら崩さないこと。一度手を抜いたら、大切なものがなし崩しになってしまうから。自分との約束を守り続けること。
    4. OMOTESANDO KOFFEE


    28歳の時、ゼロから飲食業界に入り、たまたま空いていたコーヒーのポジションを選んだことをきっかけにその世界にのめり込んでいったオーナーの國友さん。
    今では、国内外問わず取材が殺到し、静かな路地裏の一角が、東京が世界へ発信するコーヒー文化基地といった様相を呈している。
    スタイリッシュな箱で、お客様と一対一で向き合いながらすべてを行うその様は、茶道に通じるミニマリズムの極み。

    【気になったフレーズ】

    ◆コーヒーを媒介として、良い夢を見せてくれた。興味があるならこんなことをやってみないか、と声をかけてくれたり。
    BANCOでの体験を通して、コーヒーにはひととひと、ひとと夢をつなぐ役割があると考えるようになりました。

    ◆自分を信じて積み重ねていくしかない。
    いま、山を登りかけているのに、下りたらまた別の山をいちからのぼらなくちゃいけない。山のむこうは、のぼった人間にしかみえないですからね。

    ◆一瞬のなかに永遠がある
    5. Little Nap COFFEE STAND


    若い頃から多くの旅を経験されたオーナーの濱田さん。
    タンザニアのコーヒー農園を訪れた際に、「命から豊かに生きたいと感じた。バリスタとしてできることがもっとするはずだ」と感じたそう。
    濱田さんの生き方からも自由な雰囲気の店舗からも
    心から今を愉しみたい、自由を体現する。そんな姿が浮かんでくる

    【気になったフレーズ】

    ◆音楽と友人、旅とコーヒーさえあれば。人生にも店にも、枠組みなんていらない時代になったと思う。

    ◆狭い空間で暮らす都市の住民にとって、公園は庭がわり。そこにコーヒーがあればもっと楽しくなる

    ◆原点回帰。二十代の頃は文化的洗練さに惹かれてヨーロッパを旅したけど、三十歳を過ぎてから求めるものがふっと変わったそうだ。
    人間は、そして音楽やコーヒーは、どこから生まれてきたのか。

    川口葉子さん、良い本をありがとうございました。

    ─────────────────────────────

    【感想】
    【変身経済とコーヒー文化】


    「コーヒーにはひととひと、ひとと夢をつなぐ役割があると思う」

    「エスプレッソはライフスタイルだ」

    「感性を表現できる生業」

    「そこにコーヒーがあればもっと楽しくなる」

    「コーヒーには唯一の正解はないから」

    ◆本書では、すごく素敵なフレーズがたくさんでてました
    皆さん、コーヒーに自分の人生を投影してるように思いました。
    コーヒーって豆によって味の違いはもちろんあるけど、コーヒーに携わる方々のたくさんの人生観が発生する
    ただの黒い液体なのに、コーヒーってなんでこんなたくさんの人を魅了するんでしょうね

    ◆家庭でもコーヒーに関連したいろいろな楽しみ方をする人が増えてます
    経験経済学の最も先の経済価値である「変身」ではないけど、
    コーヒー文化を経験することで、理想とする自分に変身しようとする

    焙煎をし始めるひと
    →職人である自分 何かを極めている自分

    自宅のミルで豆を挽いてハンドドリップし、ジャズでも聴きながらコーヒーを愉しむ
    →おしゃれな文化人としての自分

    こだわりのシングルオリジンを持つ
    →こだわりのあるかっこいい自分

    生産者の顔が見えるという側面でスペシャリティコーヒーをこよなく愛する人
    →生産者の為になっているという貢献感 貢献している自分ってかっこいい
    【コーヒーと自分】


    ◆元々、小さなころから
    何か1つのことを極めたいという欲
    自分の感性を表現する仕事がしたかった
    (小学生の頃は作文とか詩、俳句とかが好きやったし、ぽんぽんアイディアがでてきたし、表彰されたり)
    中学生で純喫茶にいったり、地元でバーをやっているマスターに会社のやりかたをmixiのメッセージできいたり

    ◆昔から飽き性やけど、のめり込んだものに関しては狂ったように時間を使う
    逆に、好奇心を持てるものでないと全くやる気がおきない
    会いたい人に会いたいときに会える働き方(自分で自分の時間をコントロールできるような働き方)

    ◆大事にしていきたい価値観
    人とちゃんと繋がる 自分の想いを相手にちゃんと伝える
    (喧嘩もできない寂しいピエロだった自分)
    自分の可能性を信じ、挑戦するおもしろさ
    (世の中はおもしろい人で溢れてる)

    自分らしいコーヒーの楽しみ方を提供することを通じて、新しい自分へ変身するきっかけや場を与えたい
    コーヒー豆の生産国の人々の生き様を伝えることを通じて、間接的でもいいから自分の気持ちを伝えていきたい

    まだまだまだうまく言葉にできてないし、腑に落ちてない部分も多いけど
    事実なのは、
    もっともっとコーヒーをことを勉強しなくちゃいけないし
    もっともっと、農園の人の現状を知らないといけないな。

    やっぱり農園にいかないとダメだな
    生産者の想いにふれないと

    すごく壮大な話になってしまったんやけど、すこしづつ自分の納得する形で実現していけたらなあと

    【目次】
    はじめに
    大きな変化の中で生きる、コーヒーピープルたち
    ねじまき雲
    KUSA.喫茶
    BEAR POND ESPRESSO
    STREAMER COFFEE COMPANY
    喫茶室 豆灯
    REC COFFEE
    OMOTESANDO KOFFEE
    Little Nap COFFEE STAND
    NOZY COFFEE
    グラウベル
    coffee caraway
    CAFE SORTE
    STELLA VILLAGE
    かうひい堂






    【編集後記】
    7月に東京にいくので、いくつか尋ねてみたいと思います。
    ただ、飲みにいくのんはおもんないな
    がっつり話を聞かせてもらおうかな

  • 読了

  • 読み応えのある一冊。コーヒーに関わる人たちの生き様が書かれています。
    どんな仕事でもこだわりを持って、自分の使命を感じて働くことは魅力的なことだ。

  • saroライブラリー

  • メモ「コピ・ルアック!おまじない」

  • All Aboutで著者川口さんの記事を読んで。良いお店ばかり載っています。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライター、喫茶写真家。
著書に『東京カフェ散歩 観光と日常』『京都カフェ散歩 喫茶都市をめぐる』(祥伝社)、『街角にパンとコーヒー』『東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴』(実業之日本社)他多数。雑誌、Web等でカフェやコーヒー特集の監修、記事執筆多数。
Webサイト『東京カフェマニア』主宰。

「2020年 『サンドウィッチと喫茶の時間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川口葉子の作品

コーヒーピープル 一杯のコーヒーに人生を注ぐ、十四人のトップランナーたちを本棚に登録しているひと

ツイートする