私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.69
  • (23)
  • (72)
  • (60)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148924

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妖しげで怪しげなデビュー作『夜市』にすっかり囚われてから、6作目までずっと新刊を買い続けた大好きな作家。ただやっぱり本作も含めて『夜市』を超える作品が未だないのが残念。
    本作は沖縄の怪異譚をまとめた短編集。「弥勒節」最愛の妻をヨマブリに盗られた男は胡弓を奏で続ける。「クームン」あばら家に住み人々の靴に異様な執着を見せる男クームンの優しさ。「ニョラ」洞穴に住む怪物が人間という怪物を呑み込むまで。「夜のパーラー」人気のないパーラーで出会った女と老婆。「幻灯電車」生きているから生きている。例え人を殺し家族を失っても。「月夜の夢の、帰り道」碌な人生ではなかった、子供の頃かけられた呪いじみた予言の言葉のせいで。「私はフーイー」何度でも何度でも、私はこの島で生まれ変わる。
    沖縄的な妖の存在がチラつくが、それらの存在よりも、この人が描く人間が何より一番恐い。

  • 沖縄ホラー。

    日本に住んでいると、違う民族・人種・文化は存在している事実を
    つい本州視点でしか見なくなり、単一民族などと思ってしまいますが、
    そうではないことを改めて感じます。
    同じ言葉を話せても、どうしても共有できない感覚があり、
    生活の雰囲気があり、歴史がある。
    こういった、現実・非現実のハザマに対するお話に、
    文化の違いが現れるな、と考えさせられます。

    「違い」が悪いことでなく、単なる「違い」として受け入れる。
    日本のお家芸の「取り込む」とはまたちょっと違って、
    あるがままにおいておくこと、そして生きていくこと、
    そんなことをちょっぴり考えながら読みました。
    ま、本の内容には全く関係ない考えです。

    ホラーと言っても夜中に読みたくないような恐ろしいものでなく、
    ちょっと鳥肌が立つ、ちょっと後ろが気になる、という
    ほんのりホラー系です。

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)のその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする