日本人の知らない日本語4 海外編

著者 :
  • メディアファクトリー
3.89
  • (107)
  • (233)
  • (140)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1327
レビュー : 185
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840152686

作品紹介・あらすじ

海の向こうで日本語を勉強している人たちに会ってきた。オールカラー、コミックエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本語はこういうものだ、とある意味固定概念のようなモノが出来てるから、外国人学習者による日本語の解釈は新鮮で面白かった

  • 日本語の学習で漢字は 大変と思われがちですが 意外に人気は高いようで 読めなくても 意味が通じる マンガに似てるのかも 学生の考えた漢字が面白い 手偏に口で 携帯電話なんて いいなぁ ちょっと寂しいから もう少し画数がほしいけど

  • 今回は、ヨーロッパの国々を中心に、日本語を勉強している
    大学などを訪問するスタイルになっていて、これも面白かった。
    それにしても、外国人がする言い間違いって面白いなぁ、
    と思いながらも、自分が話している英語も外国人に
    笑いを提供しているのかもしれない、と気がついたりもする。

    あと、言語について、いろいろと細かいネタなども勉強になったり、
    一石二鳥な本でもあるので、ぜひとも続刊を読みたいところだ。

  • 1~3よりも面白かった!
    現地でのエピソードにあふれていたからそう感じたのかも。
    「”ら抜き言葉”のチェックには『~しよう』の形に変えてチェックする(「~よう」になるなら”ら”が必要)」
    随分前に聞いたけど忘れてたのを思い出せてよかった!

  • あたしは
    ほんとうには
    にほんごを知らないのだなぁ、と
    このシリーズを読むたび思んだな。

  • ちょっとした文化や習慣の違い拾っているのが、というか、とにかく読んでいて楽しいです。日本語をしゃべれる外国人にしゃべらせないのは、日本人ならではなのか、放送業界の性なのか。

  • 濃い中身です。
    欄外のコラムも充実。読み甲斐あります。面白いです。

  • 今まで日本の日本語学校での面白話だっけど、この巻からは、海外の日本語学校での面白話など。

    欧州7ヶ国の日本語学校や各国の特徴を取材した内容でしたが、どの国も勉強のレベルが高い!
    そして大学だけではなく、中・高くらいから日本語を学んでいる所も多いみたいで驚きでした。

    欧州は1ヶ国の中で複数言語に分かれていたりするし、日本人が外国語を学ぶのと、全然意識・壁の高さが違うんだろうなぁ。
    言語が複数あることを常識と考えられる環境がうらやましい。

    生徒達の日本語・日本文化勘違いボケは、国関係なく同じような感じで、マンガ効果もあってかわいらしかったです。

    欧州以外の地域編も続けてほしいです。

  • 楽しみに読んでいるシリーズ。絵柄があまり好きではないタイプのものなのに、今やちっとも気にならない。食わず嫌いって他にもあるかも。

    今回は海外編ということで、あちこちの国の日本語学校や大学の日本語科が舞台となっている。いつも通り、日本語を学んでいる人たちのとんでもない勘違いや間違いの数々に笑いながら、日本を愛する情熱が伝わってきて楽しい。へぇ~と驚くお国ぶりの紹介もあり、この新企画はなかなか良いのでは?

  • 前の3巻に続いて、これもおもしろかった。

    ヨーロッパを中心に何カ国も回って日本語教育現場を取材している。今までで一番内容が詰まっていた気がする。

    単に面白おかしいのではなく、ためになる内容もしっかり入っている。

全185件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ゲーム会社にてコピーライター兼デザイナーとして勤務後、独立。フリーライター兼イラストレーターの時代を経て、絵と文を同時に書けばいいのではと遅まきながら気付き、漫画家の道へ。著作に『決してマネしないでください。』、『天地創造デザイン部』(原作)など。

「2021年 『傀儡戦記(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蛇蔵の作品

日本人の知らない日本語4 海外編を本棚に登録しているひと

ツイートする
×