十三番目のアリス (電撃文庫)

著者 :
制作 : シコルスキー 
  • メディアワークス
3.07
  • (7)
  • (5)
  • (36)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 155
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235150

作品紹介・あらすじ

傲岸不遜な気質で知られる九条院アリスは、みずから「冷嬢の心得」を定め理想的なお嬢様を目指す十四歳。十五歳の誕生日を間近に控えたある日、アリスの前に彼女を「十三番目(サーティーンス)」と呼ぶ謎の少女が現われる。「私は三番目よ。貴女が眠らせている力を暴き出してあげるために来たの」平穏な学園生活を謳歌していたアリスに、突如訪れた過酷な試練。そして彼女に隠された秘密とは-!?誇り高くて意地悪でワガママで、でも、ちょっぴり優しくて…そんなお嬢様・アリスが巻き起こす"ハイ・ゴシックアクション"、ここに開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった
    お嬢様な女の子が突然バトルに巻き込まれる話

    婚約者な男の子をいたぶるのがたのしい
    ときどきかっこいいのがいい

    アリスはいい子で好感度たかい
    たまに出てくるアリスモチーフ(三月くんとかジャバウォックとか)
    ともだちもいい
    お母さんもいい

    けっこう面白い!

  • 戦闘場面などには特に目を惹くところはないけど、主人公アリスのかわいさが無類である。アリスと母親の掛け合いが楽しい。女性陣に比して男性陣はちょっとぱっとしない。はっちゃけた性格ではないから仕方ないのか。

  • 既巻4巻 未完

  • 日常の風景+異能のラノベ。

    作者が「俺妹」の伏見つかささんでということで買ってみましたが、まったく毛色の違う作品でした。
    っていうより、ホントに同じ人が書いたの?ってくらい文体・展開が厳しかった。
    視点も定まらないし・・・。
    期待しすぎたのかなぁ~。

  • 俺妹以前に読んだ。この作品が酷く合わなくて、「もう伏見先生の本は読まない!」と思ってたのに、俺妹をジャケ買いしてそっちにはまったのはここだけの話。

  • 完全に表紙買いをしました。今では後悔している。

  • 図書館で借りてみて面白かったので購入。
    4巻で止まっているのが残念。


  • ツンデレがはびこる中、新しいツンデレキャラの登場!
    今度は、サドデレですよ!
    (って、よく考えると、円環少女のメイゼルが先かorz)

  • 総評:中の下の中
    うーん………よくある話。

    世界観、舞台、キャラ、ストーリー……超2流。。。

    たまにはと思って電撃に手ぇ出してみたケド、なんだかなーもー。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『エロマンガ先生』著者。

「2018年 『エロマンガ先生(10) 千寿ムラマサと恋の文化祭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

十三番目のアリス (電撃文庫)のその他の作品

十三番目のアリス (電撃文庫) Kindle版 十三番目のアリス (電撃文庫) 伏見つかさ

伏見つかさの作品

ツイートする