私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.69
  • (23)
  • (72)
  • (60)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148924

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「弥勒節」
    「クームン」
    「ニョラ穴」
    「夜のパーラー」
    「幻灯電車」
    「月夜の夢の、帰り道」
    「私はフーイー」

    短編集。
    転生話の表題作「私はフーイー」が好き。
    「夜のパーラー」は怪談というには生々しすぎて(現実にありそうで)苦手。

  • 沖縄怪談短編集。怖い、というよりも、少し不気味さのある不思議な物語、という印象。沖縄という地の独特さも感じられる気がしました。
    お気に入りは「クームン」。どこかしら優しさの感じられた一作。クームンの家の雰囲気も印象的。
    「月夜の夢の、帰り道」もいいなあ。さて、彼の運命はいったいどうなるのでしょう。

  • 流石の恒川光太郎。

  • 恒川光太郎最新作。沖縄を舞台にした短編怪談・・・とのことですが、ちょっとコワめの民話な感じ(皆さん書いておられますが、表紙が一番怖い。笑)
    「弥勒節」が一番好きで、「夜のパーラー」はちょい苦手。
    ずっと読みたいと思っていて、ようやく手元に来ました♪期待を裏切らない、恒川ワールド全開です。

  • 沖縄怪談短編集と副題がついているとおり、沖縄を舞台に沖縄にまつわる怪談集。気候の違いか、はたまた風土の違いか、本土とは違う幽霊や妖怪たち。なんとなく粘っこいというか温度を持っていそう。
    表紙はとても怖いのだが、恒川調の不思議で幻想的なお話で、夜中に読んでも平気だった。
    「弥勒節」死に行く者に聞かせる胡弓を手に入れてしまった青年の話。
    「クームン」願い事をきいてくれる妖怪と少年の話。
    この2編がホンワカとしていて、でも物悲しさを感じた。

  • やっぱり、好きだなぁ。不思議で、不気味で、幻想的な世界。恒川さんの本を読むと、どこか違う世界に連れていかれるようなふわふわとした気持ちにさせられる。最後の2作が好きかな。「月夜の夢の、帰り道」でループする、ぐるぐるするいやーな気持ちにさせられて、「私はフーイー」の最後で解放される。また読みたくなるなあ。表紙もいい。

  • ヨマブリと胡弓の響き、願いを叶えてくれる魔物、ニョラの棲む洞窟、林の奥の小さなパーラー、深夜に走るお化け電車、祭りの夜の不吉な予言、転生を繰り返す少女フーイーが見た島の歴史と運命とは―。

  • 沖縄を舞台にした恒川ワールド。。。。
    やっぱりこの人の不思議な物語は面白い。。。

  • う~ん

    今回は恒川さんの作品のなかでは私にとって波長が合わなかったかもしれない

    弥勒節 恋人信者って、彼は奏者を引き継いだ(ヨマブリ怖い

    クームン クームンは優しい
    靴を奉納すれば願い事を叶えて
    くれる神様みたいなもの

    ニョラ穴 蛸のお化け
    男の世界が崩れていく
    手記形式

    夜のパーラー 男の運命が一人の女によっ
    手壊されていく
    全ては女の手の中に

    幻灯列車 人に騙され、家族で支え合い
    彼女は自らの罪で刑務所に入り、戦争を逃れるが家族は死ぬ
    そして、電車に乗る

    月夜の夢の、帰り道 好き良いと思う
    時間は不思議だ

    私はフーイー 輪廻転生を繰り返すフーイー
    運命は不思議

  • 表紙がこわい。
    うう、私、こーゆー画、だめだわあっと思いつつも
    恒川さんだし、と手に取る。

    沖縄怪談短編集、とゆーことで、
    ちょっとじわじわした熱い風を感じつつ、恒川ワールド全開で、
    いつのまにやら、ちょっと変な、不気味な、不思議な、
    オソロシイような、懐かしいような、そんな世界にどっぷりつかれる。
    あ、でも、沖縄って意外とからりとした暑さ、なのか。
    行ったことないから、分かんない。
    熱い、とゆーと、なんかじわじわ湿気のある暑さを
    想像しちゃうんだよなー。

    いちばん気味の悪いのはやっぱニョラ穴、かな。
    なんかこの不気味な穴っての、似たようなホラー漫画をちらっとみたことがあるような気がする。パーラーもラストが不気味。
    これはちょっと前読んだ恒川さんの作品の中になにか似たような雰囲気の
    お店(?)があったような。
    弥勒節は結構好き。
    音楽って結構境界を超えるきっかけになり得る気がする。
    表題のフーイーもおもしろかった。
    殺されるとこはちょっと怖かったケド。
    ラストのイメージがなんかすごい。

    うーん、やっぱ恒川さんは、いいなあ。

全91件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)のその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする