戦国BASARA2―Cool&The Gang (電撃文庫)

著者 :
制作 : 土林 誠  灰原 薬 
  • メディアワークス
3.72
  • (45)
  • (28)
  • (70)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 293
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840236980

作品紹介・あらすじ

時は戦国。桶狭間の奇襲で大国・駿河の今川軍を破り、天下に一番近いとされた魔王・信長が明智の謀反により本能寺で倒れたという情報は、日の本を駆けめぐった。そして、まさに群雄割拠の乱世が幕を開ける。西方には覇王と称される豊臣秀吉。甲斐の武田、越後には上杉。中国地方にはそのほぼ全域を治める毛利元就。さらに戦国最強武将・本多忠勝を擁する三河の徳川。そんな中、奥州をひとつにまとめ上げた奥州の竜・伊達政宗と豊臣軍の間に生じた諍いを発端に、西海の鬼・長曾我部元親と京の傾奇者・前田慶次を巻き込み、天下を揺るがす大坂攻めが始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アニキが男でイケメンだった。

    その一言に尽きます...

  • 表紙の兄貴'sに釣られて購入。

    読了したけど、これの評価高いのが意外。誤字脱字よりもキャラの口調をもっとしっかり捉えて欲しい。
    終始コレジャナイカンがつきまとって残念だった。あと、シリアスでいくのか、ギャグでいくのかももう少し考えた方良かったのではないだろうか。

    星は1つ。

  • 小説ならではの深いストーリーや描写を期待していたのですが、思っていた以上に期待し過ぎたみたいです。

  • アニメとコミックしか知らなかったので、小説があると知って読んでみました。
    挿絵はコミックも出している灰原薬氏。
    アニメとコミックに登場していないザビーのようなキャラクターは、よくわからないままでしたが、濃い見た目にたがわず、中身も相当ディープだということがわかりました。
    ザビー教はキリスト教徒は別モノとして考えないといけないわけですね。
    愛を説く宗教ならばよいのでは?と思っていましたが、ほとんど洗脳によって信者をコントロールしていたとは。

    ザビーと長宗我部元親が闘う図式が、あまりに合わなくて、なんとなく似た者同士で闘っているイメージのBASARAにしては意外な組み合わせに感じました。
    しかも、筋肉アニキキャラ(失礼)っぽい元親が、小説の上では真面目でかっこよく、相当頭を働かせて戦っています。

    すでにゲームやアニメを知っている人向けの小説となっています。
    何も知らない人が読んで、作品の世界観をつかむのは難しそう。
    読者は登場人物を脳内再生しながら読んでいけますが、絵に頼らない文字表現の小説は、やはり伝えるものが異なっているように感じました。
    著者の力の入れ具合もありますが、アニメのようなドタバタギャグはなりをひそめ、摩訶不思議な世界設定ながらも大真面目に闘う武将たち。

    もともと、読者が突っ込みを入れながら笑って楽しむ作品だと思っていますが、小説を読み進む上で笑い飛ばす雰囲気はありません。
    ありえないような状況設定を、文章で伝えようと文字表現すると、どうしても説明が長くなり、ゆとりと笑いがなりをひそめているようです。

    それはそれとして、BASARAの真面目な側面を知るつもりになって読みました。
    途中、伊達政宗と真田幸村の戦いのシーンがあり、それが蒼紅共闘につながるのかと思いきや、どうやら力試しの手合わせだけで終わった様子。
    あまり幸村の登場はありませんでしたが、彼が2本操る十字槍は、通常は両手持ちで扱うものだとわかりました。
    幸村が妙にかっこいいのは、やはりズッコケ要素が相当薄くなっているためでしょう。

    いつも共にいる猿飛佐助がいないと思いきや、別シーンで出てきました。
    幸村と一緒ではなくかすがと一緒で、さらに信玄の忍びとしての登場です。
    幸村と絡まないのが意外でした。小説上の独特なルールがあるのかもしれません。

    主人公政宗の共闘相手は、表紙の通り元親でした。
    どちらも似ている荒くれ男の集団を率いるアニキキャラ。
    副題の「Cool&The Gang」は、(往年のR&Bバンドみたい)と若干抵抗感がありましたが、言われてみればたしかに二人とも、クールなギャングスター。
    その二人に前田慶次が絡む感じです。

    敵は秀吉。彼が「弱さをなくすために、愛する妻ねねを殺した」というのは、きわどいフィクションですが、そのエピソードが史実で父を殺した政宗と対比されて描かれます。
    「これも、夢のまた夢・・・良い夢であった…」という秀吉のセリフは、史実で彼が遺した和歌をベースにしており、実際とクロスさせています。
    話にすごみが出て効果は大きいですが(歴史をしっかりわかっていないと、史実か虚構か混乱して誤解する人も多そう)と思いました。

    毛利元就が意外とあっさり殺されてしまったのも残念。
    そつなくスマートにまとめられた一冊という感じですが、くずして作られた作品を至極真面目に伝えているようで、正直あまり心には残りませんでした。
    静かな文章世界かというと、そういうわけでもなく、とにかくアニキコールとザビーコールがすごかった印象です。

    政宗の「天下をとったら日の本の海全部をやる」が、この本一番の決めゼリフでした。

  • 表紙が土林さんのイラストだというだけで一見の価値あり。

    BASARA感がいい具合に保たれた文章で、楽しませてもらいました。
    筆頭も伊達軍も小十朗までも、これでもかってくらいにやんちゃくれていらっしゃいました。
    が、ゲームでもアニメでも「きっとそうだろうな」止まりだった各キャラの姿が活字になっていて
    特に、奥州贔屓にとってはかなりの収穫。

    灰原さんの挿絵も、いいです。

    読み終わった途端にPLAYしたくなります。

  • 戦国BASARAのノベライズ版。政宗と元親メインのオリジナル話。
    政宗vs幸村よりも、元親vsザビー戦の様子がやけに充実している。それはそれで笑えるのでいいが。
    元就の扱いが少々不満だけれども、これもまた一つの形か。

  • 東西アニキの物語と聞いていたけどわりとオールスターキャスト。
    ゲームやアニメとは全く違う新しいストーリーかと思っていたけどわりとそうでもなかった。

    期待しすぎたせいもあって、星2つ。

  • しばらく他の本が読めなくなるほど面白かった!
    政宗と元親がカッコいい。

  • ゲーム未プレイ。
    伊達・長曾我部を贔屓している小説。
    武田・上杉は出番少なめ。
    毛利・豊臣が悪役、ラストで織田が生存判明。
    誤字脱字により最後の伊達対長曾我部の一騎打ちでミラクルが起こってます。

  • 2011.2.12 購入

全43件中 1 - 10件を表示

戦国BASARA2―Cool&The Gang (電撃文庫)のその他の作品

安曽了の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

戦国BASARA2―Cool&The Gang (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする