空ノ鐘の響く惑星で―外伝‐tea party’s story‐ (電撃文庫)

著者 :
制作 : 岩崎 美奈子 
  • メディアワークス
3.85
  • (32)
  • (24)
  • (45)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 253
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840239141

作品紹介・あらすじ

あれから約十年-アルセイフの王宮で王弟・フェリオの子供・アスティナとリグルスの教育係を任されているシアは、二人を捜して王都・セイラムを駆け回っていた。やんちゃな二人が城を抜け出すのはいつものことだが、今回は養父のムスカ司祭がフォルナム神殿から訪れる大切な日。王宮ではささやかなお茶会の準備も進められている。慌てるシアだが、そこで思いも寄らぬ人物と出会い-?王宮騎士団の迷(?)コンビ・ライナスティとディアメルや、北方民族の美しき守人・シルヴァーナと、ラトロアの剣士・ハーミットのその後など、本編では語りきれなかった、キャラクター達の"過去"や"未来"が明らかに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外伝。

  • ●2009年9月29日

  • 短編集。各キャラが立っており、「空鐘」らしさが出ている。

  • 図書館。
    読者の熱い要望にこたえて出した短編集、だそうですで、
    大変充実した内容でした!
    これ読んで、完結!という感じで。

    ラストで納得がいかなかった、フェリオが選んだ道も、
    これを読んで、ベストだったのかもなぁ、と納得しました。

    切ない話も笑える話もあってお得。全体的にスイート。

  • フェリオの子供の話、シアの奮闘、ブラドーとソフィアの話などほほえましいものがある反面、ベルナルフォンの過去の話はせつなくてぐっときた。

  • ベルナルフォンがすごいかっきー

  • ──かつての“<RUBY><RB>来訪者</RB><RP>(</RP><RT>ビジター<RT><RP>)</RP></RUBY>”達は、今、この地にいる。

    <A HREF="http://boogiepop77.blog24.fc2.com/blog-entry-433.html" TARGET="_blank">感想を読む</A>

  • 好き嫌いの分かれそうな番外編だと思いました。
    パンプキンが一番気になります。

  • 短編集。中でもライナスティとベルナルフォンの話が特に好きだったかなー。一夫多妻制に慣れていないせいか、あの3人の関係はしっくりとこないのですが、でもやっぱり空鐘は良いです。

  • やっと棚落ちしてきましたのでキャッチ!
    完結編が出てから「あのキャラはあの後どうなったの?」というファンの声に応える1冊。
    早速パーンプキーン♪ ハーミット×シルヴァーナやライナスティ×デアメルのその後 そしてベル様の悲しい過去……

    カバー・口絵・イラストレーション / 岩崎 美奈子
    デザイン / 伸童舎
    装丁 / 荻窪 裕司 (META+MANIERA)

全20件中 1 - 10件を表示

空ノ鐘の響く惑星で―外伝‐tea party’s story‐ (電撃文庫)のその他の作品

渡瀬草一郎の作品

ツイートする