今日も朝からたまご焼き お弁当生活はじめました

著者 :
  • メディアファクトリー
3.40
  • (10)
  • (30)
  • (52)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 285
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148955

作品紹介・あらすじ

『女どうしだもの』『あせるのはやめました』で大人気の森下えみこ最新作!はじめてのお弁当コミックエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • *栗田みのり(通称みのさん)、28歳。ソコソコ料理はするけれど、お弁当はなかなか続かない独身女子の日々のつぶやきコミックエッセイです。使えるお弁当グッズや固くならないご飯のコツなど、初心者向けのちょこっと使えるコラムもいっぱい*

    まーかわいい♥の一言です。ダメダメ女子が一念発起してお弁当作りを始めるも、初心者にありがちなお弁当の壁にぶち当たりまくり(笑) そして、その壁を乗り越えて素敵女子に変身しました♪っていうオチにならないところも共感大でした。ダメダメっぷりを丸ごと受け入れての、かわゆくて愛らしい一冊。そして、何と言っても、名倉さんのお弁当が最高!「なんでも食べたいものを、とりあえず持っていく」究極のお弁当よ。名言です。

  • 毎日作るお弁当、マンネリ化しすぎなので、何とかそれを変えようかと思い、タイトルだけ見て図書館予約。
    面白く読めましたが、この本に載っているお弁当は作らないかもしれません。
    だけど、保温ポットは欲しくなりました。

  • 一人暮らしのOLが女子力アップ目当てでお弁当生活を始めるおはなし。
    形から入るとか、見た目にこだわりすぎて挫折~そして手抜きを覚え、すごい大雑把なお弁当へ…!の流れが自分にも当てはまりすぎて笑えました。
    プチトマト、そんなに好きでもないのに入れてたなあ…

    お弁当箱も、かわいいの欲しくなるけど使い勝手いいのは結局シンプルなものだったりするんですよね。
    でもフードポットは購入検討していたので参考になりました。
    寒くなってきたらアマゾンで買おうかなw
    職場に電子レンジないのでw

    名倉さんのジップロック弁当も詰める物によっては海外の学生みたいでおしゃれかも…w

    2013/08/04

  • (2018-07-27L)

  • 弁当作りの指南マンガか?と思って借りたら全然違ってたが、それが良かった。どっちかっていうと、残念な女子が頑張って弁当を作ってみようとしてやっぱり頑張った弁当は作れないけどまぁ続けてみよう的な感じで、恐ろしく親近感があった。それ私だわ(笑)
    だから逆に、ああ、弁当って頑張って作らなくてもよくって、とりあえず続けてみよう〜ってのが大事なんだな、と思った。
    ちなみに私は高校の頃に弁当作り始めてから(おかんがいつの間にか作ってくれなくなったし、お小遣いもなかったから購買部に買いに行くこともほぼ不可能だった)ずっと、ほとんどのおかずは冷凍食品。あとはミニトマト(笑)彩りとか健康とか気にしない!専業主婦じゃないからやってらんない!
    この漫画の女子がやってる冷凍炒飯弁当とか食パンにハムとチーズを挟んだだけ弁当とか簡単じゃん!やってみよ〜!と思った。頑張る気はありません。

  • お弁当を作るハードルがぐっと下がった一冊です。
    ふんわりした絵の感じも好きです。

  • 2017/03/12

  • ほわーんと読めて、癒される。森下さんの本が好きです。ゆるくていい。形から入るところとか、分かるなー。お弁当、1人分だと意外に大変だよなあ。

  • ゆるーいお弁当漫画。
    のんびり読めます。
    とりあえず持っていくことから始めるのには納得。
    保温ポット良いなぁ

  • 弁当作り、まずは道具から(笑)弁当箱3つもいらんやろ。そして詰めやすいのは四角だと思います。丸いのはなんか難しい気がするよ。あと、たまご焼き、一人分なら卵1個で作ろうよ。幅狭く巻いていけば厚みはでるよ。3個は使いすぎだと思うんだ。まぁ、みのりさんは継続は力なりって言葉を大切にして弁当作りに精を出してほしいです←言うのは簡単(笑)

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

静岡県生まれ、コミックエッセイのほか、書籍や広告、雑誌などのイラスト、マンガを手がけている。主な著書に『40歳になったことだし』(幻冬舎)、『今日も朝からたまご焼き』、『独りでできるもん』シリーズ(ともにKADOKAWA/メディアファクトリー)、『キャベツのせん切り、できますか?』(ナツメ社)など多数。

「2019年 『あしたの、のぞみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森下えみこの作品

今日も朝からたまご焼き お弁当生活はじめましたを本棚に登録しているひと

ツイートする