想刻のペンデュラム〈2〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 石田 あきら 
  • メディアワークス
3.08
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840232791

作品紹介・あらすじ

"怒りの日(デイエス・イレ)"より三週間。平穏が戻ってきたかに思えた街に蠢く影があった。人の魂を喰らう蛇、カドケゥスが生き残っていたのだ。聖骨をその身に宿す降旗洸、"調停者レビ"三刀沙夜、"アシェルの猟犬"菜摘絢は追跡を開始する。一方、"ガド"の覚醒郷(カナン)解放を目指す恢国騎士団もカドケゥスの回収を狙う。騎士団に身を寄せる天使・サリエル、さらにはサリエルを敵視する騎士団員・七枷壬琴も参戦。サリエルと沙夜との確執、血の繋がりを喪ったかれんの兄への想いも絡み、振り子は揺れる-。伝奇アクション第2弾登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “怒りの日(デイエス・イレ)”より三週間。平穏が戻ってきたかに思えた街に蠢く影があった。人の魂を喰らう蛇、カドケゥスが生き残っていたのだ。
    聖骨をその身に宿す降旗洸、“調停者レビ”三刀沙夜、“アシェルの猟犬”菜摘絢は追跡を開始する。一方、“ガド”の覚醒郷(カナン)解放を目指す恢国騎士団もカドケゥスの回収を狙う。騎士団に身を寄せる天使・サリエル、さらにはサリエルを敵視する騎士団員・七枷壬琴も参戦。
    サリエルと沙夜との確執、血の繋がりを喪ったかれんの兄への想いも絡み、振り子は揺れる―。
    伝奇アクション第2弾登場。

    (読了:2008/11/29)

全2件中 1 - 2件を表示

鳥生浩司の作品

ツイートする