私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.69
  • (23)
  • (72)
  • (60)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148924

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで和風だったので、沖縄だって今じゃ日本だけど異国の雰囲気が新感覚でした。
    すき。

  • 怪談集と言っても、単に怖いのでは無く不思議な感じでした。沖縄ならこんな事が有るかも…と思えるのは、恒川光太郎ならではでしょうか。

  • 恒川ワールド、全開!沖縄民話の世界観。好みだなー。怪談じゃなくて奇鐔。なんだかモヤモヤしたものが残る感じ。人生にはそこら中に落とし穴があって、いつ誰が落ちるかわからないし、どこに落ちるか選べない。そんな理不尽さ。だから前に進むのが怖いのかなと思ってみたり。(個人的な話)

  • 沖縄を舞台にしたホラー。
    小説というより、遠野物語のような「こんな不思議なことがあった」だけで終わる話もあり、怖いというより幻想的。
    沖縄の独特の雰囲気が綿密に描かれていて、今まさに沖縄にいるような気分になれる。
    妖怪的なものはでてくるけれども妖怪という固有名詞を使わず、ただ”不思議なもの”として扱っているのも良い。害をなす”不思議なもの”もいるけれど、「夜のパーラー」を読むとやっぱ一番怖いのは人間だなという結論にいきつく。

  • サブタイトルのとおり、沖縄を舞台にした怪談を集めた短編集。ぞわりとくるものから、幻想的な風味の強いものまで、沖縄という風土でしか表現できないお話が展開されています。
    沖縄、南の国ならではのことばや伝説的な説話が生かされていて、読んでいるあいだ、その酩酊感に似た感覚に浸れました。
    ・・・とはいえさすが怪談なので、基本的にぞわぞわ怖いです。
    「ニョラ穴」や「夜のパーラー」のひたひたと募るおぞましさには、ほんとにゾクゾクしました。背後が気になる怖さです。
    それも、わかりやすいインパクトをつけて怖がらせるのではなくて、じわじわっと浸水してくるように怖さが増してくるので、後を引くことも間違いなし。そういう意味ではこの暑く夜の長い夏に刃うってつけ、といえるかもしれません。

  • 再読すれば繋がりが分かるな

  • 沖縄を舞台とした短編集。
    怪談というよりも土地の伝承や民話といった感。
    独特の沖縄の言葉や風習が神秘的な雰囲気を行間に漂わせ、今現在も作中で語られる出来事や異形のものが存在するのではないかという気持ちにさせられる。
    人の心の奥底に巣くう残酷な悪意や、過酷な運命に直面した人の哀しみや苦しみ、怠惰や逃避が生々しく描かれる半面、美しく繊細に描かれる沖縄の風土が対比となって、不思議で謎めいた世界を色濃くしています。
    『弥勒節』『ニョラ穴』『私はフーイー』がお気に入り。
    『ニョラ穴』はクトゥルー神話を連想せずにはいられませんでした。
    手記、触手と来たら、、、という感じです。
    『私はフーイー』は、欲を言えば短編でなく長編で読みたかったかも。

    既刊最新作まで追い付いてしまったので、今後は新作が出るのを心待ちにしたいです。
    それにしても恒川氏は美しい独特の世界を描く事は勿論ですが、人間の業を描くのもお上手ですね。
    この絶妙なバランス感が読後の良さを誘うのではないかと思います。

  • 口裂け女が何処其処の角に出ただとか誰それの親戚が人攫いにあって行方不明になっただの、子供の間で囁かれていた怪しげな噂の数々がふと思い起こされ懐かしさを覚えた。
    隣り合わせた異界との接点を怖々と覗き込み、自分の想像した何かを其処に見出した気になって夕暮れの道を一目散に駆けてゆく。全てを読破している訳ではないが、この著者の作品はどれもそういう雰囲気を纏っておりまた溜息を吐きたくなる程に美しい。
    いつでも逃げ帰り安堵できる家のあった私に本書は寄る辺を失ったまま仄暗い境界の縁をさ迷う人々の物語に思えた。特別な能力を備え天女として崇められる表題作の主人公フーイーでさえ寄る辺を失くして茫然と立ち竦んでいる様に見える。
    一番人間の狂気を感じさせられゾッとしたのが『夜のパーラー』であるが、これも含めてどの作品の情景も青白い月光を帯びたように思い浮かんでくる。
    あやかしの姿を借りて人間のどす黒い部分が切り出されていながら夢幻の美しさの湛えられた見事な作品集だ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「溜息を吐きたくなる程に美しい。」
      恒川光太郎は、「夜市 」の表紙デザインが気に入り、しかもそれ程恐くないと聞いた(ブクログのレヴューです)...
      「溜息を吐きたくなる程に美しい。」
      恒川光太郎は、「夜市 」の表紙デザインが気に入り、しかもそれ程恐くないと聞いた(ブクログのレヴューです)ので読みました。この「私はフーイー」は、表紙を見た段階でシャットアウト(寺門孝之のイラストは怖過ぎ)。。。「夜市」のように読める程度なのかなぁ~
      2013/02/21
  • 短編7作。
    逢魔時に、暗闇の潜みから見られているよう怖さと、夕焼けを見たときの切ないような気持ちが混在したような話集。
    最後の2作がとても印象的。

  • どことなく怖く、悲しい。この人の、異界と淡く繋がっている世界観は本当に好き。
    ただ、今回は男女関係ものが少し多いような気が。

全91件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)のその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする