GUNSLINGER GIRL 6

著者 :
  • KADOKAWA
3.61
  • (71)
  • (85)
  • (205)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :1107
  • レビュー :32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840232906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジャン・ジョゼ兄弟の過去が出てきたり、義体二期生のペトルーシュカと担当官のアレッサンドロが登場したりと、おそらく転換期を迎えた6巻。
    エンリカとジャンの会話とその後のジョゼとヘンリエッタを見ると、本当に歪んでしまっている兄弟はジョゼとヘンリエッタであることに気づく。
    義体に明るい性格のペトルーシュカが加わることで、切ないだけでない話を描けるようになり今後がますます楽しみになった。
    今後ともペトルーシュカには活躍してもらいたい。
                          

  • ジョゼとジャンの過去……妹のエンリカ。
    第二期生……もとバレリーナのペトルーシュカ、と、赤髪を避けたい色男アレッサンドロ。

  • 第29話〈Fantasma〉…亡霊

  • おさない少女からとうとう少女型の第二世代が登場。

  • うーん……公社の女の子達は、人間なのか、人形なのか、兵器なのか、はたまた奴隷なのか……?

  • ペトラ&アレサンドロ登場、良いコンビじゃないかと
    まだ途中ですが、続けて買ってみようかと
    帯の台詞は深いなあ、と思います
    アレサンドロの言うとおり壮大でした(笑)

  • 「名前も記憶も 顔さえも捨てて、このエリザヴェータの魂はどこに残るんでしょうね」

    節目の巻なのかな。悲劇ではあるけど、これまでの悪趣味な感じがない。1冊のほとんどを費やしただけあって、新フラテッロも一期生に負けないくらい魅力的でカッコいいコンビになった。

    全てを失った少女が、全てを捨てて新たな生を得た。果たして過去の全ては無為に帰してしまったのか。義体ペトルーシュカと担当官アレッサンドロ、これまでとは違う前向きな雰囲気のこのフラテッロならどんな答えを出してくれるのか。素直に今後が楽しみだ。

    ジャンさん、仕事じゃないときは割と人間味のある人なんだね。

  • ペトラかわいい! そしてジャンリコがやばい泣ける

  • 2期生登場。ペトラかわいいよ。アレサンドロもうそりゃ入れ込むわな

  • 序盤はジャンとジョゼのエンリカ話。
    そして義体二期生としてアレッサンドロ、ペトラのストーリーになる。
    一期生よりもかなり念密に話が作られており、ヘンリエッタやリコが後半すっかり空気になっちまうのが残念。

全32件中 1 - 10件を表示

GUNSLINGER GIRL 6のその他の作品

相田裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
相田 裕
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
有効な右矢印 無効な右矢印

GUNSLINGER GIRL 6を本棚に登録しているひと

ツイートする