とある魔術の禁書目録(インデックス) SS (電撃文庫)

著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.67
  • (66)
  • (76)
  • (142)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 1267
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840239127

作品紹介・あらすじ

上条当麻と吹寄制理の世間話を発端に、クラス全員で鍋パーティ!小萌先生は大困惑!?-『鍋と肉と食欲の大戦術』。舞台はロンドン。魔術師の少女たちが織りなす乱れた(?)一日とは?-『イギリス清教の女子寮』。学園都市の暗部へと堕ちていった一方通行。そこで彼を待っていたものは?-『灰色の無味乾燥な路地』。ビリビリ中学生に瓜二つなその容姿。彼女が学園都市にやって来た理由は?-『酔っ払った母親の事情』。『禁書目録』本編を補完するSSシリーズ登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外伝的な巻だけど、順番に読んできた私としては、本編で数えていいのではと思ってしまう。
    本編の次の巻がどうなってるか分からないけど、外伝というにはあまりにも本編的な重要なことが書かれてる気がする。
    まあしかし、登場人物、関係者、たくさん増えましたね…。

  • 6篇からなる短編集。

    9/30の襲撃を乗り越えた10/3の話。
    短編で主人公が少しずつ変わるけど主軸は「戦争が起こるかもしれない」という空気があること。

    [1.開戦前の穏やかな一日]
    光側。上条宅の朝食一場面。
    平和だ。

    [2.鍋と肉と食欲の大戦術]
    当麻のクラス達で鍋を食べに行く話。
    うっかりブラホック外してしまうなんて流石です。
    てっきりボクシングとかの練習でもするかと思えば、英語を学ぼうだなんて学生の鑑ですね!
    (土御門が起こるのもわかる気はするが)

    [3.灰色の無味乾燥な路地]
    無能力者の不良集団「スキルアウト」と暗部に属した一方通行がバトル話し。
    スキルアウトが善戦していたのには驚いた。

    [4.イギリス清教の女子寮]
    神裂や元アニェーゼ部隊が住んでいる寮での日常。
    そこに以前天使を宿して神裂とバトったサーシャが訪ねてきて「戦争ではどっちにつくのか」と問いかける話。

    オルソラの返答は芯が通ってるな。
    でも、それって所属宗教関係なくもう「上条当麻派」って言う感じになってない?

    [5.酔っ払った母親の事情]
    酔っ払った美琴の母親「美鈴」に一方通行や当麻が絡まれて、
    スクールの残党に襲撃されかけた美鈴を救うためにそれぞれが奮闘する話。
    前巻で分かってはいたけど、一方通行は能力がなくても十分戦えるようになったねえ。
    これじゃもう当麻は勝てないんじゃない?

    [6.一つの意志と小さな鍵]
    闇側。土御門や一方通行が属する組織「グループ」が本格的に活動を始める話。

  • 大きい話同士の間のつなぎ的な何か。それだけに主役交代の印象が強いなあ。上条当麻メイン・一方通行サブからその逆へという。まあ、元々ドラマのない主人公だったからなあ、デウス・エクス・マキナ的に問題をぶっ飛ばすというだけの。

  • 図書館にあるのを知り予約をしたのですがなかなか来ない。流石人気作と思ってようやく来たのを読んだらシリーズ第一巻じゃなかった…。とりあえず読みましたがまったくわからない(当たり前)。それにしてもなんで主人公はモテモテなのかなあ~と不思議に思いました。それがラノベと言うものだからだろうか。そういうものなんだろうか。猫が可愛かった。そして軋轢が起きるにきまってるのになんで能力格差のありすぎる学生たちを同じ場所に閉じ込めるのかなあなんて疑問に思いましたがそういうのは本編を読まなきゃダメですね。

  • 短編4本を収録しています。

    第1章「鍋と肉と食欲の大戦術」は、上条のクラス全員で鍋パーティをおこなう話。

    第2章「灰色の無味乾燥な路地」は、『グループ』に配属されたアクセラレータと結標淡希らの仕事を描きます。駒場利徳(こまば・りとく)率いるレベル0の者たちの集団「スキルアウト」との戦いです。

    第3章「イギリス清教の女子寮」は、ロンドンの女子寮に暮らす神裂火織、オルソラ、シェリー、アニェーゼとルチアとアンジェレネのもとに、来たるべき戦争への動向を探るためにロシア成教からサーシャがやってくるという話です。

    第4章「酔っ払った母親の事情」は、美琴の母・御坂美鈴が学園都市上層部からの依頼を受けたスキルアウトによって襲撃され、上条とアクセラレータが彼女を守るために戦う話です。酔っ払ってぐでんぐでんの美鈴が登場する冒頭のシーンでは、ほのぼのとしたエピソードかと予想していましたが、意外にもシリアスな方向へとストーリーが転がっていくことになります。

