悪魔のミカタ666―スコルピオン・オープニング (電撃文庫)

著者 :
制作 : 藤田 香 
  • メディアワークス
3.43
  • (8)
  • (11)
  • (34)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840237215

作品紹介・あらすじ

666-それは『黙示録』に語られる『獣の数字』。その数字の示す存在が現れたとき、世界は崩壊し、竜の権威を代行する獣の王国が誕生する-。ザ・ワンを倒し、自らの願いをかなえるのに十分な程の、莫大な魂エネルギーを手に入れた堂島コウ。その後、ある異常な状態に陥ったコウには秘密のうちに、アトリは三人の少女を召集し、あることを告げる。アトリが語る三つの"制約"-それを聞き、綾は何を思うのか。小鳥遊は何のために動くのか。イハナが下した決意とは-新たな局面を迎えた「悪魔のミカタ」が、ついに二学期の始業式を迎える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うえお久光だから買っちゃったけど、これ続きもんじゃん。前の巻よんでないんですけどー。失敗した!でもおもしろかった。

  • 新書購入 

     ファンタジー。ライトノベル。シリーズ。推理物。

     魂集め編が終了し、イブ編に突入。
    コウは果たして、誰を選ぶのか。(無夜はイハナがいいな)
     この巻で、悪魔と知恵の実のよくわからなかった関係が解明されました。
     なるほどね。悪魔にうまみがないと思われたこのシステム(魂はすべて知恵の実の原動力になる)、一応納得です。
     なるほどね。にしても、悪魔って一途ですよね。快楽主義にしても。
     そして、コウは見事サタンになれるのか。
     そしてまた、一巻で死んでる日奈は蘇るのか。
     それにしても、コウはもてすぎ(苦笑)
     小鳥遊慈宇までも、イヴ候補に入れられるとは。素晴らしい守備範囲の広さ。

     この展開では、蘇るとしたら、もしかしたら、コウの娘としてかもしれない。
     先輩がイヴで。(日奈に似てるのは真嶋綾だけだからたぶんね)

  • かっこわるくてかっこいいなあと思う。
    みんな人間臭くていい。

全3件中 1 - 3件を表示

悪魔のミカタ666―スコルピオン・オープニング (電撃文庫)のその他の作品

うえお久光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする