内田悟のやさい塾 春夏 旬野菜の調理技のすべて 保存版

著者 :
  • メディアファクトリー
4.33
  • (14)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 143
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840143769

作品紹介・あらすじ

子、孫に伝えよう驚くべき旬野菜の新・常識。野菜の『目利き』から『保存』『下ごしらえ』『切り方』『火入れ』、そして『究極のレシピ』まで、この一冊でマスターできる!テレビ、新聞、雑誌で「野菜のことを聞くならこの人」と太鼓版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これはすごい!!
    野菜の目利きから、時期や部位による味の違いを生かした調理法など、
    今まで知らなかったことが満載で、目からうろこがボロボロ落ちました。
    本当は★7つくらいつけたいところ。

    野菜の姿かたちには、その野菜がどう育ったか、どんな味をもって
    いるのか、すべて表れているんですね。
    知るほどに旬の野菜がいとおしくなり、大事に大事にいただかなければと
    思いました。

    内田さんの仕事については、テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」で
    知りました。月1回の「やさい塾」は、わざわざ地方からやって来る人も
    いるほどの人気ぶりだそう。私も一度行ってみたくなりました。

  • すごい…。
    圧巻の一言です。
    野菜に対する愛情が半端ないです。

    本格的で知識満載。
    隅から隅までじっくり見てしまう。
    無駄なことは一切書いてありません。

    分かりやすい、調理法から切り方、見分け方、旬まで
    もう感動しています。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。
    借りて良かったー。
    感動ものです♪

  • こういう本が欲しかった!という本でした。チラッと中を見てすぐにレジに向かいました。
    本当に野菜の『基本』のところが知りたかったんですよね。「旬」と言ってもナスだって大根だって、数ヶ月は市場に並びます。で、だんだん味が変わってくるので、料理法を変えていきますが、その基本がわからない。
    大根サラダだって、出回っている間いつ作っても美味しいわけじゃない。
    ナスの漬物だって、そう。
    走りの野菜、名残の野菜、料理法も見分け方も写真で丁寧に説明されています。
    ありがとうございます!内田さん♪

  • facebookで内田さんのページを知って、本も手に取ってみました!素人が野菜のことを学ぶなら、まずこの1冊!ではないでしょうか。

  • 今冬なので春になったら、もう一度目を通す予定。

  • 八百屋さんにいって料理がしたい~

  • 野菜の目利きポイントが分かるだけでなく、美味しい調理法も充実。

  • 基礎6位

  • 普通の野菜の本当は違う。野菜のチカラを活かす活用方法が沢山!

  • 旬の野菜の選び方や扱い方、調理方法などが書かれています。読んでいるとたくさん野菜が食べたくなります。美味しそうな野菜の写真が掲載されていて、読み物としてとても楽しめました。野菜への愛があふれています。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、北海道生まれ。築地御厨店主。フランス料理店で修行中に野菜への関心を深め、青果納品業に勤務などを経て、2005年、レストラン専門青果店「築地御厨」を創業。素材にこだわるレストランにおまかせで注文を受けるほど信頼できる青果店として評判を呼んでいる。

「2017年 『ニッポンの地方野菜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田悟の作品

内田悟のやさい塾 春夏 旬野菜の調理技のすべて 保存版を本棚に登録しているひと

ツイートする