我が家のお稲荷さま。〈5〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 放電映像 
  • メディアワークス
3.32
  • (16)
  • (26)
  • (117)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :386
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840231756

作品紹介・あらすじ

クリスマス。高上昇は、赤城高校のアイドル的存在・宮部紅葉から、自宅で催すミニコンサートに誘われた。それを目撃した佐倉美咲は、心中とっても複雑に。体育館裏でプチブルーになっていると、背後から超美男子に声をかけられた。テンコ・クーゲンと名乗るカレから、なんと『惚れ薬』なるものを授かって…!?そんな中、謎の都市伝説が鈴ノ瀬を賑わせていた。『灰色の狼人間』が、町の住民を襲っているのだという。そして、とある使者が、三槌家当主である昇の許にやってきた…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書録「我が家のお稲荷さま。5」3

    著者 柴村仁
    イラスト 放電映像
    出版 電撃文庫

    p49より引用
    “ 小瓶の中の液体の色は、実際そんな感じ
    の色なのであったーー良く言えば『効きそ
    う』な、悪く言えば『まずそう』な。”

     霊力を持つ血筋の少年とその守り神を主人
    公とした、和風ファンタジーライトノベル。
     主人公・昇が通う高校で、学務員をしてい
    る狐の妖怪・拝。夜の見回りの最中、不審な
    落とし物を拾いつつ向かった先には…。

     上記の引用は、天狐・空幻が主人公・昇に
    想いを寄せる女生徒に渡したクスリについて
    の解説。
    良薬口に苦しを、見た目から行く薬のようで
    す。最近は口に美味しいものばかりのようで
    すが、昔青汁は不味くて当然でしたよね。
    CMでも不味いと言っていた、そんな昔ながら
    の青汁のような薬だそうです。
    美味しい青汁は飲みやすいでしょうが、口に
    美味しく作るためには、不必要な成分を沢山
    入れてあるのではないかと、思ってしまうの
    は私だけでしょうか?
     狼人間に関する話となっていますが、あん
    まり緊張感もなく、全体的にのんびりしてい
    るのは、主人公の人柄でしょう。

    ーーーーー

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    クリスマス。高上昇は、赤城高校のアイドル的存在・宮部紅葉から、自宅で催すミニコンサートに誘われた。それを目撃した佐倉美咲は、心中とっても複雑に。体育館裏でプチブルーになっていると、背後から超美男子に声をかけられた。テンコ・クーゲンと名乗るカレから、なんと『惚れ薬』なるものを授かって…!?そんな中、謎の都市伝説が鈴ノ瀬を賑わせていた。『灰色の狼人間』が、町の住民を襲っているのだという。そして、とある使者が、三槌家当主である昇の許にやってきた…。

    【キーワード】
    文庫・ライトノベル・ファンタジー・妖怪・アニメ化

    【映像化情報】
    2008年4月-9月にアニメ化
    出演:ゆかな・中村悠一・水島大宙 他

    ++1

  • ☆3.3
    「灰色の狼が街に出る」という噂話。

  • 昇兄ちゃん女難の巻。……というか冒頭からひどい目にw
    今回は割と展開が読みやすい感じだったので、キャラの心理描写に注目して読めた感じ。クライマックス後の兄ちゃんの見せ場は良かったと思う。
    兄ちゃんメインだったので、透は今回出番少な目。思わぬ人がゲスト出演(?)だったのは読者に人気があったのか、作者に気に入られたのか。

  • 「灰色の狼人間」の巻。今まで複線的に出ていたキャラクターが動く。

    定番的な流れがよかった。

  • 親の気をひくためにだだをこねるという話はすたれないですね。

  • アニメのほうがラストスマートだったような気がするようなしないような。もう御前の声と宮部さん麗しいとしか憶えてないしな。

  • 佐倉さん素敵!!
    久々に当主様メインでした~
    女難の相だなんて…モテてうらやましいかぎりです。
    佐倉さんがんばれ~

  • 紅葉本領発揮
    某巻に登場した宮部紅葉の正体が明らかに
    その後、彼女は…

    しかし俺は美咲を応援する

  • おもしろいんだけど、風呂場に落としてふにゃふにゃに……。

全21件中 1 - 10件を表示

柴村仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする