かしまし 2―ガール・ミーツ・ガール (電撃コミックス)

  • メディアワークス
3.39
  • (13)
  • (12)
  • (66)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 254
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840231855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あかほりさとる原作、桂遊生丸作画による"かしまし~ガール・ミーツ・ガール~"の第2巻。2006年1月から3月までTVアニメも放送されました。突然、少年から少女になってしまったはずむと2人の少女とまりとやす菜との三角関係が描かれます。1巻に引き続き微妙な三角関係が上手く描かれてます。1巻がやす菜推しだったためか、2巻はとまり推しになってます。しかし、なんと言ってもあゆきです。彼女の存在がストーリーを引き締めています。ラブコメだけど、おかしな暴走もなくとても良い感じにお話が進行しています。

  • これも最新刊まだ読んでない。
    とまりちゃああああああんってなかんじでとまりが好きです。ツンデレ!
    はずむはどうなってしまうのでしょう。

  • 1巻よりも作画さんも手慣れてきた感じ。アニメと少し違った箇所もあって楽しめました。はずむがやす菜ととまりのどちらを選ぶのかが気になるー。

  • 1巻は普通に面白いかな〜くらいだったのですが…2 巻 破 壊 力 高 い で す 。

  • <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840229554/aaaa0d5-22/ref=nosim/" target="_blank">
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/f/b/fb59804c.jpg" width="120" height="173" border="1" alt="amazon link" hspace="5" class="pict" align="left" /></a>
    <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840231850/aaaa0d5-22/ref=nosim/" target="_blank">
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/b/0/b076e167.jpg" width="120" height="172" border="1" alt="amazon link" hspace="5" class="pict" align="left" /></a>
    <br clear="all">
    <p>アニメ化(2006年1月〜)って事なのと、2巻まで出てるって事でとりあえず買ってみた作品。コミック帯の「女の子になっても僕は彼女が好きです」という意味深なキャッチコピーにも魅かれた訳ですが、読んでみると非常に面白いことが発覚。作画の桂さんの絵がほのぼのとしてて可愛いよ〜。ちょっと変わった主人公を巡る恋の多角関係に目が離せません。あかほりワールド全開の一冊です。
    </p>
    <br clear="all">
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/b/b/bb2191cf.jpg" width="200" height="256" border="1" hspace="5" class="pict" align="left" />
    <br clear="all">
    <p>主人公の「はずむ」は宇宙人との接触により体が本当の女の子になってしまった。
    <br>性別変換ネタの漫画はよくありますが、大抵その変化に対する騒動や環境の変化にスポット当ててるのが多い気がします。
    <br>この漫画もそうなのですけど、「はずむ」の性格が元々女の子っぽいという設定なのが効いていて、
    <br>女の子の体になったからあんな事やこんな事が・・・ウハウハ。
    <br>ってな展開にならずに純粋に女の子に変わってしまった心情が垣間見れる所が面白いです。
    </p>
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/3/c/3c4a6a94.jpg" width="300" height="214" border="1" hspace="5" class="pict" align="left" />
    <br clear="all">
    <p>「女の子なんだからブラくらい着ける」と言われ購入。
    <br>なにげにアンダー70の<strong>「Cカップ」</strong>な「はずむ」君。
    <br>出てくるキャラの中で一番でかい(勝手に計測)ってどうなのよ。
    </p>
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/4/7/474896e6.jpg" width="300" height="386" border="1" hspace="5" class="pict" align="left" />
    <br clear="all">
    <p>「はずむ」が男の子の時から好きだったのが「やす菜」。
    <br>彼女は小さい頃から男性の顔が見えない体質のために恋愛なんて出来なかった。
    <br>そんな彼女が初めて意識できた男性なのが「はずむ」だったけど、
    <br>女の子になっちゃった事で事態は思わぬ方向へ・・・
    <br>
    </p>
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/8/8/88ea22f9.jpg" width="300" height="359" border="1" hspace="5" class="pict" align="left" />
    <br clear="all">
    <br>
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/7/3/73b20afd.jpg" width="300" height="254" border="1" hspace="5" class="pict" align="left" />
    <br clear="all">
    <p>メインヒロインの1人である「とまり」。
    <br>「はずむ」の事が好きだったのに、男勝りな性格上その事を言えずに世話を焼く
    幼馴染の関係以上にはなれなった。
    <br>「はずむ」が女の子になってしまった事で複雑に揺れ動く気持ちに完全にヤラレタ・・・
    <br>幼馴染で貧乳、まさにツンデレの大道(個人的にツンデレ=貧乳のイメージがある)
    <br>アニメではCV.田村ゆかり嬢ということで、さらに萌え度アップですよ。脳内変換はバッチリです(笑
    </p>
    <img src="http://image.blog.livedoor.jp/mayataka0502/imgs/a/f/af473007.jpg" width="350" height="344" border="1" hspace="5" class="pict" align="left" />
    <br clear="all">
    <p>第2巻には「はずむ」君のサービスカット満載ですよ。
    <br>さすがに<strong>はだエプ</strong>・・・はないわな。
    </p>

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

愛知県出身。小説家、漫画原作者、アニメの脚本家などマルチな才能を持つ。代表作は『NG戦士ラムネ&40』『爆れつハンター』『サクラ大戦』など有名タイトル多数。

「2013年 『月嶋教授の“世界の成り立ち”を考える ②』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あかほりさとるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×