私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.69
  • (23)
  • (72)
  • (60)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148924

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 沖縄を舞台にしたホラー短編集。
    ホラーですが怖くはないです。沖縄の怪奇譚的なお話ばかりです。

  • そういうものが、昔の人には確実に感じられたのだと思う。平安時代の鬼や、妖怪などは一体どこに行ってしまったのだろう。

  • 沖縄を舞台にしたホラー短篇集。
    幽霊系の怖い話というよりはファンタジーがかっている。

    巻頭の『弥勒節』がストーリー性乏しくイマイチしっくりこなかったのだが、残りの話はストーリーに起伏があって楽しめた。

    『クームン』
    さとうきび畑に囲まれた集落で育った少年が出会った妖怪『クームン』について。

    『ニョラ穴』
    衝動的に男を殺し、事故に見せかけるため無人島に身を隠した主人公は、謎の男と島の奥の穴に住む存在に出会う。

    『夜のパーラー』
    パーラーを営みながら売春させられている女と親しくなった主人公。
    女の願いが意外な形で成就し、男の人生が崩壊する。

    『幻灯電車』
    幼いころに父が蒸発し、母と姉と暮らしていた主人公。
    家族の弱みを握る男の存在を邪魔に感じていたところ、毒を手に入れ男を殺す。
    江戸川乱歩あたりのミステリにありそうな話だった。

    『月夜の夢の、帰り道』
    他とは少し毛色の違う作品。
    最悪な出来事ばかりが降りかかり人生が崩壊してしまった男の半生が描かれるのだが、最後に救いが訪れる。

    『私はフーイ―』
    異国から流れ着いたフーイ―という女は、いろいろな生物に変身する能力があった。
    毒蛇に噛まれ死んでしまうが、数十年後、ある少女に転生する。
    2人目のフーイーが死んだ後、また時を経てフーイ―は生まれてくる。


    よくこんな設定と展開を考えられるな、と感服する。

  • 表紙よりはおどろおどろしく無かったです。
    怪談と言うより沖縄の風俗色の濃い奇譚と言う感じです。
    タイムパラドックスものの『月夜の夢の、帰り道』が優しい終わり方で一番良かったです。

  • 怖いというよりは不思議な話の短編集。しかし装丁は怖い。

    「夜のパーラー」が怖かった。やはり一番恐ろしいのは人間。

  • 沖縄怪談短編集という事ですが、そんなに怖くはないです。
    恒川氏らしい不思議な話が詰まった本という感じで、本当の怪異、というより人の心の感じ方が中心になっているような気もします。上手く言えないですが・・・。
    短編集なので、さくさく読めてしまいました。
    あっという間に読了。
    面白かった。

  • 全く知らない真っ暗な夜の田舎道を、明かりを持たずに
    進まなければいけなくなったら恐ろしいだろうなぁ。
    この作品はそんな肌で感じるイヤさに満ちている。
    どこにぽっかりと罠が仕掛けてあるかわからない。
    でも進まないのも怖い。
    一番怖かったのは、表紙の絵です。
    いつも裏返しにしてた。

  • 沖縄ならではの題材が使われた短編がいくつか入っている。
    それぞれ違う味があって、その中に恒川ワールド共通の切ないぼんやりとした
    感じが残るのが面白い。

    いつもながら、自然の描写がとても美しかったです。
    シンプルな文体なのに、景色がありありと浮かんできます。

  • 日常に潜む異界。
    装丁怖いし。沖縄怖い。

    漂う、せつなさ、みたいなものがもう少しあったら良いのに。

    クームンの存在はとても恒川光太郎らしい感じで好き。
    夜のパーラーの結末のどうしようもなさも好きだ。

    異国感溢れる沖縄では何が起きても不思議ではない。

  • 「夜のパーラー」がいちばんゾッとした。
    男を絡めとる女がおっかなくておっかなくていいなぁ。

全91件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)のその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする