図書館内乱

著者 :
  • メディアワークス
4.12
  • (1793)
  • (1348)
  • (1139)
  • (43)
  • (11)
本棚登録 : 8903
レビュー : 953
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235624

作品紹介・あらすじ

「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメント第1位に輝いた『図書館戦争』有川浩、最新刊!!図書館の明日はどっちだ!?やきもき度絶好調のシリーズ第二弾、ここに推参。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書隊のみんなと、もし知り合えたら。。。

    郁・・・「王子様」関連の話題を振って、火を噴くほどに赤面する様子や、鍛えあげた腹筋から叩き出す腹式呼吸の悲鳴を楽しむ。

    堂上・・・「背がのびる」グッズをプレゼントして、「このアホウ!」と、怒鳴られたい!

    小牧・・・にっこり笑った顔のまま、正論で滔々と諭されたい。

    手塚・・・兄の慧の話題に持ち込んで、すねたりいじけたり、強がったりするさまを、つぶさに観察する。

    柴崎・・・本音でつきあえるまでなんとか仲良くなって、ポーカーフェイスのうしろに隠した毒舌と、ちょっとかわいい愚痴を聞きたい♪

    玄田・・・男気あふれる突拍子もない決断に、振り回されたい。

    という妄想はともかく、図書隊の面々のバックグラウンドが明らかになって、ますますおもしろい第二作!
    アニメ化の際、カットされてしまった小牧と毬江ちゃんのエピソードも見逃せません。

  • 図書館ではいろんな陰謀が渦巻いてますが…
    恋愛要素満載です。
    新展開にワクワクします。

  • 非常に面白かったです。一気に読んでしまいました。

    前巻よりさらに面白さが増しています。前巻の時に感じたアニメ的な状況設定が大分消えていて、よりリアルな人物描写、心理描写になっています。

    小牧、柴崎、手塚のそれぞれの設定がよりリアルに感じるようになってきて、郁、堂上を含めて皆に感情移入してしまいました。

    前巻を読んで一番気になるキャラクターだった柴崎をこんなふうに描いてしまうなんて!という驚きとちょっと残念なような思いが混ざった気持ちですが、ますます柴崎がどうなるのか気になってきました。

    郁の状況も急展開してきましたし、次巻がかなり楽しみです。

  • おおお!
    有川浩すごい!

    憲法を学んだことがある者ならたいてい知ってる図書館絡みの有名判例が2つベースになってて、世界観に説得力を持たせてる。
    表現の自由、検閲、知る権利、プライバシー、少年法。現実に問題となったものが、ちょっと過激なこの世界でも真正面から問題となり、しかもそれが書物という形態で描かれてることを考えると、有川浩すごい!としか言えなくなってしまう。

    あっちこっちカップルだらけなのは、甘んじて受け入れるから、次巻も期待してる。

  • そうですねぇ、恋しますよねぇ。
    ちょっと、このシリーズの世界から抜けだけなくなってるので、ここは敢えて言い回しについて。

    「…としたものだろう」っていう言い回しが、大切なとこにでてくるけど、私はあまり馴染みがないので、目を引いた。いや、悪い意味ではなく、ちょっと落ち着く表現ね。
    この本じゃないけど、別冊のなかで、館内に催涙ガスが充満する中で、少年を助け出した堂上と笠原を、小牧がねぎらって「(二人とも)休むとしたもんじゃない?」とか。あと、堂上と笠原がカモミールティー飲むとこも。あ、ここは大事なネタバレになるから、やめるとしたもんでしょう♪

  • 1巻よりもキャラが掘り下げられてきて、面白くなってきたなぁ~と感じた2巻です。

  • おお、ここにレインツリーの国が出てくるのですね!表紙に写り込んでるし。
    図書館戦争のレビューで書いたように、レインツリーの国を読んだからこのシリーズを読み始めたようなものですから。
    こんな風に本の中の本が出版されるって面白いです。
    それに本の内容と本の中の本の内容(ややこしい)が軽くリンクしてるところもいいです!
    もっと広まっていったらいいのに。

  • 図書館戦争の続き。
    主人公の2人だけでなく、脇役の人達の話題も豊富になる。

    「レインツリーの木」という小説が登場する。この本とは別に有川浩が「レインツリーの木」という本を書き上げるという念の入れよう。
    「レインツリーの木」は、家族が突発性難聴になって、聴覚障碍について詳しく調べたとのこと。

