図書館内乱

著者 :
  • メディアワークス
4.12
  • (1793)
  • (1348)
  • (1139)
  • (43)
  • (11)
本棚登録 : 8903
レビュー : 953
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235624

作品紹介・あらすじ

「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメント第1位に輝いた『図書館戦争』有川浩、最新刊!!図書館の明日はどっちだ!?やきもき度絶好調のシリーズ第二弾、ここに推参。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内乱というので「親しいメインキャラが実は裏切り者で、銃撃戦が勃発!」とか言う展開を予想してたけど、それよりかは穏やかな感じで。

    郁の母親は自分のことしか考えていない感じ丸出しで嫌だなー、と感じた。


    王子様の正体が王道で進んでくれて何よりで、郁の明日はどうなる!?

    図書隊も正義だけの組織ではないという点は、現実に即している感じがしてよかった。

    文庫の短編もどっかで読まないと。

  • シリーズ第2弾

  • 図書館戦争の続編。最後の最後になって郁に王子様の正体がばれた。ここで終わりかい??!!続きを読まねば。

  • 図書館内乱

  • 小牧教官を慕う女性が登場。最後には郁の王子様の正体が?

  • 図書館戦争シリーズ第2巻。毬江の事件と手塚慧。どうしても映画のキャストが頭に浮かぶ。ラブコメ。

  • てっきり、この作品内で難しい扱いだから自分の著書をモデルに出したのかなと思っていたら、「レインツリーの国」書いたのはこの本より後なのか…。
    そういうこともあるのね。

    本の紹介の仕方って難しいですね。
    図書館として書くなら、「おすすめポイントを探す」か、「その本の特徴」を述べることになると思います。
    ただ、「面白くないポイント」なんてことはわざわざ書かないけど、「こういうところに注意して読んだらいいかも」ということは書くことがあります。「専門用語が多い」とか。
    ただ難しいのは、好き嫌いがありそうなところ、「人が結構死にます」とか、印象に関わるところ、「読後感が寂しい」とか。これは読み手にとっては本を選ぶときに、「こういう本は避けたいな…」と思うかもしれないところだけど、紹介に書いていいのかどうかは迷うところです。読後感は個人的印象だし、人が死ぬのはともすればネタバレで…。
    そういうものをどう紹介していくかなあというのは、いつも頭を悩ませます。

    私がここに書いているのは、個人的な感想文なので、ネタバレになるかもしれないこともたまに書いてるし、個人的印象については、ここにあるのはその塊と言えるでしょう。

  • いろいろと考えさせられた。目的は同じでも手段が違うから、対立して互いにつぶし合う。それは本当に正しいのか?「図書館隊は正義の味方じゃない。」、この本で何度もいろいろな人の口から出た言葉。確かにそうだけど、でも正義の味方であることを諦めてほしくない。正義の味方を目指してほしい。そう思う。

  • 世界観にまだついていけない

  • 個人としては楽しめ、登場人物にも違和感なく入り込めました。

全953件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

図書館内乱のその他の作品

有川浩の作品

図書館内乱を本棚に登録しているひと

ツイートする