天空のアルカミレス〈4〉カストラの虜囚 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 純 珪一 
  • メディアワークス
3.19
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 49
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840237598

作品紹介・あらすじ

クランテリオンの拠点『城』への手がかりを探す拓也達の前に、グロスマンによる精神支配を受けた礼菜が帰ってきた。記憶を封印され、テリオンの刺客として荒れ狂う礼菜、そしてその手には"金色の戦器"ミセリア・フォルテスが…。礼菜とは戦えない拓也に打つ手はない。礼菜の矛先が自分にのみ向けられている事に気が付ついた日向子は、拓也を守るため、一人で礼菜を誘い出す作戦に出る。礼菜の追撃をかわしながら、日向子が向かったのは…。いよいよクライマックス直前、風雲急を告げるシリーズ第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

天空のアルカミレス〈4〉カストラの虜囚 (電撃文庫)のその他の作品

三上延の作品

ツイートする