Murder princess 1 (電撃コミックス)

著者 : 犬威赤彦
  • メディアワークス (2005年9月27日発売)
3.16
  • (5)
  • (3)
  • (40)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :122
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840231602

Murder princess 1 (電撃コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1

  • 打ち切りっぽい終わり方が最悪。

  • 短いけどまとまってていい感じ☆戦う女の子は好きですよww 〈全2巻〉

  • 最凶かつ最強の賞金稼ぎファリスが、フォーランドの姫様と頭から激突。<br>
    その拍子に魂が入れ替わってしまい、ファリスが姫「アリタ」としてフォーランドの領主に――…的な。<br>
    MURDER PRINCESS(=虐殺姫)

  • この本は、昨日の記事に書いた「こみっくパーティー」と同時購入した物です。購入後、調べたら、犬威赤彦氏の最新シリーズなようです。
     感想ですが、「幻想主義」の後書きに書いているように、好きなファンタジー物を描いている感が現れている作品だと思いました。
     世界観設定が、旧世界の方が科学が進んでいたり、偶然魂が入れ替わるなどと王道なのが反っていいです。ファンタジーに意外性など要りませんから。
     この作品を気に入った点は、長尾景虎の佩刀が出てきたり、ファリス(姫バージョン)の剣舞のような戦闘シーン、犬威赤彦氏のつり目キャラなどですかね。
     又、この漫画が原作となったOVAが発売されているということで、衝動的に注文してしまいました。届くのが楽しみです。自分のPCの壁紙は、現在MURDER PRINCESSアニメ公式サイトからダウンロードしたものを利用しています。

  • 賞金稼ぎと姫様が入れ替わるお話、次の巻に期待!

全7件中 1 - 7件を表示

Murder princess 1 (電撃コミックス)のその他の作品

犬威赤彦の作品

Murder princess 1 (電撃コミックス)はこんなマンガです

ツイートする