天使のレシピ〈2〉 (電撃文庫)

著者 : 御伽枕
制作 : 松 竜 
  • メディアワークス (2006年8月発売)
3.28
  • (2)
  • (3)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235143

作品紹介・あらすじ

あたしが今取材してるのは、みんなの間で流行してる都市伝説『恋の天使』ってやつ。「へえ」"天使たちは恋に困った人の元に現れ、発生した問題を解決し、そして去っていく"。「なるほど」でも、都市伝説にしては…どうも噂として広がる要素がないんだよね。「というと?」しっくりこないのよ。広まるにしてはこう…娯楽性がないというか、あらかじめ刷り込まれてた、みたいな不自然さを感じるというか…。「僕は思うんだけど」え?「きみは本物に当たったんじゃない?」これは、羽根を失くしたヒトたちが織りなす不思議な物語。

天使のレシピ〈2〉 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一巻同様、少年少女の恋愛を中心に物語が進んでいきます。その中で天使の二人がどう動くか?がちょびっとだけ関わってきます。主人公なのにハンパなく空気・・・w
     ネタバレここから。Fakeの妹さんにしろ相談員の彼女にしろ、語り手側の感情描写がすごい。キャーキャー言いながら読んでましたw異性との距離が変に近いやつたまにいるんですよねー。されてる側からしたら、何かもう心中穏やかじゃない。悪いことしてないから余計にいい辛く、それが余計にイライラに・・・wを見事に書ききってると思います。
     ただ、恋愛がテーマな以上、こんなのありえねーとか賛否両論あると思います。たぶんそこが、この作品のいいところであり、売れてない理由。特に、Fakeは妹が主人公とあってそれだけでないわーともなりかねません。こんな妹が欲しかった・・・
     最後に天使っていうのはね?って話を持ってきたのはいいですが、この話、続編が出なかったら意味ないですよ!短編集で一冊読み切りのつもりですがこれ書いたのなら続編を出して欲しいと切に願う作品でした

  • FAKEはやや変わっているけど他はふつう。イラストの美少女はかわいい。

  • 未読

全3件中 1 - 3件を表示

御伽枕の作品

ツイートする