断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)

著者 : 甲田学人
制作 : 三日月 かける 
  • アスキー・メディアワークス (2006年4月1日発売)
3.59
  • (119)
  • (145)
  • (318)
  • (18)
  • (4)
  • 本棚登録 :1313
  • レビュー :144
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840233880

作品紹介・あらすじ

曰く、この世界に存在する怪現象は、全て"神の悪夢"の欠片である。この悪夢の泡は人間の意識に浮かび上がると、急速に人の恐怖や悪意や狂気と混ざり合う。そして、現実世界を変質させながら溢れ出し、悪夢の物語を作り上げる。だが、浮かび上がった悪夢の泡が非常に大きかった時、個性が希釈されて物語の『元型』に近くなる。明示的、暗示的、様々な形で『昔話』や『童話』のエピソードに似たものになる-。普通であることが信条の白野蒼衣と、過去を引きずりつつ悪夢と戦う時槻雪乃。人間の狂気が生み出した灰かぶりの悪夢の中で出会った二人が辿る物語とは-!?鬼才が贈る幻想新奇譚、登場。

断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。
    やっぱり痛い!痛い痛い痛い!!

    蒼衣の接し方が新鮮でした。
    最初はぶっきらぼうな男の子な感じの語尾だったんだなー。

    もしかして
    「白」野、「雪」乃、颯「姫」で
    伏線だったー、とか。
    ないか。

  • 変った設定で面白い。

    この小説を読むと、自分の判っていることを、他者に説明することの難しさが良く判るような気がする。
    実に特殊な設定なので、説明回だけの話では、全部を理解することが実に難しい。
    主人公が読者立場の「何も判らない人」側に立って、説明を受けるタイプの話だが、最初と中盤の説明だけではとうてい全てを納得出来ない。
    とにかく、まず読者に何を理解させるのか、から入る小説なのだろう。
    設定が凝っている半面、文章がちょっと……失礼ながら、つたない感じがしないでもない。こう、途中で読み手の気持ちを切らしてしまうところがちらほら。
    ま、集中力が足りないのだ、と言われるなら、実際にそうなので否定はしない。

    ゲーム、ペルソナ2までが好きな人は、好きなタイプの小説だと思う。

    テーマは、世に存在する怪異は、ごみ箱(集合無意識)に神様が捨てた、神様が見た悪夢である。

  • 全17冊完結。
    痛さ、気持ち悪さで並ぶものなしのライトノベル。
    時槻雪乃が好き。こんな、張り詰めていて、孤立して、苛烈な美少女の支えになりたい。

  • おもしろかった。確か談話室でホラーで紹介されてたのかな?確かにラノベにしてはグロイ表現が多く、そしてうまい。あと、ラノベにある無理くりな設定に上手に意味付けしてる。この作者さん、ラノベから出たら大化けするんじゃなかろうか?

  • Missingまでは読んでいたけどこちら未読だったので。

    すごい、これがラノベか…というくらいの設定(笑)
    いやMissingも後半はだいぶ厨二病くささが満載だったけど、これはもうまさにといった感じ。
    非日常。
    んなアホなwって言いたくなるような←
    Missingは確かに登場人物に凄く厨二病的なものは感じたけど、設定として日常がまだ近いものに感じられたからなのかもしれない。
    これはもうファンタジーに近い。
    確かに作者もあとがきでメルヘンと言っているのでそうなのかなぁ。

    でも、象徴とかシンボル学なんかは好きなので、そういう意味では面白いかも。

  • う~~んう~~~ん

    童話モチーフはすきだけど・・
    神様(?)の悪意が人間の悪意やなにかとくっついて悪夢がグロくて童話モチーフで
    トラウマを力にしてたたかう!
    って話だった

    よくわからない・・

  • 『断章のグリム』シリーズ第1巻。

  • 読みやすさはいい。
    でも、しっかり想像するとグロい。
    ちゃちゃっと読む線でいこうかな。

  • 童話をモチーフにしたホラー。描写が生々しくて、ホラー好きとしては非常にゾクゾクする。しかしイラストがイマイチなので若干損をしていると思う。薄っぺらいラブコメをあざとい萌え絵で包んだだけの最近のラノベとは、良くも悪くも正反対。

  • これも気になりつつも手をつけられていなかった作品の一つ。
    個人的に好きな要素が散りばめられていて面白かった。

全144件中 1 - 10件を表示

断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)のその他の作品

甲田学人の作品

断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)に関連するまとめ

断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする