天空のアルカミレス (電撃文庫)

著者 :
制作 : 純 珪一 
  • メディアワークス
3.19
  • (5)
  • (10)
  • (23)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 83
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840233972

作品紹介・あらすじ

繁栄を謳歌する人類文明の陰で、静かに歴史に埋もれていくはずだった闇の眷属-"獣"。だが何者かがもたらした"戦器"が、彼らの運命を変えた。本来の力と本能を取り戻し、再び人を狩る存在となったテリオンを前に、人類に為す術はなかった-。篠宮拓也は、兄妹同然に育った礼菜と共に私立東堂学園に通う平凡な高校生。だが転校生・久慈日向子に心惹かれたときから、彼の日常は崩壊してゆく。街に跳梁するテリオンの陰、そのテリオンを追っているという日向子-。そして失われていた幼い日の記憶を拓也と礼菜が取り戻した時、運命の輪は回り始める!アクション・ホラーシリーズ第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙+あらすじ読み購入。

  • 全5巻読破

  • こういうライトノベルあったなといったような。

  • 続いてるんだ…(がーん)

    08'6'6

  • 三上延氏+純珪一氏作品第二段。
    今度はなんとヒーローものだ、と言わんがばかりのアクション作品。黒い部分がかなり薄まってしまっていますがきのせいです、たぶん。

  • 07/1/15/Mon

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

天空のアルカミレス (電撃文庫)のその他の作品

三上延の作品

ツイートする