    深い調査とベタ甘な軽い乗りとが混在しているところが有川浩の魅力かもしれない。

    話の流れとしては、起承転結の承の部分にあたる。
    起に劣らず,高い緊張(tension)を保っている。

  • 夢中で読ませて頂きました。

    個人的に胸に刺さる言葉が多くて、
    面白いのに切なくなりました。

    笠原一士のように素直にあれるのは、本当に幸せ。

    どの登場人物の恋も上手くいって欲しいですね。
    もう完結しているのだけれど、そう思います。

  • 郁の両親が来るのも、小毬の事件も、査問会も全部この巻だったか
    物語の展開を覚えてないから、何がどの巻で起きてもビックリしちゃってる;;
    にしてもアニメって本当に3巻全部カバーしてるんだね


    小毬のところは何度読んでも、切な辛い感じ
    小牧教官は辛いし、毬江ちゃんの思いは切ないしで 最後は甘く収まるけど
    3話目で小牧教官に抱きついちゃう毬江ちゃんが可愛い そして困ってる小牧教官にニヤニヤ このカップルも大好きだ
    でも小牧教官は本当に強い 毬江ちゃんへの思いだけであそこまで耐えられるとか、毬江ちゃんめっちゃ思われてる
    「レインツリーの国」が読みたくなるね この前買ったからシリーズ読み切ったら読もうかな

    査問会の回はいろいろ考えさせられたりもする回
    でもそれ以上に堂郁と手柴+朝比奈の展開に注目しちゃう
    朝比奈がアニメよりいい人だったのと、すっかり忘れてたのもあって、柴崎が実験情報部の一員なのにビックリ
    で、柴崎は頭が良すぎるというか、立ち回りが上手すぎると言うか 美人で周りの状況に機微というのも大変だね
    にしても相変わらずえげつないというか、自分勝手感の半端ない手塚の兄にイライラ 自分の願いを叶えるためなら他の人は手ごまのように扱うところが大っ嫌い

    最後に郁の王子様が堂上って分かったけど、展開を細かくは覚えてないから、3巻目も早速読む

    アニメはやっぱりカバーしてても、本ほど細かく語れないからね


    BTW
    ルポルタージュって何?
    こういうよく分からないカタカナ表記は日本語にして欲しい
    あの"どうしてそこで英語!?"っていう あの変な英単語の使われ方が未だにダメ
    この単語はせめて注釈か何か欲しい

  • シリーズ2作目。

    キャラがどんどん魅力を発揮。
    敵?も登場。

    楽しい!楽しい!

  • おもしろいことにはかわりなく。
    実はアニメを全部、先に見ていたからストーリーもだいたい覚えてるんだけど、それでもおもしろいんだな。
    あとやっぱり本の方がおもしろい。熱血主人公笠原の一人称で描いていないところも、呆れることなく読み進められるし、物語の奥行きを広げていて、やっぱり私は本が好きだと再確認することとなった。
    登場人物たちにもめりはりがあって、熱さと冷ややかさの温度差のバランスに、心つかまれている次第です。

  • 『図書館戦争』・『図書館内乱』・『図書館危機』・『図書館革命』の4冊がメインストーリーです。
    『別冊 図書館戦争I』・『別冊 図書館戦争II』の2冊はスピンオフです。
    総じて『図書館戦争』シリーズと呼びます。
    また、関連で『レインツリーの国』も必読です。

    私が始めて有川浩を読んだのがこの『図書館戦争』シリーズでした。
    「図書館」と「戦争」というふたつのキーワードがなかなか頭の中で一致せず、それが逆に気にかかり、徒花スクモさんのイラストもあいまって購入しました。
    ストーリーは現実には存在しない組織(図書隊)が舞台になります。図書館における自衛隊のような組織です。

    一見、カタイお話のようですが…実態は甘々の恋愛ストーリーだったりします。
    そこが有川浩らしい…(笑)

    少女コミックになったりアニメになったりしましたが、原作を超えられなかったのはこの圧倒的なボリューム感が原因でしょうね。

  • 図書館戦争シリーズの第2巻。

    相も変わらず、ベタ甘な恋愛物です。
    相川先生の王子様妄想爆発、と言ったところでしょうか。

    ただ、女子の思考回路で話が進むせいか、読んでいると乙女心が少し判るような気がしました。ああ、女子はこういう会話に憧れて、こういうシチュエーションにグッと来るんだな・・・と。
    そういう意味では、恋愛物が苦手な男性にもお勧めします 笑

    また、巻末の有川先生×児玉清さんの対話がすごく良い。
    有川先生の男女感や、社会に対する危機感が伝わってきます。
    それを元に読むと、本作がただのベタ甘恋愛小説って側面だけじゃない気がしますね。

