わたしたちの田村くん〈2〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : ヤス 
  • メディアワークス
3.57
  • (47)
  • (61)
  • (141)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 566
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840231527

作品紹介・あらすじ

松澤小巻。進路調査票の志望校欄に「故郷の星へ帰る」と書き続ける不思議少女。中学三年の夏、田村くんを魅了し翻弄し、その心をとらえたまま家庭の事情で遠方へ去る。相馬広香。孤高の美少女。でも少し寂しがりやの意地っ張り。高校一年の春、罵りあったり励まされたりした末、田村くんのファーストキスを奪う。そして奇しくもそのキスと同じ日、久しく音沙汰のなかった松澤から届いた一通のハガキが波乱を呼ぶ-。はたして三人の恋の行方は!?おかしくてちょっと切ない、あなたのツボにくるラブコメディー第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本当に宇宙と交信?! と疑ってしまった一通のはがき。
    そしてクラスメイトで友人だったはずの彼女とは?

    中学校の時の好きな人は? という状態です。
    リアル二股?
    いやでもこの年頃です。
    近くにいなかったら…は、大人よりもすごいはず。

    嘘をつくのがいけない事だとは思いますが
    とっさの判断、ちょっと納得です。
    なんか最後、締まらない状態で終わりましたが
    一応一件落着。
    まぁ頑張れよ、という感じでした。

  • うまく(綺麗にとは言い難いかも)収まりつつも、未来への熱情も失わずに済んだ普通の三角関係物語。◆すれ違いの責任が誰にもない点が、物語に感情移入させる上で効果的。中高で遠距離になった恋人関係が続いていくのは、実際は相当大変。大人でも乗り越えにくいのに、まして高校生くらいでは…。◆「とらドラ」「ゴールデンタイム」のように、著者の真骨頂は、緩急のついた心象描写。特に悲しみや焦燥の細やかな描写にあるが、処女作でもいかんなく発揮。◇多分稚拙な部分もあるだろうが、著者の描く物語は好きなんだなと再確認させられた作品。
    ◇書かないことの価値を思えば、本作がここで終幕したのは正しい選択のように思える。

  • 読み終えて、松澤も相馬もすごく素敵なヒロインであった。
    田村くんだって、きっちり状況を整理して、答えを出しているんだ、十二分に男前だ。

    この作者のお話は、「とらドラ!」「ゴールデンタイム」と読んで、この「田村くん」に辿り着いたのだけど、余計な要素が省かれた内容の長さゆえに、ラストの疾走感は、この田村くんが一番だと思う。

    欲を言えば、もう少し松澤の話のボリュームがあればとも思うし、巻末の妹の話をその分に回せればもっと良かったと思うけれど、(前巻よりもつまらなくなっていて切ない妹編)今となっては今更か。

    なにか超次元な何かが起きる話ではない、地味な話ではあるけれど、ストレートなラブコメものを欲しているなら読む価値はあると思う。全二巻と短いし。もうちょっと読みたいのに!と思わせる面白さが小憎い。

  • ラノベの中でも一位だと思うんだけど。
    できれば続編とかもしてほしい。

  • 妹の話は良いから松澤さんの話増やしてくれ

  •  2巻で終わってしまいましたけど、まとめ方mこ個人的にはとても良かった。 この人の作品は、機会があれば読んでみたいなと思ったきっかけの作品でもある。

  • 相馬とキスをした日に届いた松澤からの手紙。
    揺れる田村、どっちに転ぶのか、どっちにも転ばないのか!!

    というわけで、田村くんシリーズかこれで終了です。

    主人公なりヒロインの描写が増えるともっと感情移入しやすかったのかな。
    でも文章は面白い。爽快に読めて、しかも笑える。
    さすが竹宮さん!!

    これがとらドラの前だと考えると、
    この作品をもっともっと丁寧に書いたのがとらドラなのかな。

    とらドラ好きなら読んで損はない・・・かもしれない(笑)

  • だから相馬の方がいいとあれほd(ry

    やっぱりゆゆこ氏の作品は面白いね。

  • 主人公の行動が意味不明すぎて途中読んでいていらいらしてしまった。
    しかし、お守りの中身に気付いた後からがありがちながらも個人的には好きな展開だったので落ちは良かったと思う。

    相馬は良い子だな・・・

  • ストーリーがラノベ的にありきたり
    といえばそうだが、だからこそ、
    典型的にいいラブコメに収まっている。

全26件中 1 - 10件を表示

わたしたちの田村くん〈2〉 (電撃文庫)のその他の作品

竹宮ゆゆこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしたちの田村くん〈2〉 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする