カスタム・チャイルド (電撃文庫)

著者 :
制作 : 鈴木 次郎 
  • メディアワークス
3.81
  • (94)
  • (78)
  • (138)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 677
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840230278

作品紹介・あらすじ

「あー…そっか、もしかして俺しばらく音信不通だった?」『一周間。さすがに死んだかと思うだろ』そんなにたってたっけ。どうりで六月も終わるはずだ。-三嶋は友人の電話に起こされ、寝ぼけたままバスルームへと向かった。ふと、戸口に人の気配がし振り返ろうとした時、首筋にあてられた刃物の感触に全身が凍りついた。「動かないで。動いたら切れるよ」三嶋の前に突然現れた少女マドカ。三嶋の夏はこうして始まった-。第9回電撃ゲーム小説大賞"大賞"受賞作『キーリ』シリーズの著者、書き下ろし長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 基本的に壁井さんの世界観とか文の書き方とかは大好きだ。
    映画とかのカメラほど登場人物を客観的に見てるわけじゃないんだけど、でも登場人物の心情とかを克明に書き出すわけじゃないこの距離感がいい。
    こういう今の世界とはちょっと違う世界で、でもその世界の設定だけに頼って書ききろうとしてるわけじゃないところがすごく好き。
    違う世界での日常、っていうのか。
    これの前の作品のキーリとか、後の鳥籠荘にも通じるんだけど、壁井さんって無気力へたれがちょっとだけ自分のため(相手のためでもあるけど、それって自分のため)に頑張ってみるっていうのを書くのがすごくうまいと思った。

  •  舞台は1970年代に遺伝子産業革命が起こり、異常なまでのスピードで遺伝子工学が発展した現代日本。
     ノリとしては三嶋と少女マドカの心の交流を描いた作品だが決してそれだけを主軸にしているわけではなく、むしろこの物語の主軸は遺伝子操作そのものではないかと感じた。
     爬虫類マニアによって先天的にトカゲの鱗を持つことになった哲郎、親によって金髪碧眼に生み出された挙句気に入らないと捨てられたススキ、永遠の美しさを保つために遺伝子改造を行い続ける三嶋の母親。この他にも大勢の遺伝子改造に囚われた者達が登場する。彼らはただ日常の風景としてそこに存在している。私には三嶋とマドカの物語もその日常の一片に見えたのだ。

     三嶋とマドカの日常風景の鍵となっているアパートの4階にあるコンクリート剥き出しの殺風景な部屋。普通はそんな部屋に対して心を寄せたりはしないのだが、作中では陽さえ当たっていなければ床は冷たくて夏場はそれなりに過ごし易いと述べられている。そんな部屋に二人は寝転がって悠々自適に生活していたのだ。冬場はきついようだが、そんなことも気にならないぐらい二人にとっては心地良い空間だったのかもしれない。

     ただ、残念に感じたのは色々な要素が詰め込まれすぎていて、通して読んだ時に一つの話として認識しにくかったという事だろうか。とはいえ、色々と無理のある設定が多いような気がするものの全体的に好印象な作品だった。

  • 設定が面白かった。
    展開がなんとなく読めてしまったのが少し残念。

  • 遺伝子操作が自在におこなわれるようになった世界の物語。

    大学生の三嶋行祐(みしま・ゆきひろ)の部屋に、一人の少女が居候を始めます。彼女は、「ダーウィンズ・ヒル」グループのトップである総領家の娘・総領マドカのクローンC4でした。

    オリジナルの総領マドカが難病に倒れたため、C4の身体が利用される時が迫っていたある日のこと、C4は総領家からの脱走を試み、行祐のもとにたどり着いたのでした。

    こうして、行祐とマドカの共同生活が始まりますが、C4の行方を追う総領家の手が彼らに迫ります。行祐の知り合いでスラムで生活しているセイドウとメッキが、金一封欲しさにマドカの身柄を取り押さえ、行祐は総領家の長男・総領晴継(そうりょう・はるつぐ)に叩きのめされます。

    こうして、マドカの身柄は晴継の手に渡ることになりますが、晴継が行祐を傷つけたことを知ったマドカは、自分の身の危険を顧みず、いきなり晴継にカッター・ナイフを突き立てます。怒りに我を忘れた晴継に殴られて大けがを負ったマドカは、行祐に助けを求めます。行祐はマドカのもとに駆けつけますが、やがてマドカは命を落としてしまいます。

    こうして、C4の遺体は総領家に引き取られ、彼女の身体はオリジナルのマドカの病気の治療に利用されることになりました。ところが、マドカに移されたC4の身体は、行祐と過ごした日々の記憶を残していました。マドカはその記憶をたどって、行祐のもとに現われます。

    続編が出ていないので、行祐の母や、彼の親友のススキ家の問題が積み残されたままになっていて、少し残念です。

  • じぶんはじぶんだから
    じぶんに責任をもって
    いきたいなって
    切に感じた

  • いけない。
    年末年始の休みを良いことに、積み本がなくなってしまう。

    それはさておき

    この話はメディアワークス文庫で再版されたと認識しているけれど、それは稀な例であって、当時電撃文庫で出版された、ちょっとダークな、萌えみたいな物を含まない作品ってのは、多くそのままになっていると思う。ちょっとしたペーソスを感じさせるようなものというのも(この話を含め)あるけれど、そうは言っても、コメディではなく、普通にアクションだったり、ホラーだったり、SFだったりしていた感じ。それはそれで、顧客層がティーンエイジャーだからといって受け入れられないだろうと考えるべき物ではないわけで、なんで今のラインナップってああも偏っているのかな?という感じがするわけだ。
    そうでなきゃ売れないというのかも知れないけれど、なら、なんでそういうものしか売れないのかという疑問にシフトするだけで、ちっとも解決していない。
    ということで、全然、本編とは関係ない感想を抱いてしまいましたとさ。

  • 遺伝子工学が発展した近未来を舞台にした話。
    物語としての面白さは充分あるが、怖いというか気持ち悪くて受け入れられない。
    仮想世界とはいえ、神の領域だと思う。
    (図書館)

  • 完全無欠の☆5つ

  • すごく好きな題材でわくわくしながら読んでいました。

    しかしあまり題材を生かし切れていないかな、と思いました。
    異形の人たちのこととかそこらへんのことが中途半端になってしまったのが残念です。

  • なんか、大好きな作品。
    ラノベだし、都合いいなと思う部分もたくさんあるけど、好き。

全75件中 1 - 10件を表示

カスタム・チャイルド (電撃文庫)のその他の作品

壁井ユカコの作品

カスタム・チャイルド (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする