とある魔術の禁書目録(インデックス) (6) (電撃文庫)

著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.49
  • (78)
  • (100)
  • (278)
  • (19)
  • (1)
本棚登録 : 1718
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840229739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔術サイドと科学サイドが本格的に激突したのは初めてだったかな?
    今までは上条当麻という特殊能力者を境界に関節的な繋がりだったわけだけど、今回は上条当麻以外の場所で激突が始まっている。
    今までが相互不干渉だった勢力同士が接触を持つ事は波が激しくなる事が予想されるね。
    そんな中で上条さんはどんな風に進んで行くのかが楽しみだね。あまり変わらないだろうな。
    [more]
    学園都市の秘密が少しだけ開帳されたわけだけど、能力者研究よりも能力者自体が一箇所に集まっている事が重要だったとはね。
    つまり、学園都市は実験室のフラスコと変わらないと思うんだけど、どうだろうか?

  • 9/1の出来事。
    当麻を慕って?とある学園にやってきたインデックスと、そこで知り合った風斬氷華に纏わるエピソード。当麻もそれなりに活躍するが、今回は氷華にいろいろと持って行かれる。

    学園都市に潜む黒幕を知ることが出来る巻でもある。

  • おもしろかった.切ない.

  • 変わり者だけど魅力的キャラが多いです。「ガチでヒーローやん」と思える上条さんにはシリーズを通して脱帽です。毎度毎度、強大でチートな能力をひっさげて現れる敵にどう立ち向かうも興味がわきます。

  • 前読んだときよりも良かった。作者の膨大な知識があってこそ描ける世界。面白い。

  • 美琴とインデックスのからみが面白いです。
    なんだいい感じに息があってるじゃないかと・・・(笑)
    氷華はストーリの中核っぽい感じがしますが、まだまだ謎が多いですね。
    さて今後どう絡んでくるのか・・・?そこが楽しみです。

  • 特になし。

  • 風斬かわいい!
    教師の生徒に対する想いとか対応が、今回の巻では一番良かった

  • このシリーズ・・哲学的ですね。やっぱり。

    風斬ちゃん・・大活躍でしたね!
    でも消えてしまうのも切ない・・。
    きっと見守ってくれてるよね・・インデックスを。。

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

鎌池和馬の作品

ツイートする