「いつも眠い~」がなくなる 快眠の3法則 (見て分かる実用書)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.60
  • (1)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840154000

作品紹介・あらすじ

朝、昼、夕5分の習慣でニッチュウの眠気がスッキリなくなる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 睡眠の悩みを、日中の習慣で解消するための本。

    ●朝の習慣
    ・毎朝同じ時間帯に光を5分以上浴びる。(太陽光が望ましいが、太陽が出ていない場合は目をつぶってデスクライトに近づいて60秒数えるのでもOK)
    ・朝食にタンパク質を取る。
    ●昼の習慣
    ・眠気が訪れる前(起床6時間後)に5分間だけ目を閉じる。
    ●夕方の習慣
    ・起床11時間後に5分間だけ背筋を伸ばすなどして体温を上げる。
    ・眠る1時間前にストレッチなどの軽い運動をして体温を上げると、体温が下がる勾配が急になり深く眠れる。
    ●その他、注意事項
    ・ながら活動(刺激の多い生活)に慣れると静かな時に眠くなる。必要のない場面では脳に入る刺激を減らし、目を閉じて休憩するとよい。

  • 睡眠不足を解消する本です。

    起きて光を浴びること、昼に、目を閉じるだけの休憩を取ること、寝る1時間前のストレッチ
    が重要。

    悪いサイクルを断ち切ること。寝る時間より起きる時間が重要。
    習慣を変えるより先に体を動かすこと。

  • 2020.9.7
    日中眠くなった時の対処法が書いてあるのが良かった。

  • イラストや図解が多めなので、理解しやすかった。

    眠る前に軽くストレッチなどの運動をして、体温をいったん上げると寝た時に下がりやすくなって、よく眠れるらしい。試してみよう。

  • 読みやすい
    わかりやすい
    実行しやすい

    昼過ぎに居眠りしちゃうのは睡眠ー覚醒リズムのせいなんだとわかりました。対処法もあって安心。
    無理やり生活習慣をかえなくていいのは、とてもいいです。

  • 質の高い睡眠を取るための実用書。シンデレラタイムは22-2時の間に限らないなど、比較的最近の情報が書かれています。
    また、「こうした方が睡眠の質を高めるにはいいですが、この面から見るとこうした方が」という感じで書かれているのは実用的で良いなと思いました。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

"菅原洋平(すがわら・ようへい)
作業療法士。ユークロニア株式会社代表。
1978年、青森県生まれ。国際医療福祉大学卒業後、作業療法士免許取得。民間病院精神科勤務後、国立病院機構にて脳のリハビリテーションに従事。その後、脳の機能を活かした人材開発を行うビジネスプランをもとに、ユークロニア株式会社を設立。現在、ベスリクリニック(東京都千代田区)で外来を担当する傍ら、企業研修を全国で展開し、その活動はテレビや雑誌などでも注目を集める。
著書には、13万部を突破した『あなたの人生を変える睡眠の法則』(自由国民社)10万部を突破した『すぐやる!』など多数がある。"

「2021年 『「やらなきゃいけないのになんにも終わらなかった……」がなくなる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅原洋平の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×