灼眼のシャナ〈13〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : いとう のいぢ 
  • メディアワークス
3.38
  • (44)
  • (32)
  • (207)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 863
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235495

作品紹介・あらすじ

誰もが望み、楽しんでいた御崎高校の学園祭「清秋祭」開催中。坂井悠二は、『零時迷子』本来の所有者である紅世の王"彩瓢"フィレスの襲撃を受けた。生命の危機に直面したその瞬間-悠二の身の内から謎の腕が出現する。"銀"の炎を纏いながら、なにかを欲するように蠢く、異様な腕だった。それを見たシャナは、紅蓮の炎を噴き上げ、一心不乱に悠二の許へと向かう。やがて事態は、"銀"に支配されつつある悠二を巡り、さらなる変化を起こす。それは、あの"徒"が顕現する予兆…!カラー口絵12ページで贈る、高橋弥七郎渾身の学園ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フィレス襲来から銀の出現、ヘカテーの打ち込み等世話しない。

    存外漢字が多くて久しぶりに読んだら、少しつらかった。

  •  我欲か私欲か、他者益か。それはこの際どうでもいい。
     バトルアクションならば我欲で力を行使しても、小説の面白さを減弱するわけではない。戦国時代物がその一例である。
     しかしながら、力だけの対決を描くことに何の面白みがあろう。技を駆使し、知恵(時に悪知恵)を駆使し、敵とも合従連衡しつつ、また腹を探り合いつつ描かなければ…。
     さらには、部下をどのように利用し、時にその部下との頭脳・胆力をせめぎ合う。そして根本的には、キャラの依って立つ背景が多様であるのは勿論、その各々が普遍的でなければ、非常に「浅い」と。

  • “彩飄”フィレス編の締めくくりの巻。

    フィレスとの接触がきっかけで発動した“銀”を抑えるために、“頂の座”ヘカテーと“嵐蹄”フェコルーが現われます。悠二の『零時迷子』をめぐる陰謀に[仮装舞踏会](バル・マスケ)が関わっていることがシャナたちに知られるところとなり、いよいよ物語の核心に近づいてきたという印象です。

    そのほか、このところ少し影の薄かった池が、自分の気持ちに整理をつけようとするくだりがあって、ラブコメ・パートでも今後の展開が気になります。

  • フィレス編の締めのお話。
    ヨーハンがいい人なだけで何も解決していない気が…

  • (ストーリー)
     フィレスは、一度は「ただの人間は、用がない」と拒否した吉田に、自分の命と引き替えにフィレスを一度だけ呼べる宝具を渡して去るのであった。
     そうしている間にも、紅世の徒は、あらたな攻撃の準備を進めていた……
    (感想)
     ヘカテーさんに刻印されて、悠二絶体絶命なんですが、その理由がよくわからない。そもそも、「なぜ、悠二が零時迷子を宿しているのか」の謎が、相変わらずわからないんですね……そういう意味では、まったく話は進んでないという。
     アニメとほとんど変わらない進行でしたが、フィレスの意図ってなんだったっけ? 記憶がさだかじゃなかったりします。この先どうなるか。悲劇で終わりそうな予感……

  • さくっと読了。

    12巻を読んでから暫く経っていて詳細は覚えてなかったので、13巻の冒頭はアレ?って感じだったけれど読み進めていって納得。
    この時間軸が前後する構成は流れを掴んでないと混乱するよね;;

    それぞれのキャラの進む道が決まって、仮装舞踏会側もいろいろ暗躍してるようだし次巻からまた話が動くかな。

  • フィレスの襲撃、”銀”、[仮装舞踏会(バル・マスケ)]『三柱臣(トリニティ)』。
    挿絵と巻末に各一枚、シャナのはだk・・・基、サービスカット有り。
    カラー口絵はなんと12ページ!

    プロローグ

    1 秘密と秘密
    2 別れと別れ
    3 決意と決意

    エピローグ

  • 未読

  • 前回のラストから一転、日常が描かれていく。時間軸をいったりきたりする展開。ヘカテー登場にいよいよ仮装舞踏会との本格戦闘の予感。

  • ユニーク。

全20件中 1 - 10件を表示

灼眼のシャナ〈13〉 (電撃文庫)のその他の作品

灼眼のシャナXIII (電撃文庫) Kindle版 灼眼のシャナXIII (電撃文庫) 高橋弥七郎

高橋弥七郎の作品

灼眼のシャナ〈13〉 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする