とある魔術の禁書目録(インデックス) (6) (電撃文庫)

著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.49
  • (78)
  • (100)
  • (278)
  • (19)
  • (1)
本棚登録 : 1718
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840229739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 微妙

  • この何重にも重なり合った謎がとても気になります。
    しかし、なぜこの主人公は不幸というのか幸せなのか。

  • 中二病最高♪ヽ(´∀`)ノ

  • アニメ放映におっつかなくなってきた…

    伏線はりまくっている気がどうするんだろうねこれ?

  • AIM拡散力場って発想はでてこなかったなぁ。
    超能力側の設定の深さに驚くね。
    大きな流れの始まりを感じさせる巻

  • 本当は読んだのは1巻です。

  • B++

  • 少女は”ともだち”だった。
    ただそれだけを胸に、今回も上条当麻は前に立つ。

  • 設定がややこしかったりするが、面白い。
    主人公がとにかく人を救いたがります。
    俺は一人も犠牲にしたくない!って感じで。
    インデックスの出番少なすぎやしませんか。

  • アレイスター=クロウリーキタ━(゚∀゚)━!!<br>
    有名人の登場に俄然興奮するhiRoさん。有名だよね?ね?<br>
    彼のもう一つの名はマスターテリオン。世界最高の魔術師ですよー<br>
    (アレイスターの飼ってた犬の名前がエセルドレーダ、だとかなんとか<調べた)<br> <br>
    今回は顔見せどころか顔も見せんかったけども、そろそろストーリーの全貌も明らかになってきてるし登場も近い?!<br>
    ワクワクします。そして相変わらず物語の進行速度超絶遅ぇぇぇ<br>
    イラストはネ申クラス。設定も実は緻密な雰囲気だったりするし、本気でヲタ向けラノベだなー

全59件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

鎌池和馬の作品

ツイートする