ラキア (電撃文庫)

著者 :
制作 : 久麻 
  • メディアワークス
3.20
  • (1)
  • (15)
  • (33)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840234450

作品紹介・あらすじ

その日。高校生の水戸貴壱は、セットした覚えのない目覚まし時計で起きた。ダイニングに降りると、何故か昨日とまったく同じ日が始まっていた。不審に思った貴壱は、「同じ日を繰り返している」ことを周囲に話すが、まったく相手にされない。困惑しつつも学校に登校するが、やはり状況は変わらないまま。そして、次の日も「昨日」と同じだった。そんな中、貴壱の同級生・上木麻衣も自分と同じ境遇であるらしいことが分かり…。リピートし続ける世界に巻き込まれた、男の子と女の子の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイム・ループに巻き込まれた少年少女たちの短編集。タイムループそのものが主眼ではなく、その状態に陥った人間の反応がメインのようだ。全体的に今ひとつ盛り上がらず、展開の「山が低い」と感じてしまう。

  • エンドレスエイトではありません。

  • 一日だけループするようになった男女の物語が4篇収録されている。表紙の女の子はどの物語でも登場し意味深なことを話し主人公らに絡む。
    ループものなら、もっと面白い作品が世の中にはある。

  • すごい面白かったです。
    自分も体験してみたいです。

  • その日。高校生の水戸貴壱は、セットした覚えのない目覚まし時計で起きた。ダイニングに降りると、何故か昨日とまったく同じ日が始まっていた。
    不審に思った貴壱は、「同じ日を繰り返している」ことを周囲に話すが、まったく相手にされない。困惑しつつも学校に登校するが、やはり状況は変わらないまま。そして、次の日も「昨日」と同じだった。
    そんな中、貴壱の同級生・上木麻衣も自分と同じ境遇であるらしいことが分かり…。
    リピートし続ける世界に巻き込まれた、男の子と女の子の物語。

    (読了:2008/07/??)

  • 同じ日を何度も繰り返している。けれどそのことに気づいているのは自分だけ。…という誰もが思いつきそうなファンタジー王道な設定なのですが、これが面白い。ありきたりな設定なはずなのに引き込まれている。面白い小説です。

  • 4話の短編集。
    共通するところとしては、7月1日を何度も繰り返す世界「リピート世界」に
    迷い込んだという設定は変化させず、世界観を同じにして登場人物を変え、
    話の主人公達に謎の黒衣の少女が毎回接近し、アドバイスをしてくれる所。

    面白かったですね。俗に言う大絶賛って奴です。
    続編も書いているそうなんで期待です。

全9件中 1 - 9件を表示

ラキア (電撃文庫)のその他の作品

ラキア (電撃文庫) Kindle版 ラキア (電撃文庫) 周防ツカサ

周防ツカサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
土橋 真二郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする