超訳百人一首 うた恋い。3

著者 :
  • メディアファクトリー (2012年4月20日発売)
4.34
  • (164)
  • (100)
  • (53)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 903
レビュー : 86
  • Amazon.co.jp ・マンガ (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840145565

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「枕草子」の清少納言と、藤原行成のエピソードが中心。才女ゆえに夫に疎まれ、離縁された清少納言が当時の恋人、藤原実方の勧めで宮中入りし、中宮定子に仕える程才覚を現していく…。

    清少納言の兄と末の松山の恋はせつない。父・元輔が代わりに詠んだらしいですが…

    藤原の道隆と貴子のお話も良かった。この夫婦から中宮定子が生まれる訳です。

    君をおきて あだし心を わが持たば
    末の松山 波をこえなむ(末の松山)

    ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ
    末の松山 波こさじとは(清原元輔)

    かくとだに えやはいぶきの さしも草
    さしもしらじな 燃ゆる思ひを(藤原実方朝臣)

    忘れじの 行く末までは かたければ
    けふを限りの 命ともがな(儀同三司母)

    これは今の自分の心境に近い(笑)

  • 枕草子の作者、清少納言を中心に描いた第三弾。

    和歌が苦手な仲間同士
    能書家、藤原行成との友情。
    初めての理解者であり愛した藤原実方との
    その才覚ゆえのすれ違いや別れ。
    仕えた定子への忠心。

    話も面白いけれど絵が独特でとてもステキ。

  • 図書館借。 学生の頃、授業でさらっとしか触れない枕草子。正直、清少納言に対して、小生意気な女の自慢話を書いた人くらいにしか当時思ってなかったけど、草子に込められた想いを考えると切なくなる。 人の儚さ、世情に対する鬱憤、人の想いは、時代が変われど思う所は、それほど変わらないのかと。 頑張ろうっと思えた。

  • 行成がすごく好み。見た瞬間は父親にクリソツだと思ったけれど、中身はそうでもなかったです。少納言はよくそんな冗談に付き合えたなと尊敬します。

  • 清少納言と藤原行成の友情物語がすごくイイ!
    切なくて胸に残る。いいお話でした。

  • 清少納言と中の関白家の大ファンなので楽しく読みました。
    行成さんがまさかの大活躍でたいへん嬉しかったりと。

    明るく華やかな宮廷生活を描いたと思われがちな枕草子ですが、実は定子没落の真っただ中を描いているんですね。
    つらかった時勢だろうに、たくさん笑ったことばかり描かれている。清少納言はどんな気持ちだったのか、何を言いたかったのか。
    そういったことを無視せず描いてくれて本当にうれしかった。

    なんと言っても定子さまお美しく諾子さんかわいらしく何よりでした。3巻が一番お気に入りかも。

  • 高内侍の「忘れじの・・・」の歌が、とてもステキ。一番幸せな瞬間に、死んでしまいたい、という気持ちは、わかる気がするよ。。。ほろり。
    あと、三巻は、定子様がはかなくてかなしくて、でも、そうね、中宮定子と言えば、枕草子の定子様が一番に思い浮かぶね、と納得。。。
    清少納言は、オモシロイ解釈だし、実方様はイケメンだし、行成くんは不器用だし、かわいらしい。。。
    オモシロカッタデス。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「清少納言は、オモシロイ解釈だし」
      へぇ~もう3巻目が出ているんだ。もっと人気が出て文庫にならないかな?
      ・・・どんな風に面白いのかなぁ、気...
      「清少納言は、オモシロイ解釈だし」
      へぇ~もう3巻目が出ているんだ。もっと人気が出て文庫にならないかな?
      ・・・どんな風に面白いのかなぁ、気になる(読むしかない?)
      2012/05/07
  • 待ってました、うた恋い。第3巻!!
    今回は枕草子の作者、清少納言にまつわるお話。
    今回もきゅんきゅんで切なくって、本当に大好きなお話がいっぱいでした!

    大好きな義孝・道隆コンビも登場、活躍でとっても嬉しかったです。
    前の巻に登場した人物が絡むお話になっている構成、良いですよね~。

    義孝さまの息子・藤原行成、それから藤原実方も大好き。イケメン!(笑)
    特に、「かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしもしらじな 燃ゆる思ひを」の実方の詠んだ歌が大好きになりました。

    高内侍の「忘れじの…」の歌も改めて素敵な歌だなぁと思いました。

    清少納言については、なんでも開けっ広げに書いちゃうさばさばした感じに何か通じるものがあって親近感がわくというかw前々から結構好きな女性だったんですけど、今回これを読んでもっともっと好きになりました。
    しかし、慎み深いところはちゃんと慎み深く、また学が深いというところは私とは正反対だ、という事がわかったのでw私も精進せねばと思いました(笑)


    余談ですが…アニメ化は個人的には余計なお世話だ、と思うんですが(笑)
    アニメ化しても、まだまだ続巻希望です!!
    欲張りですが、100首全部の物語を見てみたいなぁ。

  • ※感想は第4巻のレビューに。

  • うたこいシリーズ、文句なしのお勧め!

全86件中 1 - 10件を表示

超訳百人一首 うた恋い。3のその他の作品

杉田圭の作品

超訳百人一首 うた恋い。3に関連するまとめ

超訳百人一首 うた恋い。3を本棚に登録しているひと

ツイートする