宮田書店へようこそ! 水あさと短編集 (フラッパー)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.86
  • (17)
  • (26)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 245
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840147149

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 縲悟クー繧後↑縺?コ御ココ縲阪→縲後ヵ繧。繝溘Ξ繧ケ縺ョ菴丈ココ縲阪′蛻?↑縺?°諢帙b縺ョ縺ェ縺ョ縺ァ縲√?後ョ繝ウ繧ュ陦励?譛ャ螻九&繧薙?阪′縺ゅ≠縺?≧豬√l縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺?¥縺ョ繧らエ榊セ励?ゅ?後◆縺ケ繧矩Κ縲阪′縲後∪繧薙′繧ソ繧、繝?縺阪i繧峨?阪↓霈峨▲縺ヲ縺?◆縺ィ遏・繧翫?√?後¢縺?♀繧難シ√?阪∩縺溘>縺ョ縺梧イ「螻ア縺ゅ▲縺ヲ縺昴?荳ュ縺九i謚懊¢蜃コ縺溘?縺後?後¢縺?♀繧難シ√?阪↑縺ョ縺九↑?溘↑繧薙※諤昴▲縺溘?

  • デンキ街の本屋さんの作者さん「水あさと」さんの短編集を発見!
    GET!


    ・帰れない二人
    「湿花」は、
    いつも意地悪してくる「ひさゆき」に告白されました!
    で、
    ダッシュで逃げると!
    すまん!
    いろいろと誤解があったからですが、
    告白されて逃げたことがありますかぐりんです!
    逃げちゃダメです笑
    つか、
    告白の仕方が学生っぽくて好きよ!
    いいじゃない!
    青春じゃない!
    つか、
    この頃から泣き顔がステキな!
    で、
    最後の4ページなかなか好きな演出と思ったら・・・。

    水あさとさんのコメント
    この作品が1つの転機になってるみたいです。
    で、
    その最後の4ページって苦肉の策だったらしい!
    結果オーライですよ!


    ・ファミレスの住人
    よく、
    ファミレスに通ってる作者さんらしい裏技ものってるいいお話し。
    と、
    持てる女は辛いよ的なやつ。

    「アイ」
    「ヨヘイ」
    「サト」
    これが登場人物!
    みなさんファミレスから取ってる名前だそうで・・・。
    「アイ」=藍屋
    「ヨヘイ」=華屋与兵衛
    「サト」
    合ってる?
    「アイ」の藍屋は微妙?
    と、
    「サト」ってどこのファミレス?
    まったくわからん!


    ・制服の下にある魔法
    ファンタジー。
    火というか爆発な「江戸川美花」
    重力を操る「上竜王史郎丸」
    指から水が出る「向河原晴」
    と、
    「東島押子」の「トイレに行きたくなる魔法」
    を、
    使うのかが悪役!
    これは、
    連載で読みたいな笑


    ・たべる部
    4コマ漫画!
    部長が「つもりん」っぽくて怖い!
    主人公っぽい「江戸川橋円」がおのみちゃんっぽい!
    って、
    まんがタイムきららに連載してたやつらしい。
    意外に好きよこれ!
    続けて欲しかったわな。


    ・宮田書店へようこそ!
    「岩倉タケオ」さんって、
    後々にみかんBOOKSの店長になる人ですかね?
    つか、
    「木月まこ」のパンツは「先生」のマンガレベルじゃない?
    つか、
    「メロンタワー」ってメロンブックス関係ありますか笑
    つまり、
    みかんBOOKSですよね笑
    2話目も「先生」パンツじゃないか?
    つか、
    宅配って本当にしてるところあるの?
    絶対に嫌よね。
    アマゾンが頑張ればいいんだよ笑
    最近がんばってないけど笑
    なかなか届かないし笑
    つか、
    1周年とかよく覚えてるよね。
    一目惚れか?!


    ・デンキ街の本屋さん みかんBOOKSの場合
    「しっこく」ちゃん好きです!
    つか、
    こんな店長居たら実際はパワハラというか、
    傷害でしょっ引かれますよね?
    ちなみに、
    GOGOカレーもいいけどカムイもいいぞ!
    で、
    デンキ街の本屋さんが終わったら2が始まって、
    それが、
    みかんBOOKS編になると期待しております!
    大丈夫ですよね水あさとさん!

    他にも短編でてるみたいだから探すか、
    なかなか時間指定を無視してくれるアマゾンで買うか笑

  • 宮田書店とみかんブックス見たくて読んだ。オリジナル同人誌の総集編みたいね。
    まあ、宮田書店は普通の書店の話。
    みかんブックスはまあ、特にラブも無いしコメも特筆するとこの無い作品だったな。キャラの濃度的にもうまのほねに対抗できるとは思えんメンバーだった。そもそも、「メロン積み」に代表されるメロンブックス要素はうまのほねに吸収されちゃってて、今のみかんブックスには絞りカスみたいな要素しか残ってないからしょうがないよね。続編をみると余計辛い事になりそう。

  • 恋愛系の短編はどれもツボだった。

  • この作者さんのノリがじわじわ癖になってきた…。制服や学生萌えはないけどこの人の描く女子学生好き。パワフルなあざとさ、嫌いじゃない…!
    同人時代は独特で面白いです。ファンは嬉しいだろうな、やっぱり人気が出るのは良い側面もたくさんあるよな。

  • かわいい女の子が賑やかにしている漫画。本屋にはあまりいい印象がないせいか、書店を舞台にした漫画にはこんな本屋があるものかと感じたり。でも、コメディそのものはいい。
    女の子の「嫌いな人から告白されました」という言葉で始まる最初の短編。ちょっとした違和感を示しつつどんどん盛り上げて、最後に少し力が抜ける。この女の子が地に足をつけられなかった様を象徴しているようでおもしろい。

  • デザイン担当:倉地悠介

  • こういう同人誌をまとめた本は保管もしやすくてファンにとっては助かります。
    読んでるとファミレスに行きたくなりますね!

  • 可愛い。

  • マジカルシェフ少女しずるから入った自分は

    こういう切ないようななんつーかな話も描くんですね!と思いました。

    デンキ街の本屋さんは内容も全く知らないのですが

    ギャグ系なのか、そうじゃないのか…。

    ギャグ系なら買おうかな…。

    読んだ人いれば教えてください!

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

沖縄生まれ。寿司とアニメと学生服が好き。暑いのと寒いのと辛いのが苦手な男子。代表作「デンキ街の本屋さん」ほか多数。

「2018年 『異世界デスゲームに転送されてつらい 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮田書店へようこそ! 水あさと短編集 (フラッパー)のその他の作品

水あさとの作品

宮田書店へようこそ! 水あさと短編集 (フラッパー)を本棚に登録しているひと

ツイートする