レギオン―きみと僕らのいた世界 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 山都 エンヂ 
  • メディアワークス
3.42
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840238106

作品紹介・あらすじ

ぼく-風見徹は図書室で一冊のノートを拾った。その持ち主は美人だけどクラスで孤立している矢島葵で、中には不思議な物語が綴られていた。世間では奇妙な"眠り病"が流行しはじめ、同時に葵の物語に変化が訪れる。そしてぼくは世界に徴かな違和感を覚えはじめる-。おれ-トール・カザミは"異海"に唯一対抗できる兵器"騎体"を操る騎士になった。"眠り病"をもたらし世界を侵食する"異海"と戦ううちに、おれは自らの過去に疑念を抱きはじめる-。交錯する「ぼく」と「おれ」、そして二つの世界の繋がりとは。杉原智則が贈るツインワールド・ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1~2巻読了。

    これは、よかった。
    自分が本を読む上で感じていたことを、文章にしてもらったように感じ、ぞくぞくした。
    これはいつか買おうと思う。

  • 続いているとは思わなかった吃驚。「ワーズ・ワースの放課後」と連動しているようで、そちらは読んだもののいまいち覚えていなかった。
    キャラ個性が強くないものの(特に主人公)平凡ながら心情描写も物語も上手く書けているという印象。超常的な敵との闘いも、無理なイメージをさせようとしている割にはそう破綻していなかった。
    どう終わらせるのか期待。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

戦記ファンタジー『烙印の紋章』著者。

「2018年 『叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉原智則の作品

ツイートする