  • 「……少しは加減して欲しいものだな能力者。……厄介以上に憎らしい」
          学園都市の無能力者たちによる武装集団『スキルアウト』のボス  駒場利徳

    「ちょっと貴様貸しなさい、卵ってのはもっと素早くやるのよホラこうやって!!」
          上条のクラスメイト  吹寄制理
    「ひぃ仕切り屋!?」
          学園都市の無能力者  上条当麻
    「とうま、私はお腹がすいたんだよ」
          禁書目録を司るイギリス清教のシスター  インデックス
    「肉は俺のもんだにゃー!!」
          上条のクラスメイト  土御門元春
    「はぁぁー……。みなさん、静かに食べるんですよー」
          上条のクラスの担任  月詠小萌

    「お片づけだ。一〇分で終わらせてやる」
          学園都市最強の能力者  一方通行

    「なんというか、その、とっても個性的な服装の人ですけど」
          元ローマ正教のシスター  アンジェレネ
    「ん? 夏でもないのに水着のヤツがいるぞ」
          イギリス清教『必要悪の教会』の魔術師  シェリー=クロムウェル
    「亡命ですか?」
          元ローマ正教のシスター  アニェーゼ=サンクティス
    「なるほど。着の身着のままとはまさに言葉通りですね」
          元ローマ正教のシスター  ルチア
    「しっ! あれにはきっとロシア正教に伝わる重要な意味があるんですよ」
          イギリス清教『必要悪の教会』の魔術師  神裂火織
    「……ロシア正教はそんな変態の集まりじゃ……ワシリーサ殺す……」
          ロシア正教の魔術師  サーシャ=クロイツェフ

    「おいちょっと、つれないわねー。無視すんなよ白いのー……」
          御坂美琴の母親  御坂美鈴

    【あらすじ】

     上条当麻と吹寄制理の世間話を発端に、クラス全員で鍋パーティ! 小萌先生は大困惑!? ――『鍋と肉と食欲の大戦術』。
     舞台はロンドン。魔術師の少女たちが織りなす乱れた(?)一日とは?――『イギリス清教の女子寮』。
     学園都市の暗部へと堕ちていった一方通行。そこで彼を待っていたものは? ――『灰色の無味乾燥な路地』。
     ビリビリ中学生に瓜二つなその容姿。彼女が学園都市にやって来た理由は? ――『酔っ払った母親の事情』。

     『禁書目録』本編を補完するSSシリーズ登場!

    【あとがき】

     今回は変則的ですね。巻数表示もSSとなっております。確か編集様からいただいた注文は『いつもの話ではできないものを』との事でしたが、きちんと成功しているでしょうか。
     そのような事情がある以上、今回は魔術サイドのキーワードなし、科学サイドのキーワードもなし、という本編では絶対にありえない構造になっています。なので、お気づきの方もいるでしょうが、各話の結末が妙にあっさりとした味付けだったり、あのツンツン頭が拳以外の武器をフル活用したり、あの白いのがチームワークを意識し始めたりと、これまでになかった展開がいくつかあったりします。
     本来なら一番中心にあるべき太い柱を全部取っ払った上で、各話の間に共通点となる細かい伏線をチラホラ張る事で外側から全体を補強する、という当シリーズにおいては『いつもの話ではできないものを』な感じにしてみたのですが、アンバランスな雰囲気を受け取っていただけたなら幸いです。

     おいしい所はカエル顔がいただいていく      鎌池和馬

  • 順番から13巻の次になるのかな?「イギリス清教の女子寮」は脇役?女性陣のお遊び、「鍋と肉と食欲の大戦術」はクラスでの閑話で、メインは一方通行と御坂美鈴になる。まぁ、美鈴は当麻との絡みだけど(笑)
    既に「グループ」の活動は読んでるし、神裂は仲間と合流してるが前後してるので気にしない。SS2も環境は遡るんだろうなぁ、ともあれバトル、内容ともにちょっと物足りないレベルかな?

  • ブクログ登録日以前の読了の為レビュー無しです
    ※興味グラフ表示させる為に入力してあります

  • アニメ終了分から~と思ったらここまでやってた。アニメ変なところで切るなぁなんて思ってたけど、この後の展開を考えるとここで切るのが一番よかったっぽいかな?一方通行さんカッケェ。

  • 外伝的短編集の位置づけか。とはいえこれを読まないと多分後の話が繋がらないような気もする。続きを読んでない時点ではなんとも言えないけど。
    3人目の主人公登場。地味だな。
    一方通行が能力なしでもどんどん強くなる。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

とある魔術の禁書目録(インデックス) SS (電撃文庫)のその他の作品

鎌池和馬の作品

とある魔術の禁書目録(インデックス) SS (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする