私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.69
  • (23)
  • (72)
  • (60)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148924

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 沖縄の人々の柔靭な生き様と、そのすぐ脇にぽっかりと口を開ける異世界。
    かの島々では、怪異も、嵐が来て去っていくのと同じくらい、自然の一部なのだろう。

  • 恒川光太郎さん、大好きです。
    今回の作品は沖縄(やその周辺の島々?)が舞台。
    ホラーとは相性がいい風土なので、とても自然に
    異世界とまざりあいます。
    どれも味わい深い短篇だとは思いますが
    やっぱり長編のほうが読み応えがあって面白いなぁとは
    思います。

  • 今回もどの話もとても面白かった!
    どれも好きだ!
    情景が浮かぶのにふわふわとした話。
    言葉遣いも流れも大好き。

  • 久々に、恒川ワールド。
    良い!

  • 妖怪でも幽霊でもなくマジムン(魔ノ物)に畏怖の念を抱いているような印象を感じたねぇ。石敢富、シーサー、サングワーしかり魔除けが沢山、存在するからね。
    夜にスージ道、畑道を歩くとウジーのざわざわとざわめく感じや鬱々とした包み込む雰囲気や少し道からズレたら、そこかしらに転がっている異境に引きずり込まれるような何とも言い難い空気が、小説によく顕されていて、しにびびりながら駆け抜けるように読めました。
    しかし、日常が地続きに繋がっているから尚更やっけーだねぇ。
    あと、囚われた人の暗澹とする人の暗部がやはり怖いねー。
    沖縄の排他的な部分もそうだけど。

  • 沖縄ホラー。

    日本に住んでいると、違う民族・人種・文化は存在している事実を
    つい本州視点でしか見なくなり、単一民族などと思ってしまいますが、
    そうではないことを改めて感じます。
    同じ言葉を話せても、どうしても共有できない感覚があり、
    生活の雰囲気があり、歴史がある。
    こういった、現実・非現実のハザマに対するお話に、
    文化の違いが現れるな、と考えさせられます。

    「違い」が悪いことでなく、単なる「違い」として受け入れる。
    日本のお家芸の「取り込む」とはまたちょっと違って、
    あるがままにおいておくこと、そして生きていくこと、
    そんなことをちょっぴり考えながら読みました。
    ま、本の内容には全く関係ない考えです。

    ホラーと言っても夜中に読みたくないような恐ろしいものでなく、
    ちょっと鳥肌が立つ、ちょっと後ろが気になる、という
    ほんのりホラー系です。

  • 沖縄舞台の怪談短編集。『夜のパーラー』『月夜の夢の、帰り道』がすき。ネエねえ、がなんともいえずいい味だしてはるんです。

  • 恒川ワールド健在(笑)
    どこを舞台にしてようと、ワールドだなぁと。

    表題作が一番好き。

  • ふしぎなおはなし。

  • 短篇7話。
    沖縄怪談集ということだけど確かに怪奇な話ではあるけど民話みたいなところがあった。全体的に沖縄あるいは熱帯地方らしい暑苦しい生暖かい空気を感じながら読んだ。
    夏の夜の読書にいいかもよ。

全91件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)のその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする