NO CALL NO LIFE

著者 :
  • メディアワークス
3.70
  • (96)
  • (80)
  • (147)
  • (17)
  • (6)
  • 本棚登録 :636
  • レビュー :121
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840235648

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2人で1人分の不安定さ、その危うさに同じものを求めていた。街中、疎外感、人混み。そこで私達2人だけが無いものに思えた。ジェットコースターの先のもっと先のことなんて、考えられなかった。現実から離れても逃げても行き止まりで、狩られることのわかっている生命のように身を寄せ合って泣きながら笑っている。いつかは通り過ぎる、なんて綺麗事だ。時間だけでは解決することのない痛み苦しみ、「血」があるのだ。だから、傷付けることも傷付くことも、ここで終わることも、もう怖くなかったのかもしれない。読後にこみ上げてくる私の何かが、この世界の汚さに怒りに打ち震えている。

  • ずっと読んでみたかった壁井さん。

    若すぎて…ちょっと合わなかった。
    これは本当に10~20代にぴったりな感じ。
    痛々しい恋愛ストーリーだったな。

  • ハルカワー!!

  • 擦り切れる限界の切なさ。
    いや、もう擦り切れてしまっているのかもしれない。

    欠けている人同士が惹かれあうのは当然のことなのかもしれないなぁと思いました。
    違うものに惹かれてしまうことももちろんあるけれど、そういうものは眩しいから。
    同じ傷を舐め合える人の体温を人間は求めるのかもしれません。

    個人的に最後はちょっと納得できなかった(というかしたくなかった)ですが、いい作品だと思います。

  • 「時間を超えて電話が繋がるなんてこと、あると思う?」

    携帯電話に残された、見知らぬ男の子からの留守メッセージ。
    奇妙な間違い電話に引き寄せられて、東京湾に臨む埠頭で出会った有海と春川。
    17歳と19歳、オトナとコドモの間で押しつぶされて行き場を失った二人の、それはあまりにも刹那的で欠陥だらけの拙い恋。
    怖いものなんてなかった。無敵になった気分だった。
    明日地球に隕石が衝突して世界中の人類が滅んで二人きりになったって、困ることは何もないような気がした。

    発売当初にちゃんと買ったのに、ずっと積読になっていた本。いつの間にか文庫版とかでていてびっくりした。
    あまりにも時間が経ってしまっているけど、それでも十分楽しめた作品。もっと早くちゃんと読んでおくんだった。もう少し若い頃に。
    帯の煽り文の通り、まさに擦り切れそうな恋…というか、もはや擦り切れてしまっている恋の話。主人公たちの向こう見ずな行動は若さ故というか、青春だなぁという感じ。でもちょっと向こう見ずすぎたなぁ。
    壁井さんらしい文章で、何だかとても懐かしくなる。
    個人的には過去に繋がる電話の謎とか、もう少し掘り下げて欲しかったんだけど、そこは結局原因不明の曖昧なままに終わってしまった。
    最初のちょっとミステリアスな感じでぐっと引き込まれて、二人の逃亡生活でハラハラさせられて、結末に衝撃を受けて、ラストの電話で涙腺が決壊しそうになった。あのラストは反則。切ないよ。

  • 切なくて強い余韻が残る

  • 2015.10.3 読了

    あとがきの 作者さんの思惑通り
    「擦り切れそうなぎりぎりの青春」を
    バリバリ 感じました!

    ある日、有海(うみ・高3)のケータイに
    小学生らしき少年からの留守電が入る。
    なんとなく気になる内容。。。

    思い切って、かけ直しても
    「現在 使われておりません」

    そんな始まり。

    ひょんなことから、知り合った春川という
    男の子(ダブって同じ高3)

    いろいろあるんだけど。。。。

    最後は切ない。

    ふたりの将来が見たかった。

  • [内容]
    「時間を超えて電話が繋がるなんてこと、あると思う?」携帯電話に残された、見知らぬ男の子からの留守メッセージ。奇妙な間違い電話に引き寄せられて、東京湾に臨む埠頭で出会った有海と春川。17歳と19歳、オトナとコドモのあいだで押し潰されて行き場を失った2人の、それはあまりにも刹那的で欠陥だらけのつたない恋―。怖いものなんてなかった。無敵になった気分だった。明日地球に隕石が衝突して世界中の人類が滅んで2人きりになったって、困ることは何もないような気がした。

    --

    壁井ユカコさんを知るきっかけの本。
    ずっとずっと好きな作品。
    壁井さんの文章がすき。
    ありえない未来だろうと、二人で傷を癒しながら懸命に生きようとする、まだまだ若い二人。
    無敵になったような気分で、二人で途方もない傷跡を縫いながら生活を泳いでいく。
    未来があかるくなくても、きみがいればいい。
    少しダークではあるけど、すっごく悲しいせつない。
    二人が負った傷を、一緒に背負った気になる。

  • 有海と春川の描いてた未来は子供じみてるし無理がありすぎる。
    でも、二人の過去の事を思うとそんな未来があってもいいじゃないかと。
    最後はあの終わり方しかなかったのかな?
    二人とも幸せになってほしかったのに。

  • 大好き
    泣きながら読んだ
    大好きな本

全121件中 1 - 10件を表示

壁井ユカコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

NO CALL NO LIFEを本棚に登録しているひと

ツイートする