変態王子と笑わない猫。5 (MF文庫J)

著者 :
制作 : カントク 
  • メディアファクトリー
4.07
  • (38)
  • (48)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 421
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840145282

作品紹介・あらすじ

ついに小豆梓の大攻勢が始まった! チアガール系ワンワンの笑顔に押され気味のぼくは、無表情ガール系月子ちゃんのプレッシャーに震える日々。
あっちもこっちも大変で、どうにかしようとしているうちに引き寄せてしまったのは、まさかの10年前の世界。上機嫌の筒隠と時間旅行をするはめになり…。
大人気爽やか系変態ラブコメ第5弾! これは、過去から未来へと繋がる「想い出」の物語―。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作者の文章はやはり独特で楽しい
    文章芸やライトノベルにおける可読性の追求ともまた違う独特の味
    中身はもうわりと何でも良いので
    書きやすい題材を適当にさらさら書いて欲しいが
    MF文庫の商売としてはそうもいかないか

  • ライトノベル

  • 過去の話。
    これで、ストーリーがつながったわ。

  • ちょっと変化球での過去編。
    伏線がいろいろと回収されてくのはなかなか面白い( ̄▽ ̄)
    横寺くんじゃないけど、ヒロインがなんとなく選びきれないんだよなー

  • これは……すごく切ない。小豆梓の面倒くさい好意を受けて、流されそうになる主人公。ところが猫神から仕返しとして、過去の世界に飛ばされてしまう。そこで明かされる真実とは。
    主人公がエミを覚えていなかった理由や小さい頃の筒隠月子の思い出の真実、どうしようもなく変えられないことが分かって、とても切なくなった。主人公は昔からいい子でイケメンだったんだね。
    主人公の思い出を、つくしにあげる。主人公は思い出を忘れてしまう。これまでも、これからも。切ない。主人公に姉がいることを初めて知った気がする。主人公も家族について恵まれてないのかな。

  • これまでの巻で散りばめられていた伏線が、徐々に解決されてきた。
    ただの萌え豚養成ラノベじゃないよ、ぶひい。

  • 登録番号10541  分類番号913.6 サ (5)

  • 過去のミッシングリンクを繋ぐと共に、大きな転換点にもなっているエピソード。
    ショタ陽人が常識的ないい子で、時の流れの残酷さを知りました(笑)。いや、今もいい子です……よ?
    ちょっと変態発言が多いだけの紳士です。
    お子様な つくしも可愛かったです。
    過去のエピソードは短編ででももう少し読みたい感じです。

  • つかささん素敵すぎて…。幼いころの筒隠姉妹も可愛い。

  • 評価:☆4

    変態系ラブコメ第5弾。
    猫神の力で陽人と月子が10年前に!?

    これまで全く合わなかったから期待もしてなかったんだけど、この巻は面白かった。
    筒隠家の抱えていた問題は想像以上に重くて切なかった。
    そして伏線回収がお見事。最後の最後でなるほどこうだったのかと。
    少年時代の陽人イケメンすぎる。10年後、どうしてこんな変態になったんだ・・・w
    今までは分からずにもやもやしてたのも解消されて綺麗にまとまって好印象。

    ただ地の文の寒さは相変わらず。これはまぁ作者が変わらない以上仕方がない。相性の問題。

    今巻は良い意味で裏切られたな。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。東京都在住。
2010年、『変態王子と笑わない猫。』で、第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞を受賞し、デビュー。
趣味は将棋。

変態王子と笑わない猫。5 (MF文庫J)のその他の作品

さがら総の作品

変態王子と笑わない猫。5 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする