とある魔術の禁書目録(インデックス) (3) (電撃文庫)

著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.70
  • (148)
  • (155)
  • (285)
  • (12)
  • (6)
本棚登録 : 2046
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840227858

作品紹介・あらすじ

「不幸だ…」真夏の夕暮れ。補習帰りにジュースの自動販売機に金を呑まれた上条当麻はそう呟いた。「ちょろっとー。なにやってんの、アンタ?」カツッと革靴を鳴らしながら、御坂美琴は上条に声をかけた。「お姉様?」その後、美琴に顔形そっくりの御坂妹がやってきた。三人の出会い。それが、事件の幕開けだった。一方通行と呼ばれる超能力者が起こす殺戮劇の、幕開けだった-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スッゴイタイトル詐欺だ?
    とは言っても、同じ世界、同じ場所、同じ主人公なんだから別にいいよね。面白かったし
    これまで余り書かれていなかった学園都市の話なのにダークな内容だったな。
    それにしても上条さんは記憶を失っても本質は全く変わらないんだな。
    [more]
    それにしても今巻で御坂は上条に完全に惚れてしまったな。今までは気のおけない友人と言った感じだったけど、あそこまでやられたら男同士でも惚れるんじゃないかと思えたよ。

  • ライトノベル

  • 文章がこの巻からやや向上、ご都合展開変わらず

  • 痛みに強い人たちだなあ…。
    生きているからって、満足に動けるとは限らない。
    けんか慣れしてない人と、瀕死で疲労困憊な人が殴り合ったら…どっちが勝つ?

  • 以降の物語に大きく関わる「学園都市のレベル」「御坂美琴」「ミサカ妹」「一方通行」が大きく関わってくる話。
    タイトルの「魔術」や「禁術目録」はいずこにって言う感じの科学な話です。
    内容自体は一回パラパラと本書を読んでて、アニメでもやったし、科学側の漫画で読んでもいるのでだいたい抑えてて、目新しい物はなかったです。

    一方通行さんは当麻に指先ひとつ掠らすことができないって、軟弱すぎないですかね。

  • おお、本作は前2作をただの前座にするくらい面白い。超電磁砲はヒロイン力が高いし、一方通行はライバル力が高いし、妹達は起承転結を支えているし。「魔術」をタイトルに冠しているのにも関わらず、魔術が出てこない方が面白いというのはどうしたものか。

  • ついに来た御坂美琴メイン回。

    クライマックスに至るまでの展開は実に熱いんだがクライマックスのバトル(というか上条さんなんであんなに不死身なん?)がイマイチのが難と言えば難か。

    ただまあ今巻読んでそら上条さん人気でるわなとは思ったり。

  • シスターズ登場の回。アニメでも辺は特に良い。

  • 「不幸だ……」
    真夏の夕暮れ。補習帰りにジュースの自動販売機に金を呑まれた上条当麻はそう呟いた。
    「ちょろっとー。なにやってんの、アンタ?」
    カツッと革靴を鳴らしながら、御坂美琴は上条に声をかけた。
    「お姉様?」
    その後、美琴に顔形そっくりの御坂妹がやってきた。
    三人の出会い。
    それが、事件の幕開けだった。
    一方通行と呼ばれる超能力者が起こす、殺戮劇の、幕開けだったーー。

  • やっと御坂美琴がメインを張る巻です。

    この巻以降、かなり文章が整ってきます。1巻や2巻で目に付いた、ストーリー展開上のぎこちなさが消えて、クライマックスに向かって緊張感を高めてゆくような描写なども見られるようになっています。「とりあえず3巻まで読んでから、やめるかどうか決めてほしい」と何人かのレビュアーが述べているのは、このことも理由の一つなのだろうと感じました。

    「超電磁砲(レールガン)を128回殺せば、一方通行(アクセラレータ)は絶対能力(レベル6)へと進化(シフト)することができる」といった、とってつけたような中二的設定の不自然さや、上条と美琴の熱血少年コミック的な台詞のクサさが耐え難いという人にはお勧めできませんが、個人的にはそれほど引っかかることもなく、楽しく読めました。

全81件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

とある魔術の禁書目録(インデックス) (3) (電撃文庫)のその他の作品

鎌池和馬の作品

とある魔術の禁書目録(インデックス) (3) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする