神様のメモ帳 (電撃文庫 す 9-4)

著者 :
  • メディアワークス
3.95
  • (238)
  • (234)
  • (201)
  • (25)
  • (7)
本棚登録 : 2312
感想 : 187
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840236911

作品紹介・あらすじ

「ただの探偵じゃない。ニート探偵だ。世界を検索し死者の言葉を見つけ出す」路地裏に吹き溜まるニートたちを統べる"ニート探偵"アリスはそう言った。高校一年の冬に僕と同級生の彩夏を巻き込んだ怪事件、都市を蝕む凶悪ドラッグ"エンジェル・フィックス"-すべての謎は、部屋にひきこもる少女探偵アリスの手によって解体されていく。「真実はきみの平穏を破壊する可能性がある。それでも知りたいかい?」僕の答えに、普段は不真面目なニートたちが事件解決へと動き出す!情けなくておかしくて、ほんの少し切ない青春を描くニートティーン・ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵からずっとほのぼの系感動系だと勘違いしておりました……!
    流石岸田メル。きっと可愛い女の子絵師なんだろうなぁ

    学校に上手く馴染めない主人公を引っ張っていく彩香と、彩香のバイト先に居着いている頼れるニートたち
    と、薬物の話でびっくりするほど物騒な話だった。

    ボクっ娘ニート美少女探偵アリスが最初の方はあまり出番が少なく、どちらかと言うと彩香にフォーカスが当てられていた時点で嫌な予感がしていたが、クスリと育てているポピーが同時期にでてきた時点で全部が繋がってしまい、絶対に死ぬじゃん…と確信しながら読みました。

    ただ、その後の展開は想像がつかないもので読み応えがあって好きだった。

  • ラノベの割には後ろをかっちり固めてる始まる感じが好感触。いう程ラノベ読んだわけじゃないけどもw

  • 当時、人間関係や家族の事で凄くヤケになっており、お金を本に浪費していた時期に買いました。
    出会って本当によかったと思っています。
    数々の名言に救われました。

    アリスの「知ることは死ぬこと」これは勝手に自分に置き換えた解釈ですが、例えば、友人が毎度嘘の話をしていたとして、その嘘に気づかなければ私は友人に対して嫌な気持ちになることはありません。ですが、その嘘に気づいてしまったとき、疑い、嫌な気持ち=心が死ぬ。という解釈です。

    早く9巻出して欲しいものです。

  • ニートとは何か? その定義を再認識さしてくれる。
    大概の作品ではニート系の登場人物は脇役であるが、この作品はそれが主人公たちなのである。働くことに対して悩む実際のニートやフリーターの人が読むと、登場人物たちに同情できるシーンがあったりして面白いのではないだろうか。
    また、同時にこの作品は推理小説でもあるので、展開を予測する楽しみも兼ね備えている。

  • アニメから入ったから
    世界にぐんぐん引き込まれてしまった。。

    アリスは良いなあ・・影ながら
    ナルミを見守ってるじゃないか^^

    ナルミはなんだかんだで普通じゃなくってそれが良いな~
    パシリに使われるお人よしでもあるとゆう・・。

  • 「世界でいちばん透きとおった物語」に衝撃を受けたので他の作品も読んでた。
    とても・・・良かった。続きも読もう。

  • もう元に戻ることもできない、あまりに深く刻まれた掻き傷が痛ましい。

  • 苦しくて、切ない、はみ出し者たちの青春の話

  • 部屋に引きこもるニート探偵アリス、社会から外れた所にいる人たち、学校に馴染めない僕。普通と違う人たちが普通にいる世界。巻き込まれた事件。絶望に包まれながら希望へと進む物語。
    時代的なものも感じるが、普遍的な想いに心動かされる。

  • 全9巻完結。
    ハードボイルド的ライトノベル。麻薬、ヤクザ、賭け事等々、暴力と犯罪を描いて、他のライトノベルとはかけ離れて、汚い現実社会を読者に味わわせた。それでいて愉快な仲間たちのコミカルな会話が笑わせてくれた。楽しい作品でした。
    麻雀のシーンとか作者の特色が現れていると思った。

全187件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第12回電撃小説大賞《銀賞》受賞者。代表作に『神様のメモ帳』『さよならピアノソナタ』など

「2023年 『楽園ノイズ6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉井光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×