    早く次が読みたいです。

  • 郁の苦手な展開に、はらはら。読む手が止まらなくなり、今回も一気読み。
    今回は、柴崎の魅力が光った。
    『レインツリーの国』のエピソードにもほっこり。
    改めて、再読したくなった。
    最後の展開も、意外。
    続きがとても気になる。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-4894.html

  • 年末ブコフへの大買出しと、この際とネットでも買いまくって今結構本あるんですよ。120冊くらい。
    だから正直、図書館シリーズ4冊も一気買いしちゃったよー・・・読まんしー・・・なんて思ってました。昨日までは。
    今日昼ベロベロになりながら戦争読んで、昼寝も惜しんで内乱に突入しました。
    自分、好きだわ、このシリーズ、まじで。
    半年前の自分!ちゃんと4冊まとめて買ってくれてありがとう!!

    で、内乱。
    アニメには全く出てこない毬江ちゃんの話が盛り上がってきます。おおぉぉおおぉ~!!
    「もう子供に見えなくて困ってるよ」っとか言ってくれるじゃん!小牧!!・・・く、くそう・・・アニメだと完全脇役だから油断してたよ・・・くそう・・・小牧め・・・

    そして教官=王子様がついに発覚!しかも巻末で。いやいや、アニメ見て知ってましたし、普通に気づくと思いますが、それでも衝撃。これは即危機読まなきゃでしょ。うまいなぁ、本当に。

    自分的には親が来るエピソードが一番好きですね。
    なんか、教官が郁のことちゃんと考えてる雰囲気とか、お父さんもちゃんとそれを読み取ってる雰囲気とか、男同士の以心伝心みたいなのがあって。
    女同士では絶対ありえないから余計憧れますね、奴らの不思議コミュニケーション能力には。

    しかし本当にみんなキャワイイなぁ。あーときめきがほしい。ジタバタしたい。

  • 続きが気になるー!

  • ≪内容覚書≫
    図書館戦争シリーズ第2作。
    郁以外のキャラが中心になった連作短編のような作り。
    小牧さんの恋愛話。
    手塚の兄弟の確執。
    柴崎の秘密。
    次作以降へのつなぎ的作品。
    最後の最後に、王子様爆弾爆発。

    ≪感想≫
    図書館戦争のキャラは全員魅力的なので、
    こういう視点で書いてくれたのはうれしかった。
    柴崎、好きだなー。
    王子様爆弾はもうちょっと引っ張るかと思ったけど、
    最後の最後にやらかしてくれた手塚兄。
    彼をどういう方向に持っていくかが気になるところ。
    個人的には、小牧さんには、年下より、
    年上の強い女がよかった…。

    起承転結のまさに「承」にあたる一作。
    続きが楽しみ。

  • 一作目のさりげない伏線を拡張、回収しつつ、話をむやみに拡げることなく世界観、登場人物ともに深み・奥行きを出していく。
    組織が大きくなれば必ず直面する内部派閥、政治的駆け引き。それぞれの言い分が架空の話にリアリティを与え、思わず現実世界と結びつけて考えてしまった。

    また、組織内だけでなく、「家族」間の問題も描き、そういった意味でも「内乱」というタイトルにふさわしいないようになっている。

    そして次作にたっぷり余韻を残して終わる。

    つづきを早く読みたい小説はひさびさ。

  • 図書館戦争シリーズの第2作。伏線を張るための巻のよう。単独で見ても面白いけど

  • シリーズ2冊目。これも読みやすいです。今回は、小牧さんのほうがメインかな?年の差カップルいいですね。少し、影の部分も出てきますが、これは普段でも良くあることですね…

  • 図書館戦争シリーズ第2段。

    うーん。
    最初は設定が面白かったけど
    慣れてくるとラブコメ要素が目立ってきたかも。

  • 書籍部で購入。読んだのはかなり前。2011年四月に危機と革命と別冊I,別冊IIを読んだので思い出したように登録。

  • 図書館シリーズ二作目。

    もう、今回の主人公は小牧さんですね(笑)
    年の差カップルは大好きですvv

  • 小牧さんは有川さんの本を読まないと思うし人に薦めたりもしない。(わたしのイメージ)

  • 細かい設定を読むのがたまに疲れるけど、面白かった~。
    続きが気になる。

  • おもしろい!

  • 小牧さんと毬江ちゃん良いなぁ(o^∇^o)

  • この作品で明らかになった事もあるので、次の作品も楽しみだ。

  • どこの世界にもネチネチってあるよね。

全953件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

図書館内乱のその他の作品

有川浩の作品

図書館内乱を本棚に登録しているひと

ツイートする