月の盾 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 室井 麻希 
  • メディアワークス
3.43
  • (10)
  • (14)
  • (33)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 126
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840234320

作品紹介・あらすじ

妹の小夜子が事故でこの世を去った八月十五日は、アブラゼミがうるさく、怖いくらいに日没が赤い、まるで世界が焼かれていくような夕方だった。そして、五年後の小夜子の命日。同じように夕陽で赤い空を、雲がせわしなく流れていく。周囲がアブラゼミの鳴き声に包まれる。なにか、予感めいたものがあった。驚くほど暗く、常にざわざわと不穏な音を奏でる森の中、上りかけた月の光が優しく降り注ぐその下に、小柄で美しい少女は座っていた。「-あなたは…だれなの?」少女の声質は小夜子と似ていた-。日没になると必ず眠る少女国崎桜花は、決して小夜子の代わりではなくて-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天才がスランプを乗り越える王道なのに、読んでて面白かった。
    人を自殺に追い込むことも、希望を与えることもできるだけの才能を持って生まれるというのは、きっと私達には想像もつかないような苦労があるのかな、と。
    色彩が認識できないからこそ認識できる彼女の世界を見てみたい。
    でも、白と黒だけで構成された世界というのも興味はある。
    人の精神に影響を及ぼすような彼女が描いた絵を見てみたいと思った。
    ライトノベルなのに全然ライトじゃなかった。

  • 主人公の絵と同様に、希望の光を灯してくれる作品です。少し挫けそうになったときに、勇気づけられます

  • この本は挿絵なしのハードカバーで売ってほしい!
    良い本だからきっと売れるはず。
    天才少女画家の誕生、失墜、再生の話。

    初めて読んだ当時、悩みがストーリー内容にドハマリしててぼろぼろ泣いたのはいい思い出。

  • 1巻完結。桜花は「護くん」シリーズの絢子に境遇が似ている。

  • ヒロインの描く絵画の表現がとても美しく、それ故想像は難しかったのですがつい読み耽ってしまいました。内容的には従来のラノベと変わらん

  •  ストーリーの中核をなす桜花というキャラクターが魅力的で、桜花の性質そのものが作品としての良さを生みだしている。とくに桜花がなぜ絵を描くか、そして作中で描けなくなったとき、それをどう乗り越えるか。そういった場面の書き方が丁寧で、文章として表現しにくい『絵』もすんなり受け入れることができた。
     全体的に必要以上にドラマを演出しているところが多々あり、それが冗長になっている場面では手が止まりかけたが、読み終えてみると、そういった冗長さも桜花という少女を書くためには必要だったのだろうと納得した。
     プロローグから想像できるほど謎らしい謎もなく、刺激を求めるうえでは退屈かもしれないが、一巻読みきりものとして十分に素晴らしい作品だろうと思う。

  • あらすじを読んで予想していた内容と違った。
    妹と同い年の天才画家少女の話。
    クライマックスの自殺未遂が全てを安っぽくさせている。
    お涙頂戴が残念。

  • キレイで哀しいお話でした。
    某所でラノベ大賞2006年上半期をやってて、
    その中で評判よかったので読んだら
    うん、よかった。
    全色盲の少女が描く絵が人々に様々な影響を与えていくお話。

  • 絵がちょっとなあと思いつつ題にひかれて手にとってみた。

  • Thanks to I.A.

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年12月13日生まれ。広島県出身。『灰色のアイリス』で小説家デビューし『護くんに女神の祝福を!』で念願のアニメ化を体験。現在『叛逆のドレッドノート』を執筆中。

「2018年 『ミニチュア緒花は毒がある。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩田洋季の作品

ツイートする