想刻のペンデュラム〈4〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 石田 あきら 
  • メディアワークス
2.70
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235563

作品紹介・あらすじ

ガドの申し子たちを統べる恢国騎士団の司教は三支族の争いに終止符を打つべく、幼い少女にして最強の申し子、天椿聖花とともに"救済計画"を発動させる。一方、降旗洸は血の繋がりを喪った妹のかれんと新たな関係に踏み込もうとするが、"救済計画"に否応なく巻き込まれていく。ガドによる"救済"を前に、"アシェルの猟犬"菜摘絢、"調停者"三刀沙夜も決断を迫られるが、事態は思わぬ方向へ動いていき-。それぞれの信念と誇りを賭けた最後の戦いが幕を開ける!三つの支族が織りなす伝奇アクション、完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 完結

  • ガドの申し子たちを統べる恢国騎士団の司教は三支族の争いに終止符を打つべく、幼い少女にして最強の申し子、天椿聖花とともに“救済計画”を発動させる。
    一方、降旗洸は血の繋がりを喪った妹のかれんと新たな関係に踏み込もうとするが、“救済計画”に否応なく巻き込まれていく。ガドによる“救済”を前に、“アシェルの猟犬”菜摘絢、“調停者”三刀沙夜も決断を迫られるが、事態は思わぬ方向へ動いていき―。
    それぞれの信念と誇りを賭けた最後の戦いが幕を開ける!三つの支族が織りなす伝奇アクション、完結編。

    (読了:2009/02/16)

全2件中 1 - 2件を表示

鳥生浩司の作品

ツイートする