私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.69
  • (23)
  • (72)
  • (60)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148924

作品紹介・あらすじ

ヨマブリと胡弓の響き、願いを叶えてくれる魔物、ニョラの棲む洞窟、林の奥の小さなパーラー、深夜に走るお化け電車、祭りの夜の不吉な予言、転生を繰り返す少女フーイーが見た島の歴史と運命とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 沖縄を舞台にした怪談短編集。沖縄用語が
    怪談話しを民話的にしている。

  • 土地柄の独自性が強い沖縄怪談は感性的にあまり理解できないが、恒川作品の雰囲気と合っている。

    「弥勒節」
    「クームン」
    「ニョラ穴」
    「夜のパーラー」
    「幻灯電車」
    「月夜の夢の、帰り道」
    「私はフーイー」

  • 沖縄綺譚集

    2018.6再読

  • 沖縄に住む恒川さんの、沖縄縛りの短編集。
    方言がなんとも和んだり、恐ろしさを倍増させたり…
    余計なお世話だけどこの表紙で敬遠しちゃう人もいるのでは…?怖すぎー( ;∀;)

  • 独特の湿気。
    この土地の闇の深さ、暑苦しさを彷彿とさせる怪談集。

    とはいえ、「怖!」というものではなく、どれもこれも人の体臭のする、じわじわと絞め上げるような、ひたひたと背後に迫るような怖さ。

    どれもこれも怖いというより、人間に対してのほのかなおかしみ、慈しみを感じさせる話でありました。

  • 妖しげで怪しげなデビュー作『夜市』にすっかり囚われてから、6作目までずっと新刊を買い続けた大好きな作家。ただやっぱり本作も含めて『夜市』を超える作品が未だないのが残念。
    本作は沖縄の怪異譚をまとめた短編集。「弥勒節」最愛の妻をヨマブリに盗られた男は胡弓を奏で続ける。「クームン」あばら家に住み人々の靴に異様な執着を見せる男クームンの優しさ。「ニョラ」洞穴に住む怪物が人間という怪物を呑み込むまで。「夜のパーラー」人気のないパーラーで出会った女と老婆。「幻灯電車」生きているから生きている。例え人を殺し家族を失っても。「月夜の夢の、帰り道」碌な人生ではなかった、子供の頃かけられた呪いじみた予言の言葉のせいで。「私はフーイー」何度でも何度でも、私はこの島で生まれ変わる。
    沖縄的な妖の存在がチラつくが、それらの存在よりも、この人が描く人間が何より一番恐い。

  • 表紙の絵で敬遠して
    なかなか手を出せなかった一冊だったけど、
    天使の絵などで有名な寺門孝之さんだったとわかってびっくり。

    沖縄の独特な方言が
    わからないことで逆に薄気味悪く、
    怖さを増幅させている。

    恐怖に取り付かれた人たちが
    妄想の世界へ引きずりこまれて行く様子が恐ろしい。

    わたしの好きな恒川ワールドとは
    ちょっと違うけど、
    いつものようにすーっと引き込まれ、
    怖いけどたのしく読めた。

  • レビューを読んでいると、恒川さんを好きな人の言葉のセンスの良さを感じます。趣味がいいですね。
    本書は、じわっとした恐ろしさがわりと淡々と描かれていて読みやすく味わいがありました。

  • 沖縄が舞台のホラー短編集。
    幽霊的な怖い話というより、人間の裏の顔の不気味さやファンタジーっぽい印象を受けた。
    表題作「私はフーイー」が一番印象に残った。

    うーん、でもやはり夜市が一番強烈な印象を受けた。

  • 沖縄を舞台にした怪奇短編集。
    ゾッとするほど恐い話というのはなかったけど、沖縄独特の雰囲気を感じる本だった。
    全編にわたって沖縄の言葉、風土が描かれていて、暑い地域独特の怪奇というのが雰囲気を醸し出している。
    そして、いくつかの話には不思議な生物というか妖怪のようなものが出てくるのが特徴。
    本当にそういうものが言い伝えとして沖縄にはいるのだろうか?
    そんなことを感じながら読み終えた。

    「弥勒節」
    ヨマブリという怪現象のある島。
    ヨマブリとは光の精のようなものでそれに触れたものは病気になるか最悪死ぬ。
    妻をヨマブリによってなくした男性は島を訪れた老女から胡弓を譲り受ける。
    彼がその胡弓を弾くと不思議な現象が起きる。

    「クームン」
    クームンという生き物のいる集落。
    クームンの家には無数の靴がぶらさがっている。
    靴をもっていくとクームンは願いを叶えてくれると言う。
    ある日、小学生の少年が家から逃げてきた少女と出会い、その少女を一晩クームンの家にかくまってもらう。
    大人になった二人は再開するがその際、彼は大人になった少女からある事を聞かされる。

    「ニョラ穴」
    人を殺してニョラ穴という洞窟のある無人島に逃げてきた男。
    そこには男と同じように人を殺した事のある男が住んでいた。
    妄想癖のあるその男は洞窟にはニョラという怪物がいて、そのニョロは凄い臭いがするのだと言う。

    「夜のパーラー」
    パーラーで知り合った女性と体の関係をもった男。
    男は女から自分を娼婦にした老女を殺して欲しいと言う。

    「幻灯電車」
    自分たち一家の秘密を握る男を殺した女性。
    殺人にもちいたのは謎めいた男から買い取った貝の毒。

    「月夜の夢の、帰り道」
    十四歳の時に殺人をし少年院に入り、その後出所してまた人を死なせた男。
    転落人生を歩む男はまともに生きようと訪れた沖縄である不思議な光景を目にする。

    「私はフーイー」
    船で島にたどり着いた一人の女ーフーイー。
    姿を変えることができる不思議な女はその島で死んでは生まれ変わる。

    どの話も恐いというよりは不思議な雰囲気、ノスタルジックな雰囲気が漂っていた。
    暑い今の時期読むと余計雰囲気があると思う。

全91件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)のその他の作品

恒川光太郎の作品

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする