とある魔術の禁書目録(インデックス) (6) (電撃文庫)

著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.49
  • (78)
  • (100)
  • (278)
  • (19)
  • (1)
本棚登録 : 1718
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840229739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 影響を与え合ってつくられた疑似人格?新たな強力なキャラクターよりも、今回は学園都市らしく先生の生徒に対する思いが光りましたね。

  • 魔術サイド。
    シェリー・クロムウェルとの戦い。
    ひょうか…

  •  やっとアニメでやった分に追いついたなぁ。このまま続きも出して欲しいところだけど、毎週金曜に新しいの出てたのが今週はなかったから止まるかもなぁ。

  • インデックスのあの頑張り方?
    っていうか!あぁいう感じに
    思い通りにしちゃう感じのって好き

    氷華・・・かわいそうなのかなでも、幸せでもあるよね、きっと

  • インデックスと美琴が初めて会ったり、遊んだり、バトったり、面白かったです。

  • 2010/04/25~2010/04/25
    星4

    やっぱ禁書目録はラノベとしておもしろい。
    禁書目録はストーリーは(アクション物的に)おもしろいけど、文構がなってないと思う。
    それだけ。

  • 終わりよければすべてよし。と感じた。
    内容自体はそこそこだったけど、終盤になってこれから物語の根幹部分の歯車が回り始めたようだった。

    「熱の生成・放出・呼吸。光の反射・屈折・吸収。生体電気の発生と、それに伴う磁場の形成。等など人間には機械で測ったら色々なデータが採れますよね?」
    「逆に、それら人間らしいデータが全て揃ったとしたら、そこに人間がいる事になりませんか?」-月読小萌

  • 今回まで全くの空気だった、インデックスが今回少し活躍してとてもうれしかったです。

  • やっと今回は少しインデックスが活躍して少し安心しました。

  • Thanks to I.N.

全59件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

鎌池和馬の作品

ツイートする