終わりのクロニクル〈7〉―AHEADシリーズ (電撃文庫)

著者 :
制作 : さとやす 
  • メディアワークス
4.06
  • (90)
  • (25)
  • (76)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 507
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (1091ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840232401

作品紹介・あらすじ

2nd‐Gの概念下で命刻の攻撃を受け、危篤状態に陥った新庄…。一方、その命刻は詩乃を抱え、かつてTop‐Gで新庄の両親が作り上げた、概念創造機械ノア=バベルへと向かった。そして、マイナス概念の活性化により、全てが喪われる運命の日-。佐山たち全竜交渉部隊は、己の全ての力と想いを込め、最後の戦闘を開始する!果たして、彼らは滅亡の危機から世界を救うことができるのか!?全竜交渉は、未来への道を拓くことができるのか!?オールキャストが揃い、「終わりのクロニクル」、遂に感動の完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んだ―!

    分厚く重かったけど、苦にならないほどの内容でした!
    ただ、これだけの分厚さはあれどまだまだ読み足りないし、知りたいと思う過去があるなと
    (出雲/風見の出会いとか、大城・到の言う「先輩」であり、Sfが"誰の代わり"だったのか、などなど)。

    新庄君がよく死にかけたり、メインキャラは当然のこと、名も知れぬサブキャラ達まで熱かったり、まさか学校の生徒達が全てUCAT関係者だったり(そういえば以前ディアナが「よくこんなに集めた」とか言ってたような?)、正直この厚さのモノに感想書こうとすると文字数も文章力も足りないのがもどかしい。

    "・――佐山と新庄の意思は、永遠に共にある。"結局はハッピーエンドで終わり満足できる読了感を味わうことが出来ました。

    ラストに素直にデレる佐山は卑怯で全部持ってかれた感もありますが。

    それにしても、最後に少し出た「英雄院」という孤児院は一体誰が建てたものなのだろうか(ハジさん?)
    あと、1巻上冒頭の場面はいつにあたるのかね(最終決戦後?)

  • 言おう

    佐山の姓は悪役を任ずると!
    ────我、この行いと後世に一切の後悔無し!
    ────我、この行いと先達に一切の懺悔無し!
    ────我、この行いと、かつてといつかに対して一切の躊躇いなし!!
    佐山の姓において世界に命ずる!!


    ────世界よ


    我の望むままに動くといい!!

  • シリーズ最終巻。
    2巻分のボリュームをむりやり1巻にまとめたみたいな分厚さ。
    初めて読んだとき、作品内と現実で日付が一緒だった。
    夜中、クライマックスへと読み進みつつ、時計を見る。
    今、実はどこかでこいつらが、とか想像したりして。
    ・・・テンションの上がりよう、半端なかった。
    これ以降、境界線上のホライゾンが出るまでの間、都市シリーズを探して本屋を駆け回ったのが、よい思い出。

  • 4840232407 1091p 2006・3・25 3版

  • やっと読み終わりました!分厚いけど読むのが止まらない!ぶっ続けて読むと手が固まって痛い;

    1巻を初めて読んだのは今から5年くらい前。その時は5巻下まで読んでストップ。その後も3巻くらいまでをうろうろと何回か読んで、やっと読み終わりました。
    境ホラⅣ下までの時間つぶしのはずが、境ホラ放置になるくらい集中してしまった。
    小ネタが被ってたりで何か嬉しい。
    (・ω・)bとかね?

  • たくさん笑い・涙・燃えさせていただきました。特にこの7巻だけで何度ゾクゾクさせてもらったか。本当のオールキャストだった最終決戦は怒涛の展開でシビれるシビれる。御言が駆け抜けていくシーンからラストにかけてはいろんなキャラが出てきてホントに世界を賭けた一戦だなと感じられてもう。ちょいちょい挟まる笑いもよかった。それぞれのキャラクターが非常に魅力的な作品でした。軍の面子、特に竜美はあまり好きになれなかったけど、大団円に加われてスッとした。

  • よかったよかった。
    よかったよかった!!
    去っていった人たちにはなんかやっぱり涙も出るけど。うう……。至さんなにあれここにきて……。
    至さんって、やっぱり由紀緒さんを大事に思ってた、の? で、いいのかな? 違うの? だから裏切られたと思ったときに一番憤ったのかなあと思ったんだけど。

    しかし厚さも半端ないけど熱さも半端ない。
    概念解放での各Gのまだ描かれていなかった過去とか、決意とか、そんなのはもう興奮するしかないよね……!
    なにより3rd-Gがひどかった。おまえ……ここにきてお前……!! ああいうの弱いんだってば……!

    ラストでこれからへ向かって駆ける二人の前に現れたいつかのひとたちはなんかいろんな意味で反則だと思いました。ああいうの弱いんだって……!!(二度目)

    よく考えたら、新庄三途の川渡りかけてたのに一晩中とかすごいなあ。
    あと新庄の体は、「切から変わるのが少し遅れてる」って言ってたし、もしかしたら運の体が必要な間は、体も切り替わらないのかもしれないですね。

    佐山が成したいことってなんなんだろう。

  • 泣いた

  • バイブルです。

  • このボリューム。
    そしてそれに恥じない読みごたえ抜群な
    内容。
    すべてが壮大です。
    そして終わりもそれ相応に決まっています。

    確かに好き嫌いは分かれる文章でしょう。
    それ以前にどえらく長いですしね。

    でも最後、自分だけできることをして
    命を散らしていった一人の青年や
    主人の死により機能を停止した
    一体の忠実な自動人形…
    それにはもはやううっときてしまいました。

    満足であります。

全21件中 1 - 10件を表示

プロフィール

第3回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞

川上稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

終わりのクロニクル〈7〉―AHEADシリーズ (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする